吉野文六

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

吉野 文六(よしの ぶんろく、1918年8月8日 - 2015年3月29日)は、日本外交官

経歴[編集]

長野県松本市生まれ[1]。旧制松本中学(長野県松本深志高等学校)、旧制松本高等学校を経て、東京帝国大学法学部卒業。1940年高等文官試験外交科に合格し、同大在学中の1941年外務省入省[2][1]1953年在アメリカ合衆国日本国大使館一等書記官、1967年外務大臣官房審議官、1968年駐米公使、1971年アメリカ局長[2]1972年OECD日本政府代表特命全権大使1975年外務審議官(経済担当)、1978年西ドイツ大使などを歴任し、1982年退官。1984年国際経済研究所理事長に就任。1990年勲一等瑞宝章を受章。

アメリカ局長時代は、アメリカとの間で、沖縄返還の際に土地の原状回復費用を日本が負担する密約の存在を一貫して否認したが、ホワイトハウスの文書公開を受けて初めて認めるに至った。2009年には密約を巡る情報公開訴訟に、原告の求めに応じて初めて証人として出廷した。

2015年3月29日に肺炎のため96歳で死去[3]。没後従七位から従三位に進階。[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “吉野文六氏が死去 元外務省アメリカ局長”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2015年3月31日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG30H97_Q5A330C1CZ8000/ 2015年4月14日閲覧。 
  2. ^ a b “沖縄密約認めた吉野文六氏が死去 元外務官僚”. どうしんウェブ (北海道新聞社). (2015年3月31日). http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0117809.html 2015年4月14日閲覧。 
  3. ^ 元外務省局長の吉野文六さん死去 沖縄密約の存在認める”. www.asahi.com. 2015年3月31日閲覧。
  4. ^ 2015年5月11日官報

参考文献[編集]

  • 世界』2006年4月号、 岩波書店
    • 往住嘉文「世界の潮 吉野文六・元外務省アメリカ局長証言の意味―改めて問われる沖縄返還協定密約事件」
  • 西山太吉『機密を開示せよ―裁かれる沖縄密約』2010年、岩波書店
  • 佐藤優『私が最も尊敬する外交官 ナチス・ドイツの崩壊を目撃した吉野文六』2014年、講談社