泉萬喜子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

泉亭萬喜子(いずみてい まきこ、嘉永3年(1850年) - 明治14年(1881年9月24日)は、久邇宮朝彦親王女房で、第2代久邇宮邦彦王の生母。泉萬喜子とも呼ばれる。

父は下賀茂神社社家の家系で京都府出身の士族泉亭俊益(叙従二位)。姉は同じく久邇宮家の家女房で、邦彦王の異母兄賀陽宮邦憲王の生母である泉亭静枝子

香淳皇后の祖母、上皇の曾祖母、今上天皇の高祖母にあたる。墓は京都府内の久邇宮家の墓地にある。

子女[編集]

久邇宮朝彦親王[編集]

系図[編集]

明仁の系譜
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
16. 121代天皇
孝明天皇
 
 
 
 
 
 
 
8. 122代天皇
明治天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
17. 中山慶子
 
 
 
 
 
 
 
4. 123代天皇
大正天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
18. 柳原光愛
 
 
 
 
 
 
 
9. 柳原愛子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
19. 長谷川歌野
 
 
 
 
 
 
 
2. 124代天皇
昭和天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20. 九条尚忠
 
 
 
 
 
 
 
10. 九条道孝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
21. 菅山
 
 
 
 
 
 
 
5. 貞明皇后
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
22. 野間頼興
 
 
 
 
 
 
 
11. 野間幾子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1. 125代天皇
明仁
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
24. 伏見宮邦家親王
 
 
 
 
 
 
 
12. 久邇宮朝彦親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
25. 鳥居小路信子
 
 
 
 
 
 
 
6. 久邇宮邦彦王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
26. 泉亭俊益
 
 
 
 
 
 
 
13. 泉萬喜子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3. 香淳皇后
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
28. 島津久光
島津斉興五男)
 
 
 
 
 
 
 
14. 島津忠義
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
29. 島津千百子
 
 
 
 
 
 
 
7. 島津俔子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
30. 山崎拾
 
 
 
 
 
 
 
15. 山崎寿満子