伊原純一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
いはら じゅんいち
伊原 純一
Junichi Ihara cropped 2 Glyn Davies and Junichi Ihara 20131125.jpg
2013年11月25日、外務省庁舎にて
生誕 (1956-04-18) 1956年4月18日(62歳)
日本の旗 日本 京都府
国籍 日本の旗 日本
出身校 京都大学法学部卒業
職業ジュネーブ国際機関日本政府代表部特命全権大使

伊原 純一(いはら じゅんいち、1956年4月18日 - )は、日本外交官。在ジュネーブ国際機関日本政府代表部特命全権大使WTO一般理事会議長。

ロサンゼルス総領事、外務省北米局局長、外務省アジア大洋州局長などを歴任した。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

京都府出身[1]京都教育大学教育学部附属高等学校を卒業(高校同期に裏千家家元千宗室京都銀行頭取土井伸宏、法然院貫首梶田真章らがいる)し[2]京都大学法学部に進学する。1978年に行われた外務公務員上級試験に合格する[1]。京都大学を卒業し、1979年に外務省に入省する[1][2]

外交官として[編集]

2014年1月30日、北朝鮮政策担当特別代表グリン・デイヴィーズ(左)と

外務省の同期入省には、山口壮衆議院議員)、平松賢司(外務省総合外交政策局長)、田良原政隆(駐エルサルバドル大使)、廣木重之(駐南アフリカ大使)、大江博内閣官房内閣審議官)、横井裕(駐トルコ大使)、宮川眞喜雄(駐マレーシア大使)、小林弘裕アフリカにおける地域経済共同体・平和・安全保障担当大使)、堀江良一(元駐スーダン大使)、西岡淳(駐ジブチ大使)などがいた。外務省では、フランス語研修を受け、その後は主に経済畑を歩む。

皇太子明仁親王のアフリカ訪問の際には、通訳として同行した[1]1996年末に発生した在ペルー日本大使公邸占拠事件では、事務次官秘書官として事件に対応した。また、2004年上海総領事館員自殺事件では、監察・査察担当の官房参事官として調査団の長を務め、自殺は中国当局の脅迫に由来するとの報告をまとめた。

2008年4月在ロサンゼルス総領事に就任し、在ロサンゼルス総領事館に赴任した[3]。それ以来、3年4か月にわたって在ロサンゼルス総領事を務めたが、任期がこれだけ長期にわたるのは異例とされる[4]。その間、ロサンゼルスに駐在するイスラエルメキシコの総領事と共に、3か国共同で「ボイル・ハイツ・プロジェクト」を起ち上げた[5]。また、日本食日本酒、日本の映画アニメーションなどといった日本文化の普及に尽力するとともに、カリフォルニア高速鉄道に対して日本の新幹線を売り込むなど日本企業の経済活動を支援した[5]2010年にロサンゼルスで開かれた「アニメ・エキスポ」には自ら足を運び、オープニングセレモニーで登壇し挨拶も行っている[6]

2011年に帰国し、外務省の北米局にて局長に就任した。

2013年には、アジア大洋州局の局長に就任。2014年10月には、北朝鮮による日本人拉致問題についての北朝鮮側の調査状況の聴取と日朝協議のために編成された日本政府代表団(訪朝団)の団長[7]として、代表団を率いて訪朝した[8]

2015年11月19日付で在ジュネーブ国際機関日本政府代表部特命全権大使[9]2018年3月7日WTO一般理事会議長(任期1年)に就任した[10]

人物[編集]

かつてはゴルフが趣味であったが、フィリピン駐在時にゴルフで腰を痛めたことから、それ以来プレイしていない[1]

大阪大学大学院においては、国際公共政策研究科の客員教授を務めた[11]

略歴[編集]

2013年11月25日、北朝鮮政策担当特別代表グリン・デイヴィーズ(左)と
  • 1978年 - 外務公務員上級試験合格
  • 1979年 - 京都大学法学部卒、外務省入省
  • 1980年 - 在フランス日本国大使館勤務(フランス語研修)
  • 1984年 - アジア局南東アジア第一課課長補佐
  • 1986年 - 経済局国際機関第一課課長補佐
  • 1988年 - 北米局北米第一課課長補佐
  • 1989年 - 北米局北米第一課首席事務官
  • 1992年 - 在フィリピン大使館一等書記官
  • 1994年 - 大臣官房人事課首席事務官
  • 1995年 - 外務事務次官秘書官
  • 1997年 - アジア局南東アジア第一課長
  • 1999年 - 経済局国際機関第一課長
  • 2002年 - 大臣官房会計課長
  • 2004年 - 官房参事官(監察・査察担当)
  • 2004年7月 - 在アメリカ合衆国日本国大使館公使
  • 2006年9月 - 外務省大臣官房長補佐
  • 2006年12月 - アジア大洋州局参事官(南部アジア部担当)
  • 2008年 - ロサンゼルス総領事
  • 2011年 - 北米局長
  • 2013年 - アジア大洋州局長
  • 2015年 - 在ジュネーブ国際機関日本政府代表部特命全権大使

同期[編集]

( )は現在の役職

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e ライトハウス編集部「在ロサンゼルス日本国総領事着任インタビュー」『最新USトレンド日本語によるロサンゼルス&サンディエゴ現地情報 - ライトハウス』Takuyo。
  2. ^ a b 「毎日フォーラム・新霞が関人脈:京都府(下)」『毎日フォーラム・新霞が関人脈:京都府(下)- 毎日新聞毎日新聞社2013年4月10日
  3. ^ 「伊原純一総領事より着任に際しての挨拶」『Consulate-General of Japan in Los Angeles』在ロサンゼルス日本国総領事館、2008年4月23日
  4. ^ 「伊原純一総領事が帰国 :3年4カ月の任務遂行―『あっという間だった』」『伊原純一総領事が帰国 :3年4カ月の任務遂行―「あっという間だった」 – Rafu Shimpo』Rafu Shimpo、2011年9月9日
  5. ^ a b 「伊原純一総領事の離任挨拶」『Consulate-General of Japan in Los Angeles』在ロサンゼルス日本国総領事館、2011年8月25日
  6. ^ ヨシ沢「AX 2010 オープニングセレモニー」『BUNKA:EXTEND - AX 2010 オープニングセレモニー』BUNKA EXTEND、2010年7月9日
  7. ^ “拉致「新しい角度で調査」=北朝鮮、日本側に伝達—安否情報なし”. THE WALL STREET JOURNAL. (2014年10月31日). http://jp.wsj.com/articles/JJ12289788623438093783917141488372065788162?tesla=y&tesla=y&mg=reno64-wsj 2014年10月31日閲覧。 
  8. ^ “北「拉致機関を徹底調査」と説明…訪朝団が帰国”. YOMIURI ONLINE(読売新聞). (2014年10月30日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/20141030-OYT1T50127.html 2014年10月31日閲覧。 
  9. ^ 「ロシア大使に上月氏を起用 ドイツ大使は八木氏」日本経済新聞2015/11/13
  10. ^ “WTO一般理事会議長、伊原氏が就任”. Qnewニュース. (2017年3月12日). https://qnew-news.net/news/2018-3/2018031203.html 2018年5月28日閲覧。 
  11. ^ 「国際経済と法(国際経済関係の法と政策)<OSIPP博士前期課程>/システム統合特殊研究(国際経済と法)<OSIPP博士後期課程>」『Lecture(国際金融Ⅰ、システム統合特殊研究、国際取引法Ⅱ)野村美明研究室
先代:
小田部陽一
在ジュネーブ日本政府代表部特命全権大使
2015年-
次代: