永易克典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ながやす かつのり
永易 克典
生誕 (1947-04-06) 1947年4月6日
日本の旗 日本 愛媛県
死没 (2021-05-03) 2021年5月3日(74歳没)
日本の旗 日本 東京都
出身校東京大学法学部
慶應義塾大学大学院経営管理研究科
職業銀行家

永易 克典(ながやす かつのり、1947年(昭和22年)4月6日[1] - 2021年(令和3年)5月3日[2])は、日本の銀行家。三菱東京UFJ銀行頭取、全国銀行協会会長などを歴任した。

人物[編集]

愛媛県新居浜市出身。1966年3月愛媛県立新居浜西高等学校卒業。高校の同級生に大和ハウス工業株式会社元代表取締役副会長・社長の村上健治がいて、同郷の財界人としても親交があった。

東京大学法学部を卒業した後、1970年5月に当時の三菱銀行に入行。 主に企画部門、法人営業部門などの畑を歩んで、銀行家としての腕前を磨いた。

2008年リーマン・ショックに端を発する金融危機を、三菱東京UFJ銀行の頭取を務める中で迎えることとなる。この時、アメリカ金融大手のモルガン・スタンレー救済のために90億ドル分の優先株を買い受けて巨額の出資を行うなどの対応を主導したことは、今日まで語り継がれている[3]

2011年東日本大震災に際しても、同じ年の7月1日に二度目の就任をした全国銀行協会会長として復興支援のために心を砕いた[4]

2021年5月3日17時10分、頸部食道がんのため、東京都内の病院で死去。74歳没。死没日をもって従三位に叙され、あわせて旭日大綬章を追贈される[5]

略歴[編集]

役職[編集]

銀行での長年の経歴において培われた見識を生かして、三菱電機株式会社株式会社三越伊勢丹ホールディングスキリンホールディングス株式会社社外取締役新日鐵住金株式会社三菱自動車工業株式会社社外監査役を務めた。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 全国銀行協会永易会長略歴 (PDF) 」、一般社団法人全国銀行協会、2021年7月15日閲覧。
  2. ^ 永易克典氏死去、74歳 三菱東京UFJ銀元頭取──米証券出資主導”. 時事ドットコム (2021年5月10日). 2021年7月15日閲覧。
  3. ^ 追想録「永易克典さん 元三菱東京UFJ銀頭取 金融危機を止めた勝負師」『日本経済新聞(夕刊)』、2021年7月2日。2021年7月15日閲覧。
  4. ^ 全銀協永易会長お別れ記者会見(平成24年3月15日)” (2012年3月15日). 2021年7月15日閲覧。
  5. ^ 『官報』第511号9頁 令和3年6月11日号
  6. ^ a b 異動(予定)(平成24年4月1日付) (PDF) 株式会社三菱東京UFJ銀行
  7. ^ a b c d e 全国銀行協会永易会長(初回就任時)略歴 (PDF) 」、一般社団法人全国銀行協会、2009年4月21日、2021年7月15日閲覧。
  8. ^ a b c d 三菱電機第147回定時株主総会参考書類 (PDF)”. pp. 3-11 (2018年6月). 2021年7月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月15日閲覧。
  9. ^ 代表取締役の異動について (PDF) [リンク切れ] 株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ 平成25年2月28日


先代:
畔柳信雄
三菱東京UFJ銀行頭取
2008年 - 2012年
次代:
平野信行
先代:
畔柳信雄
三菱東京フィナンシャル・グループ社長
2010年 - 2013年
次代:
平野信行
先代:
杉山清次
全国銀行協会会長
2009年度
次代:
奥正之
先代:
奥正之
全国銀行協会会長(2回目)
2011年度
次代:
佐藤康博