畔柳信雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
畔柳 信雄 Football pictogram.svg
名前
カタカナ クロヤナギ ノブオ
ラテン文字 KUROYANAGI Nobuo
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1941-12-18) 1941年12月18日(75歳)
出身地 東京都文京区
選手情報
ポジション FW[1]
ユース
1957-1959 東京教育大学附属高校
1961-1964 東京大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1965-1976 三菱銀行
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

畔柳 信雄(くろやなぎ のぶお、1941年12月18日 - )は、日本銀行家、元サッカー選手。三菱UFJフィナンシャル・グループ社長、池田泉州ホールディングス取締役[2]などを歴任した。

人物[編集]

東京都文京区出身[3]。中学時代よりサッカーを始め[3][4]、東京教育大学附属高校(現:筑波大学附属高校[5]時代は国民体育大会でベスト4の成績を残した[1][4]東京大学経済学部に入学後はア式蹴球部に所属した[1][4]

1965年に大学を卒業して、三菱銀行に入行。入行後は同行サッカー部に所属して35歳まで現役であった[4]。なお、同期に元三菱商事副社長の有若、帝京大学経済学部教授の荒井らがいた。

東京三菱銀行ではシステム統合担当取締役だったこともあって、ITに強いと云われ[4]マサチューセッツ工科大学 (MIT) 留学時は邦人との交流を断ち、米国人らとの人脈を築いたとされる。座右の銘は「現場百回」。

2006年(平成18年)には三菱東京UFJ銀行初代頭取に就任。その後会長を経て、2012年(平成24年)同行の相談役に退いた[6]

畔柳はサッカー出身であるが他のスポーツにも造詣があり、自身は「力道山の現役中から試合をフォローしている」と語るプロレスファンでもある[7]。また、2011年5月に公益財団法人日本テニス協会の会長に就任した[8]

略歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 東大サッカー部誌創刊号 (PDF) 」p.139、1963年、2014年9月27日閲覧
  2. ^ 池田泉州ホールディングスおよび池田泉州銀行における代表取締役および役員の異動 (PDF) 株式会社 池田泉州ホールディングス 2012年5月14日
  3. ^ a b フロントランナー 朝日新聞、2006年5月20日、2014年10月31日閲覧
  4. ^ a b c d e 【時代のリーダー】”. 日経ビジネス (2009年7月14日). 2014年9月27日閲覧。
  5. ^ 同期には、川口順子(第133・134代外務大臣)、島村英紀地震学者)、星出豊昭和音楽大学名誉教授)、松本元脳科学者)、横田洋三国連大学学長特別顧問)などがいる。
  6. ^ a b 株式会社三菱東京UFJ銀行の役員の異動について 株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ 2012年1月30日
  7. ^ 錦織の“受けの美学”を財界トップが絶賛 東京スポーツ 2015年7月1日閲覧
  8. ^ “会長就任のご挨拶” (プレスリリース), 日本テニス協会, (2011年9月2日), http://www.jta-tennis.or.jp/JTA/greeting/chairman11.html 2014年10月31日閲覧。 

関連項目[編集]

先代:
-
三菱東京UFJ銀行頭取
初代
次代:
永易克典
先代:
-
三菱UFJフィナンシャル・グループ社長
初代
次代:
永易克典
先代:
前田晃伸
全国銀行協会会長
2006年度
次代:
奥正之
先代:
三木繁光
東京三菱銀行頭取
4代目
次代:
(三菱東京UFJ銀行に改称)
先代:
三木繁光
三菱東京フィナンシャル・グループ社長
2代目
次代:
(三菱UFJフィナンシャル・グループに改称)