品川弥二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
品川 弥二郎
Yajiro Shinagawa.jpg
生年月日 1843年11月20日
天保14年閏9月29日
出生地 長門国阿武郡椿郷東分村(現・山口県萩市
没年月日 (1900-02-26) 1900年2月26日(56歳没)
死没地 日本の旗 日本 東京府
出身校 松下村塾
所属政党 国民協会
称号 勲一等旭日大綬章
子爵

日本の旗 第6代 内務大臣
内閣 第1次松方内閣
在任期間 1891年6月1日 - 1892年3月11日
テンプレートを表示
品川弥二郎像(東京都千代田区九段南

品川 弥二郎(しながわ やじろう、天保14年閏9月29日1843年11月20日)- 明治33年(1900年2月26日)は、日本武士長州藩士)、政治家勲一等子爵。名は省吾、弥吉。は扇洲。別称に橋本八郎松本清熊などがある。

経歴[編集]

天保14年(1843年)、長州藩足軽品川弥市右衛門池田六左衛門の長女まつの長男として生まれた。安政5年(1858年)、松下村塾に入門して吉田松陰から教えを受けるが、安政6年(1859年)に安政の大獄で松陰が刑死すると、高杉晋作らと行動を共にして尊王攘夷運動に奔走し、英国公使館焼き討ちなどを実行している。元治元年(1864年)の禁門の変では八幡隊長として参戦し、のちに太田市之進山田顕義らと御楯隊を組織した。慶応元年(1865年)、木戸孝允と共に上京して情報収集と連絡係として薩長同盟の成立に尽力した。戊辰戦争では奥羽鎮撫総督参謀、整武隊参謀として活躍する。

明治維新後の明治3年(1870年)、渡欧して普仏戦争を視察するなどドイツイギリスに留学する。内務大書記官や内務少輔農商務大輔、駐独公使、宮内省御料局長、枢密顧問官などを歴任する。明治17年(1884年)、維新の功により子爵を授けられる。

明治24年(1891年)に第1次松方内閣内務大臣に就任するが、明治25年(1892年)の第2回衆議院議員総選挙において次官の白根専一とともに警察を動員して強力な選挙干渉を行なって死者25人を出してしまった経緯を非難され、引責辞職を余儀なくされた(ただし、実際の経緯については諸説存在する)。その後は西郷従道と協力して政治団体・国民協会を組織する。

民間にあっては、獨逸学協会学校(現:獨協学園)や旧制京華中学校(現:京華学園)を創立し、また信用組合や産業組合の設立にも貢献している。

明治33年(1900年)、流行性感冒(インフルエンザ)に肺炎を併発して死去[1]。享年58。

人物・逸話[編集]

  • 戊辰戦争の際、新政府軍が歌った「トコトンヤレ節」(「宮さん宮さん」)は、品川が作詞をしたとされる。
  • 松陰は品川を「温厚正直で人情に厚く、うわべを飾らない。抜きん出た能力はないが、心が広く奥深いのが優れている」と評している。
  • 同時代のジャーナリストである鳥谷部春汀は、明治24年(1891年)の選挙干渉における品川の手段を全く公正明大を欠いたものであると難じ、選挙干渉以後の言動は陸奥宗光への嫉妬と復讐の私情に制せられ「堂々たる大丈夫の気象なし」と評する。さらに品川の師である吉田松陰と比較して、同じく多感であり「怒りやすく泣きやすき奇癖あり」とするが、誠実さという点では「未了の疑問なり」と書く[2]
  • 維新で亡くなった志士たちを顕彰するため、京都尊攘堂を建立して京都帝国大学に寄贈した。品川の死後、山口県下関市功山寺にも建立されている。
  • 東京都千代田区九段南田安門前(九段坂公園内)に銅像がある。高村光雲の監督によるという。
  • 大日本山林会初代幹事長を務めた。
  • 大日本水産会 第一次幹事長(初代会長に相当)を務めた(任期:明治15年(1882年)2月12日 - 同19年(1886年4月26日[3]
  • 大日本農会初代幹事長を務めた。
  • 1885年(明治18年)に、塩原温泉塩釜の地(栃木県那須塩原市)に別荘を建てた。この別荘は、塩原温泉における別荘建築として最古に属し、現在は「品川弥二郎の旧念仏庵」として、市の有形文化財に指定されている。

栄典[編集]

系譜[編集]

  • 品川氏
弥一右衛門━━弥二郎━━弥一━━清太郎

脚注[編集]

  1. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』(吉川弘文館、2010年)140頁
  2. ^ 鳥谷部春汀 『明治人物評論・正』 博文館、1898年、22-30p。
  3. ^ 『大日本水産会百年史』社団法人大日本水産会、1982年。
  4. ^ 『官報』第316号「叙任及辞令」明治17年7月18日。

関連作品[編集]

テレビドラマ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


先代:
西郷従道
日本の旗 内務大臣
1891年6月1日 - 1892年3月11日
次代:
副島種臣