奥正之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

奥 正之(おく まさゆき、1944年(昭和19年)12月2日 - )は、日本の銀行家。三井住友フィナンシャルグループ取締役。住友財団理事。

人物[編集]

京都府生まれ。洛星高等学校京都大学法学部卒業後、住友銀行入行。 2007・10年度は、全国銀行協会会長を務める。米国ミシガン・ロースクール修了。 住友銀行同期入行に、楽天証券会長・楽天銀行社長を歴任した國重惇史がいる。 また後輩の宿澤広朗の死去に際し、SMBC頭取として告別式で弔辞を述べた。

来歴[編集]

  • 1963年(昭和38年)3月 - 洛星高等学校卒業。
  • 1968年(昭和43年)
    • 3月 - 京都大学法学部卒。
    • 4月 - 住友銀行入行。
  • 1991年(平成3年)- シカゴ支店長。
  • 1994年(平成6年)6月 - 同取締役。
  • 1998年(平成10年)11月 - 同常務取締役。
  • 1999年(平成11年)6月 - 同常務取締役兼常務執行役員。
  • 2001年(平成13年)
    • 1月 - 同専務取締役兼専務執行役員。
    • 4月 - 三井住友銀行専務取締役兼専務執行役員。
  • 2002年(平成14年)
  • 2003年(平成15年)
    • 6月 - 同取締役退任。
    • 6月 - 三井住友銀行代表取締役副頭取兼副頭取執行役員。
  • 2005年(平成17年)
    • 6月 - 三井住友フィナンシャルグループ代表取締役会長。
    • 6月 - 三井住友銀行代表取締役頭取兼最高執行役員。
  • 2011年(平成23年)4月 - 三井住友フィナンシャルグループ取締役会長[1]
  • 2012年(平成24年) - 役員報酬1億2100万円。
  • 2013年(平成25年) - 役員報酬1億2200万円[2]
  • 2017年(平成29年)- 三井住友フィナンシャルグループ取締役。

脚注[編集]

  1. ^ 『株式会社三井住友フィナンシャルグループ有価証券報告書 ‐ 第9期』
  2. ^ 「"年収1億円超"の上場企業役員443人リスト」東洋経済オンライン2015年03月18日