安藤吉光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

安藤 吉光(あんどう よしみつ、1908年 - 1984年5月14日[1])は、昭和時代日本外交官

経歴[編集]

東京に生れる。1931年東京帝大法学部法律学科卒、住友銀行入社。34年外交官試験に合格し、外務省入省。米国、中国在勤、東亜局、アメリカ局勤務、調査局3課長、終戦連絡大阪事務局勤務、連絡調整中央事務局秘書課長兼総務課長、政務局総務課長等を歴任。1951年7月ワシントン在外事務所、52年4月駐米大使館参事官として赴任。

その後、本省審議室勤務、外務審議官、条約局参事官、アジア局参事官を経て、1957年9月香港総領事を命ぜられる。日米安保条約改定直後の1960年9月アメリカ局長となる。63年7月イラン大使、67年6月アラブ連合リビア大使に任ぜられ、71年1月退官。同月海外移住事業団理事となり、74年7月退任、日本電気株式会社顧問に就任した。1984年死去。

脚注[編集]

  1. ^ 『新版 日本外交史辞典』32頁。

参考文献[編集]

  • 外務省外交史料館日本外交史辞典編纂委員会『新版 日本外交史辞典』山川出版社、1992年。