アジア大洋州局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
外務省庁舎のアジア大洋州局長執務室

アジア大洋州局(アジアたいようしゅうきょく)は、日本の外務省内部部局の一つ。2001年1月に従来のアジア局を改組(欧亜局から大洋州課を移管)してできた。

職務[編集]

アジア大洋州地域の安定と繁栄の確保を目指し、域内地域・諸国間における未来に向けた友好関係を構築し、望ましい国際環境を確保するという地域別外交の基本目標を基に、以下の施策を行っている。

  • 東アジアにおける地域協力の強化
  • 朝鮮半島の安定に向けた努力
  • 未来志向の日韓関係の推進
  • 未来志向の日中関係の推進
  • 太平洋地域諸国との友好関係の強化

変遷[編集]

  • 2001年1月:アジア局を改組し、局設置。
  • 2006年4月:中国課に日中経済室を設置。
  • 2006年8月:南部アジア部を新設。東南アジア南アジアパキスタン以東)に関する事務を移管。
  • 2008年7月:中国課を中国・モンゴル課に改称。
  • 2012年8月:日中経済室を中国・モンゴル第二課に、中国・モンゴル課を中国・モンゴル第一課に組織改編

組織[編集]

  • 外地整理室
  • 中国・モンゴル第一課
総合政策担当
  • 地域調整官
  • 中国・モンゴル第二課
経済関係担当
  • 北東アジア課
朝鮮半島担当
  • 日韓経済室
オセアニア諸国担当
  • 南東アジア第一課
インドシナ半島諸国(ベトナム、カンボジア、タイ、ミャンマー、ラオス)担当
  • 南東アジア第二課
インドシナ半島以外の東南アジア諸国(インドネシア、シンガポール、東ティモール、フィリピン、ブルネイ、マレーシア)担当
  • 南西アジア課
パキスタン以東の南アジア諸国(インド、スリランカ、ネパール、パキスタン、バングラデシュ、ブータン、モルディブ)担当

歴代局長[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]