神余隆博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
神余隆博(2011年撮影)

神余 隆博(しんよ たかひろ、1950年昭和25年)1月11日 - )は、日本外交官大阪大学教授国際連合日本政府代表部次席代表特命全権大使などを経て、2008年平成20年)8月から、2012年平成24年)3月までドイツ駐箚特命全権大使を務める。

経歴・人物[編集]

香川県仲多度郡琴平町出身。大阪大学法学部在学中に外務公務員採用上級試験に合格し、1972年(昭和47年)阪大を卒業し外務省に入省した。

外交官のかたわら、以下の大学で教壇に立ち、国際関係の講座を持った。

同期[編集]

著作[編集]

  • 『多極化世界の日本外交戦略』(朝日選書)
  • 『国際危機と日本外交』
  • 『国際平和協力入門』

脚注[編集]

  1. ^ (日本語) 在ドイツ日本国大使館―大使略歴-”. 在ドイツ日本国大使館ホームページ. 2011年6月5日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
石川薫
外務省国際社会協力部長
2005年-2006年
次代:
別所浩郎