深田博史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

深田 博史(ふかだ ひろし、1952年昭和27年)2月27日 - )は、日本外交官外務省領事局長、駐セネガル特命全権大使を経て、駐ベトナム特命全権大使

経歴・人物[編集]

大阪府出身。1976年大阪外国語大学外国語学部仏語科在学中に外務公務員採用上級試験に合格。1977年大阪外大を中退し、外務省に入省した。

1992年外務省経済局国際エネルギー課企画官、1993年外務省経済協力局政策課企画官、1994年外務省経済協力局開発協力課長、1995年在パキスタン日本国大使館参事官、同年国連難民高等弁務官事務所顧問、1997年7月、国際連合難民高等弁務官特別顧問、2000年在ジュネーブ国際機関日本政府代表部参事官経済協力開発機構日本政府代表部公使、2002年国際協力事業団企画・評価部長、2004年外務省大臣官房参事官(危機管理担当)兼領事局参事官、2005年外務省領事局参事官。

2006年外務省国際協力局審議官。2007年には第34回主要国首脳会議準備事務局長を務めた[1]

2008年7月に外務省領事局長に就任。ペシャワール会の日本人男性がアフガニスタンジャラーラーバードで誘拐された際には、設置された連絡室の室長を務めて、対応にあたった。

2010年セネガルカーボヴェルデガンビアギニアビサウ特命全権大使に就任。2013年に駐ベトナム特命全権大使に就任。2014年(平成26年)5月26日ベトナム国防部国連平和維持活動(PKO)担当部局設立式典に出席し、南シナ海などで活動を活発化させる中華人民共和国を間接的に批判した[2]2016年12月、ENSOME PARTNERS株式会社顧問[3]

同期[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20070702AT3S3000G30062007.html
  2. ^ “駐越日本大使、中国を「利己的でゆがんだプロパガンダを持つ」と批判 国防省関連式典” (日本語). MSN産経ニュース. (2014年5月27日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140527/plc14052718200014-n1.htm 2014年5月28日閲覧。 
  3. ^ 「特別職国家公務員の再就職状況の公表について(平成28年4月1日~平成29年3月31日)」外務省

外部リンク[編集]