日本国際フォーラム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
公益財団法人日本国際フォーラム
The Japan Forum on International Relations, Inc.
団体種類 公益財団法人
設立 2011年4月1日
所在地 東京都港区赤坂二丁目17番12号
チュリス赤坂1301号
法人番号 6010405009456
起源 財団法人日本国際フォーラム(1987年4月28日-2011年3月31日)
主要人物 伊藤憲一会長
橋本宏理事長
基本財産 270,000,000円
ウェブサイト http://www.jfir.or.jp/
テンプレートを表示

公益財団法人日本国際フォーラム(にほんこくさいフォーラム、The Japan Forum on International Relations, JFIR)は、日本の民間・非営利の外交問題・国際関係に関する、会員制の政策志向のシンクタンクである。ホームページで、『e-論壇 百花斉放』を展開している[1]

概要[編集]

組織[編集]

(2018年10月現在)[2]

財源
2016年度末時点の基本財産が2億7千万円である[3]

会員制度[編集]

日本国際フォーラムは、その趣旨に賛同する会員の参加と貢献によって維持されている。「法人正会員」「法人準会員」「個人正会員」「個人準会員」の4種の会員からなり、それぞれに個別の入会資格が設けられている。

沿革[編集]

  • 1987年 03月12日 - 倉成正外務大臣の臨席を得て、設立発起人会を開催し、大来佐武郎会長、服部一郎理事長、伊藤憲一専務理事を選任
    04月28日 - 外務大臣より財団法人設立を許可される 
    05月23日 - 服部一郎氏より財団法人に対し基本財産2億円を出捐[要出典]
    05月26日 - 服部理事長急逝。伊藤専務理事、理事長代行に就任 
  • 1990年 04月03日 - 第4回理事会開催、伊藤憲一理事長を選任
  • 1992年 03月12日 - 設立5周年記念国際シンポジウム「新世界秩序と日本の役割」を開催
  • 1993年 02月09日 - 大来佐武郎会長、逝去
  • 1994年 02月28日 - 第12回理事会開催、今井敬会長を選任
  • 1997年 07月11日 - 設立10周年記念シンポジウム「21世紀世界における日本の役割」および記念レセプションを開催
  • 2002年 01月24日 - 設立15周年記念シンポジウム「海洋国家日本:文明とその戦略」を開催
  • 2003年 08月12日 - 日本政府より「東アジア・シンクタンク・ネットワーク (NEAT)」および「東アジア・フォーラム (EAF)」の「日本側国内調整窓口」に指定される
  • 2004年 05月18日 - 「東アジア共同体評議会」設立総会において伊藤憲一日本国際フォーラム理事長が同評議会議長に選任される
  • 2007年 03月12日 - 麻生太郎外務大臣の臨席[4]を得て、設立20周年祝賀夕食会を開催
  • 2009年 06月01日 - 半田晴久、平林博が理事に就任
  • 2010年 3月31日 - 今井敬、伊藤憲一、田久保忠衛を除く全役員22人が退任[要出典]
  • 2011年 03月28日 - 内閣府より公益財団法人に認定される
    004月01日 - 「公益財団法人日本国際フォーラム」に移行登記

活動[編集]

以下の6つの柱からなる活動を行っている。

  • 政策提言
  • 公開討論
  • 調査研究
  • 国際交流
  • 広報啓発
  • 国際政経懇話会・外交円卓懇談会

姉妹団体[編集]

日本国際フォーラム(JFIR)には以下の二つの姉妹団体がある[5]

  • 東アジア共同体評議会 (CEAC) - 2004年5月に設立、伊藤憲一が名誉会長を務める[6]
  • グローバル・フォーラム (GFJ) - 伊藤憲一が代表世話人を務める[7]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 日本国際フォーラムHP
  2. ^ 約職員名簿”. 日本国際フォーラム. 2018年10月3日閲覧。
  3. ^ 日本国際フォーラムとは ディスクロージャー
  4. ^ 外務省公式HP 報道・広報 『「自由と繁栄の弧」について』
  5. ^ 姉妹団体 - 日本国際フォーラムHP
  6. ^ 役職員等名簿 - 東アジア共同体評議会HP。
  7. ^ 世話人(Governors)名簿 - グローバル・フォーラムHP。
  8. ^ a b c d e 「理事長挨拶」日本国際フォーラム