悠仁親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
悠仁親王
続柄 秋篠宮文仁親王第一男子(今上天皇皇孫)
全名 悠仁
身位 親王
敬称 殿下
お印 高野槇
出生 2006年9月6日(10歳)
日本の旗 日本東京都港区愛育病院
父親 秋篠宮文仁親王
母親 秋篠宮妃紀子
テンプレートを表示
天皇一族と諸王

悠仁親王(ひさひとしんのう、2006年平成18年〉9月6日 - )は、日本皇族秋篠宮文仁親王同妃紀子の第一男子。身位親王皇室典範に定める敬称殿下お印高野槇皇位継承順位第3位。今上天皇の皇孫であり、姉に眞子内親王佳子内親王がいる。

皇室において40年9か月振りの皇子であり、21世紀敬宮愛子内親王に次ぐ二人目の皇族である。

住居は東京都港区元赤坂二丁目の赤坂御用地内にある秋篠宮・宮邸。1997年(平成9年)3月からは旧秩父宮邸を使用している。

略歴[編集]

お印に選ばれた高野槇

2006年平成18年)9月6日 午前8時27分、東京都港区愛育病院にて誕生した。出生時の身長は48.8cm体重は2558g

皇室史上初めて帝王切開により誕生した。秋篠宮家においては佳子内親王以来12年ぶりの子女の誕生であり、皇室においては父である秋篠宮文仁親王以来、約40年9か月ぶりの男子である。

誕生当日に、賜剣の儀が行われ、祖父である今上天皇から守り刀(天田昭次英語版作)が贈られた[1]9月12日命名の儀が行われ「悠仁」と名付けられた。「ゆったりとした気持ちで、長く久しく人生を歩んでいくことを願って」、また過去の皇族との重複を避けつつ音と意味を重視して、父・秋篠宮文仁親王が字を選んだ[2]。家族からは「ゆうゆう」の愛称で呼ばれている[3]お印高野槇で、「大きく、まっすぐに育ってほしい」との思いが込められている[2]

誕生の前年、2005年(平成17年)には皇族男子の不足から皇位継承問題が表面化していたこともあり、各地で奉祝をもって迎えられた。明治神宮をはじめ、各地の神社神社庁で、神輿の奉納・提灯行列・奉祝行進など祝賀行事が行われた。悠仁親王の誕生によって、皇統断絶の危機が当面は解消されたことで、皇室典範改正案の提出は見送られた。

愛育病院からの退院時、宮邸のある赤坂御用地までの沿道には約1800人が集まった。警備は警視庁機動隊など計1200人態勢で行なわれた[4]

2010年(平成22年)4月にお茶の水女子大学附属幼稚園に入園した。母である秋篠宮妃紀子が同大学を拠点に研究活動を行っていることから、女性研究者を支援するために同大学が創設した特別入園制度での合格によるもので[5]、悠仁親王が適用第一号である。

2011年(平成23年)春にも、着袴の儀が予定されていたが、東日本大震災を受け延期された[6]。同年11月3日、赤坂東邸で、着袴の儀と深曽木の儀に臨んだ[7]

2012年(平成24年)11月7日、秋篠宮・秋篠宮妃とともに奈良県橿原市神武天皇陵に参拝し、玉串をささげた[8]。悠仁親王が御陵を参拝するのはこれが初めてである。

同年12月14日、2013年(平成25年)4月にお茶の水女子大学附属小学校へ入学することが発表された[9]。戦後、皇族が学習院初等科以外の小学校に入学するのは初めてである。2013年4月7日、両親の秋篠宮と同妃紀子とともに、小学校の入学式に参加した[10]

2013年(平成25年)3月15日、お茶の水女子大学附属幼稚園卒業につき、両親とともに、武蔵野陵昭和天皇陵)と武蔵野東陵(香淳皇后陵)を参拝した。同年3月25日から2日間、三重県伊勢神宮に参拝した。

同年12月10日沖縄県糸満市にある沖縄戦跡国定公園に供花、平和の礎を見学した。

2016年(平成28年)8月3日新潟県津南町の『農と縄文の体験実習館なじょもん』[11]縄文土器を見学した[12]。10歳の誕生日には、秋篠宮邸の庭で田んぼや野菜を作っていることが発表された[13][14]

逸話[編集]

祝辞[編集]

誕生時には、21か国の元首から天皇皇后夫妻へ、31か国の元首から天皇へ、それぞれ皇孫誕生の祝電が寄せられた[15]

祝賀[編集]

天皇・皇后が初めて見舞いに訪れた際には、白いベビーシューズを母子に贈った。この靴は、悠仁親王1歳の誕生日の記念写真でソファ脇の机に飾られているのを見ることができる[16]

トルコトプカプ宮殿博物館からは国宝「金のゆりかご」が貸し出され、2007年(平成19年)8月から9月まで東京都美術館で開催された「トプカプ宮殿至宝展」で特別展示された[17]。これは門外不出の国宝で、トプカプ宮殿博物館館長の厚意により実現したもの。

お印高野槇と決まった後、高野槇を市の木とする岐阜県中津川市の中津川観光協会が高野槇の写真入のパンフレット用紙袋を製作した。また高野槇の名の由来である高野山への交通手段である南海電気鉄道では、誕生記念として難波駅で高野槇1000本を乗客に無料配布した。

記帳所[編集]

悠仁親王は皇室では41年ぶりの男子誕生だったが、宮内庁はあくまで一宮家の生まれであるとして誕生を祝うための記帳所を設けなかった。しかし地方自治体寺社などでは独自に記帳所を設けたところもあった。

国内外メディアの報道[編集]

悠仁親王の誕生は世界各国のメディアで報道された。王室を持つイギリスでは日本の皇位継承問題に関心があったこともあり、BBCニュースはトップニュースで報道[18]アメリカCNNでは速報で東京特派員が「It's a boy!」と伝えた。またアメリカのニューヨーク・タイムズ紙電子版やTIME[19]中国新華社通信韓国聯合ニュース朝鮮日報[20]なども速報記事や特集記事を出した。また日本国内でも各メディアが報じたが、独立局である三重テレビでは10:59のスポットCM枠で特設ニュース枠が設けられ報じられた。

系譜[編集]

悠仁親王 父:
文仁親王秋篠宮
祖父:
今上天皇
曾祖父:
昭和天皇
曾祖母:
香淳皇后
祖母:
皇后美智子
曾祖父:
正田英三郎
曾祖母:
正田富美子
母:
紀子
祖父:
川嶋辰彦
曾祖父:
川嶋孝彦
曾祖母:
川嶋紀子
祖母:
川嶋和代
曾祖父:
杉本嘉助
曾祖母:
杉本栄子


系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
122 明治天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
123 大正天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
124 昭和天皇
 
秩父宮雍仁親王
 
高松宮宣仁親王
 
三笠宮崇仁親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
125 今上天皇
 
常陸宮正仁親王
 
寛仁親王
 
桂宮宜仁親王
 
高円宮憲仁親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
皇太子徳仁親王
 
秋篠宮文仁親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
悠仁親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

称号・宮号の有無や敬称の表記など[編集]

宮家(秋篠宮家)の生まれであり、また当主ではないため、「礼宮」のような称号は持たず「秋篠宮」という宮号も冠さない。

身位・敬称を含めた表現は宮内庁公式HPでは「悠仁親王殿下」と表記している。なお、宮家の嗣子を呼ぶ際の古い慣習(詳細は若宮を参照)に従えば「秋篠若宮」と呼称することができる。 ただし、幼稚園においては姉の眞子内親王佳子内親王同様、便宜上「秋篠宮」を名字の代わりとして用いている[注釈 1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2010年(平成22年)4月9日 朝日新聞「悠仁さま、幼稚園の入園式」入園式では"秋篠宮悠仁さん"と呼ばれた

出典[編集]

  1. ^ “紀子さまご出産 「お祝いありがとう」 陛下、国際会議で予定外のお言葉”. 読売新聞 (読売新聞社): p. [要ページ番号]. (2006年9月7日) 
  2. ^ a b “秋篠宮家ご長男に命名 『悠仁さま』 ゆったりと長い人生を願い”. 読売新聞 (読売新聞社): p. [要ページ番号]. (2006年9月7日) 
  3. ^ “皇室:「ゆうゆう」より大きいよ 秋篠宮ご夫妻、千葉・鴨川を旅行”. 毎日jp (毎日新聞社). (2012年4月9日). オリジナル2012年11月14日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20121114093436/http://mainichi.jp/feature/koushitsu/news/20120407dde041040054000c.html 2013年10月18日閲覧。 
  4. ^ “紀子さまと悠仁さま退院”. Web東奥 (東奥日報社). (2006年9月15日). オリジナル2006年10月21日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20061021171856/http://www.toonippo.co.jp/douga/koushitsu/news2006/20060915.html 2013年10月18日閲覧。 
  5. ^ “悠仁さまがお茶大幼稚園へ 3年保育、来春から”. 読売新聞 (読売新聞社): p. [要ページ番号]. (2009年12月3日) 
  6. ^ 「天皇ご夫妻が見せた「決意」と「象徴天皇」の形」、『週刊朝日』2011年4月29日号、朝日新聞出版、 [要ページ番号]
  7. ^ “悠仁さま、着袴と深曽木の儀=成長祝い、男子で41年ぶり” (時事通信). Yahoo!ニュース (Yahoo Japan). (2011年11月3日). オリジナル2011年11月6日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20111106004523/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111103-00000041-jij-soci 
  8. ^ “悠仁さま、神武天皇陵を参拝”. 日本経済新聞 電子版 (日本経済新聞社). (2012年11月7日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG07030_X01C12A1CR8000/ 2013年10月18日閲覧。 
  9. ^ “悠仁さま お茶の水女子大付属小学校に”. MSN産経ニュース (産業経済新聞社). (2012年12月14日). オリジナル2013年4月13日時点によるアーカイブ。. http://wayback.archive.org/web/20130413024549/http://sankei.jp.msn.com/life/news/121214/imp12121418400001-n1.htm 2013年10月19日閲覧。 
  10. ^ “悠仁さま、お茶の水女子大付属小学校にご進学”. MSN産経ニュース (産業経済新聞社). (2013年4月7日). オリジナル2013年9月28日時点によるアーカイブ。. http://wayback.archive.org/web/20130928214343/http://sankei.jp.msn.com/life/news/130407/imp13040711040001-n1.htm 2013年10月19日閲覧。 
  11. ^ 農と縄文の体験実習館なじょもん”. なじょもん. 2016年9月6日閲覧。
  12. ^ “縄文時代を体験する施設に…悠仁さま夏休み”. 日テレNEWS24 (日本テレビ). (2016年8月3日). http://www.news24.jp/articles/2016/08/03/07337062.html 2016年9月20日閲覧。 
  13. ^ “悠仁さま 10歳の誕生日”. NHK NEWS WEB (日本放送協会). (2016年9月6日). オリジナル2016年9月5日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20160905225234/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160906/k10010671501000.html 2016年9月6日閲覧。 
  14. ^ “悠仁さま、10歳の誕生日 稲作や野菜づくりに夢中”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2016年9月6日). http://www.asahi.com/articles/ASJ954J0KJ95UTIL01C.html 2016年9月6日閲覧。 
  15. ^ 官報本紙皇室事項欄(2006年(平成18年)11月10日付及び同年12月13日付)。
  16. ^ “悠仁さま満1歳”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2007年9月6日). オリジナル2013年5月1日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/q7ExF 2013年10月18日閲覧。 ※写真2枚目
  17. ^ 休日お出かけ情報 トプカプ宮殿の至宝展”. BPnet セカンドステージ. 日経BP社 (2007年8月22日). 2011年9月29日閲覧。
  18. ^ “Japan princess gives birth to boy” (英語). BBC NEWS (BBC). (2006年9月6日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/asia-pacific/5316266.stm 2016年9月20日閲覧。 
  19. ^ Walsh, Bryan (2006年9月5日). “Japan Celebrates: It's a Boy!” (英語). TIME (Time Inc). http://content.time.com/time/world/article/0,8599,1531895,00.html 2016年9月20日閲覧。 
  20. ^ “【速報】秋篠宮紀子妃、男児出産”. Chosun Online 朝鮮日報 (朝鮮日報JNS). (2006年9月6日). オリジナル2007年9月1日時点によるアーカイブ。. http://wayback.archive.org/web/20070901000000/http://www.chosunonline.com/article/20060906000008 2013年10月19日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]