正田英三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
しょうだひでさぶろう
正田 英三郎
生誕 (1903-09-21) 1903年9月21日
日本の旗 日本群馬県邑楽郡館林町
(現:館林市
死没 (1999-06-18) 1999年6月18日(95歳没)
住居 東京都品川区
出身校 東京商科大学(現:一橋大学
職業 日清製粉グループ会長
配偶者 副島富美子
子供 正田巌(長男)
美智子(長女)
正田恵美子(次女)
(次男)
正田貞一郎(父)
正田きぬ(母)
親戚 正田文右衛門(3代)(曾祖父)
正田作次郎(祖父)
正田文右衛門(5代)(祖父)
正田建次郎(兄)
水島三一郎(義弟)
正田彬(甥)
水島恵一(甥)
水島裕(甥)
今上天皇(孫)
秋篠宮文仁親王(孫)
黒田清子(孫)
愛子内親王(曾孫)
眞子内親王(曾孫)
佳子内親王(曾孫)
悠仁親王(曾孫)

正田 英三郎(しょうだ ひでさぶろう、1903年明治36年)9月21日 - 1999年平成11年)6月18日)は、日本実業家日清製粉グループ会長。日清製粉会長。日清製粉グループの創業者・正田貞一郎の三男として生まれたが、長兄・明一郎(貞一郎の長男)が早世し、次兄・建次郎(貞一郎の次男)が数学者となったので、英三郎が父の跡を継ぎ、製粉業界最大手の日清製粉グループ本社の社長会長を歴任した。

上皇后美智子の父であり、第126代天皇徳仁の母方の祖父にあたる。

略歴[編集]

正田家の人々(1914年・大正3年)
後列右が英三郎。 前列左の弟・順四郎と共に東京高師附属小(現:筑波大附属小)の制服を着ている

家族・親族[編集]

1935年(昭和10年)頃の正田一家。右から英三郎、長男・巌、長女・美智子、妻・冨美子。

正田家[編集]

系譜[編集]

正田家(群馬県館林市東京都
六三郎…(略)…文右衛門━┳━文右衛門
             ┃          ┏━明一郎
             ┃          ┣━はる
             ┗━作次郎━━貞一郎 ┃
                     ┃  ┃  多美 ┏━彬
                     ┃  ┃  ┣━━╋━絢子
                     ┣━━╋━建次郎 ┗━さだ子
                     ┃  ┃  ┣━━━━紘
                     ┃  ┃  禎子
                     きぬ ┃
                        ┣━勅子
                        ┣━英三郎
                        ┃  ┣━━┳━巌
                        ┃ 冨美子 ┣━美智子
                        ┃     ┣━恵美子
                        ┣━祐子  ┗━修
                        ┣━順四郎
                        ┃  ┣━━━━紀子
                        ┃  郁子
                        ┃
                        ┣━千鶴子
                        ┣━篤五郎
                        ┃  ┣━━━━晋一郎
                        ┃  公子
                        ┃
                        ┗━和子

なお、上記の系図のうち正田建次郎の係累については『昭和人名辞典 第1巻 東京編』504頁、831-832頁を、正田順四郎の係累については同書503頁を出典とする。


脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 1970 5月 美智子妃殿下の父方祖母・正田きぬさんが 9日逝去 2019年10月15日閲覧。
  2. ^ 正田家家系図 - ehoh.net | 忍者ホームページ - 忍者ツールズ 2019年10月15日閲覧。
  3. ^ 『美智子皇后「40年の心模様」』(小学館文庫、2000年)第一章
  4. ^ 正田家(日清製粉・正田英三郎・正田修・正田巌の経歴・家系) - 閨閥学 -偉人たちの経歴・家族・子孫- 2019年10月15日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]


先代:
星野唯三
日清製粉社長
第4代:1945年 - 1973年
次代:
石井良雄
先代:
正田貞一郎
日清製粉会長
第2代:1973年 - 1981年
次代:
佐伯孝