碓井光明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

碓井 光明(うすい みつあき、1946年 - )は、日本法学者。専門は租税法行政法東京大学名誉教授明治大学法科大学院教授長野県出身[1]

経歴[編集]

略歴は以下のとおり[2][3]

学歴[編集]

職歴[編集]

著作[編集]

単著[編集]

  • 地方税条例』(学陽書房、1979年)
  • 『地方税の法理論と実際』(弘文堂、1986年)
  • 自治体財政・財務法』(学陽書房、初版・1988年、改訂版・1995年)
  • 『公共契約の法理論と実際』(弘文堂、1995年)
  • 『要説 自治体財政・財務法』(学陽書房、初版・1997年、改訂版・1999年)
  • 『要説 住民訴訟と自治体財務』(学陽書房、初版・2000年、改訂版・2002年)
  • 『要説 地方税のしくみと法』(学陽書房、2001年)
  • 『公共契約法精義』(信山社出版、2005年)
  • 公的資金助成法精義』(信山社出版、2007年)
  • 『政府経費法精義』(信山社出版、2008年)
  • 社会保障財政法精義』(信山社出版、2009年)
  • 『行政契約精義』(信山社出版、2011年)
  • 『行政不服審査機関の研究』(有斐閣、2016年)

共著[編集]

共編[編集]

受賞歴[編集]

受賞歴は以下のとおり[5]

  • 日税研究賞 (1978年)
  • 東京市政調査会藤田賞 (1980年)

脚注[編集]

  1. ^ 公共契約法精義 オンライン書店e-hon
  2. ^ 退職教員の紹介 東京大学学内広報1371号
  3. ^ 碓井光明 GraSPP 教員紹介
  4. ^ 名誉教授の称号授与 東京大学学内広報1375号
  5. ^ 法科大学院 法務研究科 碓井 光明 教員情報検索

外部リンク[編集]