パシフィックフォーラム CSIS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

パシフィックフォーラム CSISPacific Forum CSIS、パシフィック・フォーラム・シーエスアイエス)は、1975年に独立シンクタンク「パシフィック・フォーラム」として設立され、その後ワシントンD.C.に本社を置く民間シンクタンク 戦略国際問題研究所(CSIS)に吸収合併されるかたちで、そのアジア太平洋部門となった。

日本ではパシフィックフォーラム CSIS理事の半田晴久(深見東州)が総裁を務める特定非営利活動法人 世界開発協力機構(WSD)が、『WSD半田フェローシップ・プログラム』を共催している[1]

概要[編集]

1975年に、武装紛争から脱却するための外交政策の研究部門として、リアアドミラル英語版・ロイドR. ジョー・ヴェイシーにより設立された[2]

ホノルルを拠点とし、アジア太平洋地域の学術組織、政府組織、企業などのリーダーと協力して政策討論や分析を行っている。政治、安全保障、経済および海洋政策問題の協力的政策の活性化に重点をおいている。

理事会共同議長は、リチャード・アーミテージジョセフ・ナイ。理事長はラルフ・コッサ。日本在住の理事として、半田晴久宮内義彦大河原良雄が在籍している[3]

日本の団体では、羽生次郎が会長を務める笹川平和財団がフェローシップ・プログラムの助成事業を[4]秋山昌廣が理事長を務める東京財団が公開セッション等の共催を[5]行っている。

脚注[編集]

  1. ^ パシフィック・フォーラムCSISとWSD半田フェローシップ・プログラム - 世界開発協力機構 特定非営利活動法人HP。
  2. ^ About Us”. パシフィックフォーラム CSIS. 2013年12月9日閲覧。
  3. ^ Pacific Forum Board of Governors”. パシフィックフォーラム CSIS. 2013年12月9日閲覧。
  4. ^ フェローシップ - 笹川平和財団HP。
  5. ^ パシフィック・フォーラムCSIS - 東京財団HP。

外部リンク[編集]