正論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

正論(せいろん)は、道理を説くについて正しいものであると評価する呼び方である。事実に関する議論や認識論について用いられることはあまりなく、ほとんどの場合が「**であるべきだ」という当為についての論である。そのため、論の対象は道徳倫理規範政策など、公共的な要素をもつものが多い。

実際の用法として多く見られるのは、多数が流されている状況に対する正しい少数派的意見、価値の多様化に対する堅くて古い感じのする常識意見、というニュアンスの評としての用法である。ただしこの種の範囲に限るわけではない。

問題に対する最適解ではあるが、既存の仕組みの大変革が必要で実行が難しい場合に、その指摘として用いられることが多い。

関連項目[編集]