正田文右衛門 (3代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三代 正田 文右衛門(さんだい しょうだ ぶんえもん、1818年8月3日文政元年7月2日) - 1895年明治28年)3月26日)は、群馬県館林商人(米穀商、質屋)、醤油醸造家。正田醤油の基礎を作った[1]。幼名藤十郎家督を継ぐと、先代文右衛門を襲名し、隠居後更に文七と改めた[1]。実業家の正田貞一郎は孫。上皇后美智子は玄孫にあたる。

生涯[編集]

館林で生まれた[1]。祖父の業を継ぎ米穀商を営み、その傍らで質屋も家業とした[1]。17歳のころより盛んに販路を江戸へ拡張し、常に高瀬舟数十隻を利根川渡良瀬川の両川に浮かべ、大量取引に役だてた[1]。とくに東国での大麦の評判は高く、「本館麦」として世間にその名が広まった[1]

また、海路遠く大阪までその影響力が及んで、当時、道頓堀において「上州米文」の名でよく相場の変動が左右された[1]。また、中央商人と地方商人とのために為替業を営み、その取引を円滑にした[1]1870年2月、孫の貞一郎が横浜で誕生した。

1873年、米穀業を廃して醤油醸造業を始めた[1]。今日の正田醤油の基礎を作った[1]1895年3月26日、病のため没した[1]。石町、常光寺に葬られた[1]。遺言により山積する流質物を質入主に無償で返した[1]。石町常光寺の文右衛門の墓石に蘭舟高橋濟撰文の墓誌銘があり、全文約二百三十字より成る[1]

人物[編集]

人柄[編集]

平素から仕事に励み、倹約であり、京阪へ行くにも絹布をまとわなかった[1]。父母にも孝行を尽くし、母が目の病を患ったときは、端午の節句で来客が多いときであったが、上州藤岡に名医がいると聞けば、徹夜して母を連れて行って治療させ、失明の難を逃れたこともあった[1]

業務の余暇に、将棋をたしなんだ[1]。28歳のときに二段になるほどの腕前だった[1]。しかし業務の妨害になると思い、これをやめてしまった[1]

住所は館林目車町(現・館林市栄町)。

交流[編集]

文右衛門は1873年、醤油醸造業を始めた。文右衛門は千葉県野田の二代茂木房五郎と昵懇であったので、創業に当たりその指導を受けた。醤油醸造技術の図面の巻物が正田醤油に秘蔵してあるが、巻頭に房五郎の長男初代茂木啓三郎の序文が記されている。それによると、

三代目正田文右衛門君は正田家中興の祖先にして、故ありて家政を革ため醤油業を営まんとして、予が父にこれが設計を請いたるに父も亦君の質実剛健なる高風を慕い快諾し、経営方法及詳細なる図面を認めたり。又五代目文右衛門君の如き爾来これを徳とし奮闘努力せられ、男敏一郎君を指導教養以て積年丹精し効成り、大正七年一月一日断然組織を改め、時勢に順応し正田醤油株式会社とし、自から社長となる。予が父の遺書たる一片の端出たるに、これを徳とせられ正田家に伝えんとして巻物となし、予に序を需めらる。吾元来浅学短才なるも正田醤油株式会社の監査役たるにより書して茲に記載するもの也 — 昭和八年一月元旦 茂木啓三郎

家族・親族[編集]

正田家

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 『館林人物誌』138 - 139頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年1月1日閲覧。
  2. ^ a b 『財界一百人』53 - 56頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年7月26日閲覧。
  3. ^ a b c 『人事興信録 第4版』し40頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年7月25日閲覧。

参考文献[編集]

  • 遠間平一郎(妖星)『財界一百人』中央評論社、1912年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第4版』人事興信所、1915年。
  • 群馬県邑楽郡館林町編『館林人物誌』群馬県邑楽郡館林町、1941年。

関連項目[編集]


徳仁の系譜
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
16. 122代天皇
明治天皇
 
 
 
 
 
 
 
8. 123代天皇
大正天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
17. 柳原愛子
 
 
 
 
 
 
 
4. 124代天皇
昭和天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
18. 九条道孝
 
 
 
 
 
 
 
9. 貞明皇后
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
19. 野間幾子
 
 
 
 
 
 
 
2. 125代天皇
明仁
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20.久邇宮朝彦親王
 
 
 
 
 
 
 
10. 久邇宮邦彦王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
21. 泉萬喜子
 
 
 
 
 
 
 
5. 香淳皇后
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
22. 島津忠義
 
 
 
 
 
 
 
11. 島津俔子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
23. 山崎寿満子
 
 
 
 
 
 
 
1. 126代天皇
徳仁
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
24. 正田作次郎
正田文右衛門 (3代)次男)
 
 
 
 
 
 
 
12. 正田貞一郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
25. 正田幸
 
 
 
 
 
 
 
6. 正田英三郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
26. 正田文右衛門 (5代)
 
 
 
 
 
 
 
13. 正田きぬ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
27. 正田あつ
 
 
 
 
 
 
 
3. 上皇后美智子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
28. 副島哲吾
 
 
 
 
 
 
 
14. 副島綱雄
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
7. 正田富美子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
15. 副島アヤ