大宅映子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大宅 映子(おおや えいこ、本名:枝廣 映子1941年2月23日 - )は、日本ジャーナリスト評論家コメンテーターホリプロ所属。株式会社大宅映子事務所代表取締役。公益財団法人大宅壮一文庫理事長。西武ホールディングス社外取締役。日本年金機構理事[1]日本ゴルフ改革会議議長[2][3]。公益財団法人日本国際フォーラム評議員[4]。夫は株式会社コスモ・インタラクティブ代表取締役の枝廣宇人である。

元日本インフォメーションシステムズ (NIS) 代表取締役、元株式会社高島屋社外取締役、元資生堂社外監査役。

来歴・人物[編集]

東京都出身。東京学芸大学附属世田谷中学校東京都立駒場高等学校、1963年に国際基督教大学卒業。ジャーナリストの大宅壮一の三女。宣伝会社コスモ・ピーアール勤務後、1969年に日本インフォーメーション・システム (NIS) を創設。1978年頃からしばしば政府各種審議会の委員を務めている。2014年1月1日より日本年金機構理事。

家庭教育親子関係などを中心に著書多数。政府各種審議会の委員歴には、「地球的規模の環境問題に関する懇談会」、「医療保険福祉審議会」、「行政改革委員会」、「警察刷新委員会」、「教育改革国民会議」、「税制調査会」、「年金業務・社会保険庁監視等委員会」などがある[5]

岸井成格が『サンデーモーニング』にて、北朝鮮による日本人拉致問題に関して、一時帰国した拉致被害者5人を当初の約束どおり一旦北朝鮮に戻すべきと発言したことに対し、「私もそう思う」と同調した[6]。日本ゴルフ改革会議の大宅映子議長は2017年2月3日、小池百合子東京都知事に2020年東京五輪のゴルフ会場を霞ヶ関カンツリー倶楽部(埼玉県川越市)から若洲ゴルフリンクス(東京都江東区)への変更を申し入れた。その理由に選手村からの距離や夏の気温の問題、会員規約の問題、コストの問題等を挙げた[7]

2002年6月から道路関係四公団民営化推進委員会の委員に就任。他の委員が次々と辞任・長期欠席する中、2005年9月30日の同委員会解散まで委員を務めた。

国際問題、子育て、食文化、エネルギー問題など幅広いテーマで講演を行っており、2013年10月9日には、ハワイシニアライフ協議会の主催で、「愉しく欲張って生きる」のテーマによりハワイで講演を行った[8]2016年7月22日には、東北エネルギー懇談会の講演会で、「豊かさと安全とエネルギー」と題する講演を仙台市で行った[9]2017年1月25日、千代田区立日比谷図書文化館が主催する講演会で、大宅壮一の思い出や大宅壮一文庫について語った[10]

出演番組[編集]

CM出演[編集]

著作[編集]

  • 『大宅映子のオヤジ採点』全国朝日放送、1980年10月)
  • 『愉しい欲張り人生』海竜社、1983 『愉しく欲張って生きる』三笠書房知的生き方文庫
  • 『子どもの躾は免疫主義しかない-マナーを知らない子にしないために』開隆堂出版、1985)『わが娘に母のこんな心を伝えたい』三笠書房知的生き方文庫
  • 『どう輝いて生きるか-女の自分育て自分づくり、私の方法』海竜社、1990
  • 『だから女は面白い-女の常識女の視点』海竜社、1993
  • 『女の自立と心意気-みんなに聞いて欲しい5つの物語』対談集、広済堂出版、1995
  • 『いい親にならなくていい!-子どもが育つ教育の条件』海竜社、2000
  • 『親の常識-親がなすべき、当たり前で大切なこと』海竜社、2008
  • 『女の才覚 日本の女性が失くしてしまったもの』ワニブックス〈plus〉新書 2011

共編著[編集]

  • 『われら9人の食いしん坊-』編、渡部昇一他著、講談社、1981年8月)
  • 『食いしん坊ここだけの話』編、團伊玖磨他著、講談社、1984

翻訳[編集]

  • 『エイズ-手をつないだ位では感染しない』ニキ・ド・サンファール、グラフィック社、1987

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 役員の経歴等 (PDF)”. 日本年金機構 (2017年1月1日). 2017年2月27日閲覧。
  2. ^ “大波を作れるか? 産声を上げた「日本ゴルフ改革会議」とは”. GDO ゴルフダイジェストオンライン. (2014年6月27日). http://news.golfdigest.co.jp/news/gdoeye/jgto/article/51287/1/?ptn=140708c.html 
  3. ^ “革新へ始動!日本ゴルフ改革会議がスタート”. Par On. (2014年6月27日). http://www.pargolf.co.jp/special/107453 
  4. ^ 評議員、役員等”. 日本国際フォーラム. 2014年2月25日閲覧。
  5. ^ “大宅 映子(評論家・財団法人大宅壮一文庫理事長)”. 長野県教育情報ネットワーク. http://www.nagano-c.ed.jp/nominami/dousoukai/web-content/schedule/kousi%20ryakureki.pdf 2017年3月14日閲覧。 
  6. ^ “岸井成格のTVメール 強硬だけの外交は危険”. 毎日新聞. (2002年12月3日) 
  7. ^ “【中継録画】小池知事とゴルフ改革会議・大宅議長が面談 会場再考申し入れ”. (2017年2月3日). https://thepage.jp/tokyo/detail/20170203-00000006-wordleaf 2017年2月27日閲覧。 
  8. ^ “いきいきライフ講演会シリーズ” (PDF). ハワイシニアライフ協議会. (2013年10月9日). http://www.hawaiiseniorlife.org/HISLEA/uploads/131009seminar.pdf 2017年3月15日閲覧。 
  9. ^ “平成28年エネルギー講演会” (PDF). 東北エネルギー懇談会. (2017年7月22日). http://enercon.jp/wp/wp-content/uploads/2016/06/bdac1b5797bb27c4c46a13d09cc2b972.pdf 2017年3月15日閲覧。 
  10. ^ “大宅映子氏2017年新春講演会” (PDF). 千代田区立日比谷図書文化館. (2016年12月5日). http://hibiyal.jp/var/rev0/0004/0305/116125163747.pdf 2017年3月14日閲覧。 

外部リンク[編集]