正田作次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

正田 作次郎(しょうだ さくじろう、1846年弘化3年) - 1871年7月9日明治4年5月22日))は、横浜商人(外国米輸入商)。族籍は群馬県平民[1][2]日清製粉の創業者正田貞一郎は長男。数学者の正田建次郎や日清製粉名誉会長正田英三郎は孫。

上皇后美智子曽祖父第126代天皇秋篠宮文仁皇嗣高祖父

人物[編集]

上野国館林(現・群馬県館林市)出身[3]米穀商三代正田文右衛門の二男。正田家は代々「米文」の暖簾のもとに米問屋を家業としていた。作次郎は幕末の動乱時代に成長した。幼少の時から文学を愛好し、漢学は田中泥斎に師事し、書は掖山について習得した。

小生川(現・栃木県足利市福富町)で代々代官をしていた格式の高い家柄である長家の長女幸と結婚。間もなく横浜へ出た。住居は野毛山に家を新築した。

作次郎は南京米輸入などを業として手広く貿易を行っていた[4]。輸入商のかたわら、岸田吟香等とともにヘボン博士から英語を学んだ。1871年、風邪のため26歳で亡くなった。

家族・親族[編集]

正田家

脚注[編集]

  1. ^ a b 『人事興信録 第5版』し43頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年2月5日閲覧。
  2. ^ a b 『人事興信録 第6版』し24頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年11月17日閲覧。
  3. ^ a b 『財界一百人』53 - 56頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年11月17日閲覧。
  4. ^ a b c d e 『非常時財界の首脳』87 - 90頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年2月5日閲覧。
  5. ^ 『群馬県営業便覧 附・繁昌記』416 - 417頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年2月5日閲覧。

参考文献[編集]

  • 遠間平一郎(妖星)『財界一百人』中央評論社、1912年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第5版』人事興信所、1918年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第6版』人事興信所、1921年。
  • 武田経済研究所『非常時財界の首脳』武田経済研究所、1938年。
  • 群馬県邑楽郡館林町編『館林人物誌』群馬県邑楽郡館林町、1941年。
  • 菊地浩之『日本の地方財閥 知られざる経済名門』平凡社、2012年。

関連項目[編集]