賀陽宮邦憲王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
賀陽宮邦憲王
Kaya Kuninori.jpg
身位
敬称 殿下
His Imperial Highness
出生 1867年7月2日
日本の旗 日本京都
死去 (1909-12-08) 1909年12月8日(満42歳没)
日本の旗 日本京都府京都市
配偶者 醍醐好子
子女 由紀子女王
恒憲王
佐紀子女王
父親 久邇宮朝彦親王
母親 泉亭静枝子
役職 伊勢神宮祭主
テンプレートを表示

賀陽宮邦憲王(かやのみや くにのりおう、1867年7月2日慶応3年6月1日) - 1909年明治42年)12月8日)は、日本の皇族伊勢神宮祭主第125代今上天皇大伯父にあたる[1]

生涯[編集]

久邇宮朝彦親王の第二王子で、母は家女房泉亭静枝子。幼名を巌麿王また巌宮とも。

1874年(明治7年)3月15日、名を巌麿王とするが、1886年(明治19年)7月21日に邦憲と改名する。王は第二王子であるが、兄王は生後間も無く薨去している為実質長男であり、久邇宮の継嗣であったが生来病身の為、弟の邦彦王に家督を譲った。

1891年(明治24年)父の朝彦親王が薨去。これを受けて邦彦王は久邇宮を継承、邦憲王は結婚を控え京都に一家を構えるにあたり新たな宮家設立を明治天皇に請願し勅許を得、1892年(明治25年)11月17日、結婚に先立ち賀陽宮の称号を賜わる。賀陽宮の名は、朝彦親王邸のの木に由来する。また、江戸期に親王号を一時剥奪されるまで、父の朝彦親王が称していた宮号でもある。翌日の11月26日従一位侯爵醍醐忠順の長女醍醐好子と結婚する。好子妃との間に1男2女をもうける。

1895年(明治28年)、伊勢神宮祭主に就任。1900年(明治33年)5月9日に賀陽宮家を創立(これは、先の25年の時点で称号としての賀陽宮ではあったが王家には非ず、久邇宮家の一員であった事を意味する)。1903年(明治36年)、大勲位菊花大綬章を受章。1909年(明治42年)12月、腸狭管症のため[2]42歳で薨去する。

栄典[編集]

血縁[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 小田部雄次 『皇族』 中央公論新社〈中公新書〉、2011年ISBN 978-4-12-102011-6
  2. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)8頁
  3. ^ 『官報』第6103号「叙任及辞令」1903年11月4日。