渡良瀬川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
渡良瀬川
渡良瀬川 2007年3月28日撮影
錦桜橋付近(桐生市)
水系 一級水系 利根川
種別 一級河川
延長 107.6[1] km
水源の標高 2,144 m
平均流量 -- /s
流域面積 2,621 km²
水源 皇海山(日光市
河口・合流先 利根川古河市/加須市
流域 栃木県群馬県茨城県埼玉県
テンプレートを表示

渡良瀬川(わたらせがわ)は、北関東を流れる利根川水系利根川支流の一級河川である。流路延長107.6kmは利根川の支流中で、鬼怒川小貝川に次いで第3位の長さを持つ。流域面積2,621km2は利根川の支流中では最大である。

地理[編集]

栃木県日光市と群馬県沼田市との境にある皇海山(すかいさん)に源を発し、足尾山塊の水を集め草木ダムを経て南西に流れる。群馬県みどり市で南東へ向きを変え、桐生市から足利市太田市佐野市館林市など、おおむね群馬・栃木の県境付近(両毛地域)を東南東へ流れる。

栃木県栃木市藤岡地域で明治・大正期に開削された洪積台地を東へ抜けた後、南に向きを変え、渡良瀬遊水地に入り巴波川(うずまがわ)、思川を併せる。茨城県と埼玉県の県境を南へ流れ、茨城県古河市と埼玉県加須市の境界で利根川合流する。

一般的に日光市足尾地区渡良瀬にある神子内川との合流部から下流が渡良瀬川であり、これより上流は松木川(まつきがわ)と呼び分けられている。なお国土交通省では、足尾ダムから神子内川までの合流部分も含めて渡良瀬川と定めている。また、足尾ダムよりも上流部の松木川も渡良瀬川と呼ぶことがある。

名称の由来[編集]

上流にある足尾町の渡良瀬という地名に由来する[2]。伝承によれば、この地名は日光を開山した勝道上人による命名である。勝道上人が川を渡ろうとしたところ、渡るのにちょうど良い浅瀬があったのでその場所を渡良瀬と名づけたという。

歴史[編集]

渡良瀬川はおよそ5万年前までは現在のみどり市付近からは南向きに深谷市方向へ流れ、利根川へ合流した[3]。その後、渡良瀬川は東向きへ流路を変え、現在の板倉町付近から南下し大利根町付近で思川と合流し、東京湾へ注いだ [4][5]。およそ5000年前の縄文海進時は渡良瀬川河道には板倉町付近まで東京湾が湾入した。

古代から中世まで、足利市付近より下流は矢場川が渡良瀬川の本流であった。板倉町付近は大曲・細谷付近(館林市との境界)を蛇行しながら東へ流れて行き、藤岡台地(洪積台地)の縁に当たって向きを変え南下していた。この河道は上野国下野国の国境となっていた[6]

板倉町の海老瀬(本郷)地区で南下から再び東へ向きを変え、洪積台地の幅が狭くなった地点を掘り割る形で旧谷中村方向へ向けて流れていた[7][8]。ここを抜けた後は、海老瀬地区と旧谷中村の境界を屈曲しながら南流し、七曲がりと呼ばれた。加須市小野袋で旧合の川と合流し[9]上野国武蔵国の国境を流れ(長さ約1km)、古河市のすぐ西で思川と合流した。

思川との合流以降南流し、武蔵国下総国の国境を4km流れた後[10]、下総国葛飾郡を50km貫流し東京湾へ注いだ。現在の江戸川の流路に近く[11]、「太日川」(ふといがわ)と呼ばれていた。当時の利根川とはほぼ平行して流れ、東京湾への河口も異なっていた。

戦国時代後期に、矢場川から分離させ渡瀬川の河道を移す工事が行われ[12][13]、新たな渡瀬川本流となった。

元和7年(1621年)に新たな利根川本流河道として新川通を開削し、加須市旗井(久喜市栗橋の北1km)で利根川が渡良瀬川に接続され、以後は、渡良瀬川は利根川の支流となった。

寛文4年(1664年)に、矢場川を館林市木戸から下早川田まで開削し渡瀬川本流に合流させた。この新たな矢場川河道(および合流点より下流の渡瀬川)に合わせて上野国・下野国の国境も移動された[14]

大正7年(1918年)に藤岡台地を開削・通水し、藤岡町赤麻[15]渡良瀬遊水地を経由する河道となった。

支流[編集]

河川施設[編集]

邑楽頭首工
  • 足尾砂防ダム
  • 草木ダム
  • 高津戸ダム
  • 渡良瀬遊水地
  • 庚申ダム(庚申川)
  • 黒坂石ダム(黒坂石川)
  • 桐生川ダム(桐生川
  • 松田川ダム(松田川)
  • 南摩ダム思川左支川南摩川)
  • 大間々頭首工
  • 太田頭首工
  • 邑楽頭首工

橋梁[編集]

上流

足尾ダムと銅橋
古河橋

中流

はねたき橋
中橋

下流

新三国橋

脚注[編集]

  1. ^ 国土交通省 関東地方整備局 渡良瀬川河川事務所『渡良瀬川を知ろう』 2016年3月3日閲覧
  2. ^ 渡良瀬川 - こがナビ(古河市観光協会)
  3. ^ 当時の利根川はその付近から南向きの流れとなり、現在の荒川の流路を通り東京湾へ注いだ。
  4. ^ 先史時代の利根川水系とその変遷」菊地隆男、アーバンクボタ、1981年。
  5. ^ 利根川もおよそ3000年前に東向きへ河道を変え、分流しながら渡良瀬川の流路地帯(加須から越谷)へ向かって流れるようになり(大落古利根川など)、分流の一部は渡良瀬川に合流した。
  6. ^ 歴史的農業環境閲覧システム - 農業環境技術研究所、2016年3月23日閲覧。
  7. ^ 現在の板倉川の約400m北の地点にあたる。これが自然の開削なのか人工なのかは異論がある。
  8. ^ この地点の川の断面積は小さく水位が上昇して板倉町側に波及し堤防決壊が起きやすかった。棒出しなどによる下流の水位にも影響を受けた。
  9. ^ 合流点には現在の谷田川が流れ込んでいる。
  10. ^ 渡良瀬川は思川との合流以降、途中で利根川と合流しながら武蔵国下総国の国境を加須市川口まで8km流れていたという考えもある(「越谷市内とその周辺の河川の歴史」2016年9月24日閲覧)。
  11. ^ 国土交通省 関東地方整備局 渡良瀬川河川事務所『渡良瀬川のうつりかわり』 2016年3月3日閲覧
  12. ^ 足利市借宿の北を通る河道や、板倉町除川・西岡の北を通る河道などの開削工事が行われた。
  13. ^ 「板倉町と水辺」松浦茂樹、国際地域学研究2009年3月
  14. ^ 現在の群馬県館林市・板倉町と栃木県足利市・佐野市・藤岡町との境界にあたる。
  15. ^ 旧谷中村の北にあたり、赤麻沼があった。開削された河道は藤岡新川と呼ばれた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]