アジア大洋州局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
外務省庁舎のアジア大洋州局長執務室

アジア大洋州局(アジアたいようしゅうきょく、英語: Asian and Oceanian Affairs Bureau)は、日本外務省内部部局の一つ。2001年1月に従来のアジア局を改組(欧亜局から大洋州課を移管)してできた。

職務[編集]

アジア大洋州地域の安定と繁栄の確保を目指し、域内地域・諸国間における未来に向けた友好関係を構築し、望ましい国際環境を確保するという地域別外交の基本目標を基に、以下の施策を行っている。

変遷[編集]

  • 2001年1月:アジア局を改組し、局設置。
  • 2006年4月:中国課に日中経済室を設置。
  • 2006年8月:南部アジア部を新設。東南アジア南アジアパキスタン以東)に関する事務を移管。
  • 2008年7月:中国課を中国・モンゴル課に改称。
  • 2012年8月:日中経済室を中国・モンゴル第二課に、中国・モンゴル課を中国・モンゴル第一課に組織改編
  • 2018年7月:北東アジア課を二課に分け、北東アジア第一課及び北東アジア第二課を設置した。両課の設置に伴い、北東アジア第一課が韓国情勢、日韓協力等、北東アジア第二課が北朝鮮情勢、日朝関係等を所掌する。また、アジア大洋州地域に関する外交政策の総合的な企画立案及び調整の必要性が特に高い事情にかんがみ、地域政策課を地域政策参事官に改組。

組織[編集]

歴代局長[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]