斉藤隆志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

齋藤 隆志(さいとう たかし、1949年4月12日 - )は、日本外交官セネガル駐箚特命全権大使ミャンマー駐箚特命全権大使を歴任した。

経歴・人物[編集]

東京都出身。1974年東京大学文学部卒業、外務省入省。条約局法規課長補佐、在パプアニューギニア大使館一等書記官、在イタリア大使館一等書記官、大蔵省出向(主計局主査)。

1990年経済局開発途上地域課長、1992年在フランス日本国大使館参事官1995年香港総領事館領事、1997年在ドイツ日本国大使館参事官・公使2000年在タイ日本国大使館公使2002年カナダ日本大使館公使を経て、香港総領事。2004年から2006年まで独立行政法人日本貿易振興機構理事。

2006年に駐セネガル特命全権大使。駐マリ共和国、駐ガンビアギニアビサウ兼任。2008年免駐マリ共和国。2010年にはセネガル財務大臣との間で無償資金協力29億1000万余の書簡の交換をダカールで行った[1]

2010年駐ミャンマー特命全権大使。2012年3月、ミャンマーの国家計画・経済開発大臣との間で16億円の無償資金協力に関する書簡の交換を行った[2]。2012年10月30日退官。2013年1月29日株式会社大林組非常勤顧問[3]

同期入省[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 外務省「セネガル共和国に対する無償資金協力に関する書簡の交換」
  2. ^ ミャンマーに対する洪水被害対策のためのノン・プロジェクト無償資金協力に関する交換公文の署名(外務省)
  3. ^ 「特別職国家公務員の再就職状況の公表について(平成24年4月1日~平成25年3月31日)」外務省