松原昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松原 昭(まつばら あきら、 - 2016年)は、日本外交官2012年平成24年)10月11日から、マリ共和国駐箚特命全権大使

経歴・人物[編集]

東京都出身。関西学院高等部を経て[1]1973年昭和48年)関西学院大学商学部を卒業し、1976年(昭和51年)外務省に入省した。国際機関人事センター室長を経て、2008年(平成20年)3月、外務省研修所指導官。2012年(平成24年)10月11日から、マリ共和国駐箚特命全権大使[2][3]。2013年1月16日にアルジェリア人質事件が発生。治安の悪化のため1月23日から在マリ日本国大使館を一時閉鎖し、27日から在フランス日本国大使館で大使業務を行った[4]。2016年5月13日死去。従四位瑞宝中綬章追贈。[5]

同期[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「関学出身者の大使として西アフリカのマリに駐在」関西学院大学
  2. ^ (日本語) ニュージーランド大使に野川氏起用 松原 昭氏(まつばら・あきら=マリ大使)”. 日本経済新聞 NIKKEI.NET (2012年10月9日). 2014年5月13日閲覧。
  3. ^ (日本語) 人事、外務省”. 日本経済新聞 NIKKEI.NET (2012年10月9日). 2014年5月13日閲覧。
  4. ^ 「政府、在マリ大使館を閉鎖 治安情勢悪化受け」2013/01/23 19:16 【共同通信】
  5. ^ 『官報』6797号、平成28年6月16日

外部リンク[編集]