古河城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
logo
古河城
茨城県
諏訪曲輪土塁・堀(古河歴史博物館)
諏訪曲輪土塁・堀(古河歴史博物館
城郭構造 平城(平山城)
天守構造 御三階櫓(独立式層塔型3層4階 1633年築 非現存)
築城主 下河辺行平
築城年 平安時代末(1180年頃)
主な改修者 小笠原秀政松平康長土井利勝
主な城主 足利成氏古河公方)、土井利勝
廃城年 明治6年(1873年
遺構 堀、土塁
指定文化財 乾門(市指定・建造物)他
位置 北緯36度11分12.76秒
東経139度41分43.75秒
座標: 北緯36度11分12.76秒 東経139度41分43.75秒

古河城(こがじょう)は、現在の茨城県古河市下総国)の渡良瀬川東岸にあった日本の城

室町時代には、古河御陣とも呼ばれ、北朝足利氏の拠点の一つであった。古河公方の本拠となった時期については古河御所(こがごしょ)とも呼ばれる。なお、古河鴻巣の古河公方館も御所と呼ばれるため、混同しないように注意する必要がある。

概要[編集]

古河城の起源は、平安時代末期あるいは鎌倉時代初期に、下河辺行平が古河の立崎(竜崎)に築いた城館とされている。室町時代には、古河公方足利成氏が本拠とし、以後、戦国時代の関東における中心の一つとなった。江戸時代には、多くの譜代大名が入れ替わりで城主を務め、近代城郭として整備された。古河藩庁が置かれ、行政機能を担うとともに、将軍日光社参時の宿として、あるいは江戸城の北方の守りとしても機能した。明治時代初期の廃城令により廃城となり、明治末に開始された渡良瀬川の改修工事により、残された城跡も大半が消滅した。渡良瀬川の堤防上、三国橋新三国橋の中間付近には「古河城本丸跡」と書かれた標柱と古河史楽会作成の説明板が設置されている。(河川占有許可期間終了のため2016年12月現在、説明板は撤去されている。)

古河史楽会が作成した古河城の説明板。(2015年5月3日撮影)

古河城は渡良瀬川の河畔にあり、城の位置付けは人と川との関わりに影響されてきた。 渡良瀬川は、上流では主に栃木県群馬県の県境近辺を流れ、下流では太日川(今の江戸川)と名前を変え、千葉県埼玉県の県境近辺を利根川と並行して、東京湾に流れ出ていた。従って、関東を東西に分かつ境界線であると同時に、河川交通により北関東および東京(江戸)・房総を結ぶ物流と交通の幹線であった。このような地理的条件により、中世および近世には重要拠点とされたが、近代に治水が重視されるようになると、大規模な河川改修事業により、下流の関宿城と同様に城跡が徹底的に破壊された。

歴史・沿革[編集]

平安時代末 - 鎌倉時代(城の起源)[編集]

平安時代末、源頼朝に従った武将・下河辺行平が古河の立崎(竜崎)に城館を築いた(『永享記』等[1])。正確な時期は分らないが、行平が活躍し始めた1180年頃が目安となる。立崎は渡良瀬川とその東側に広がる沼地にはさまれた半島状の台地であった。[2] [3] [4]  行平を荘司とする下河辺庄は、茨城県古河市千葉県野田市埼玉県幸手市吉川市三郷市など、渡良瀬川とその下流の太日川(今の江戸川)に沿って広がっており、河川交通により結ばれていた。[3]

このころ、以仁王の挙兵にて敗死した源頼政の首を従者(下河辺行義?)が持ち帰り、立崎に葬ったと言い伝わる[2] [5]。近世古河城では頼政曲輪の頼政神社になる。

行平以後、北条氏鎌倉幕府の実権を握ると、北条氏の支配下に移ったと考えられる。[3]

室町時代 - 戦国時代(古河公方の本拠)[編集]

室町時代前期の南北朝時代北朝足利氏の拠点の一つであった。[6]

室町時代後期から戦国時代にかけては、古河公方の本拠となる。(詳細は「古河公方」参照)

享徳の乱において、第5代鎌倉公方足利成氏関東管領上杉氏と争い、享徳4年(1455年)、今川範忠鎌倉を占拠されると、下総古河に本拠を移した。「古河公方」の成立である。成氏の勢力範囲は、当時の渡良瀬川利根川の東側にあった下総国常陸国下野国上総国安房国であり、山内上杉家および扇谷上杉家の勢力範囲は、反対側の上野国武蔵国相模国伊豆国だった。さらに京都室町幕府も上杉氏を支持、新たな鎌倉公方として足利政知堀越公方)が東下して、30年近く両勢力は争い続ける。[7] [8]

古河を本拠に選んだ理由は、前面の利根川や渡良瀬川が上杉氏に対する天然の堀となり守りやすいこと、小山氏結城氏等、成氏を支持する諸将の根拠地が近いこと、鎌倉公方家の御料所があり経済的な基盤となったことが挙げられる。成氏は当初、古河の鴻巣にあった古河公方館を居館とし、立崎の古河城を整備した後に移動した。このころ、扇谷上杉家の家宰である太田道灌は、古河城に対抗する前線上に江戸城岩付城河越城を築き、拠点とした。[7] [8]

古河公方は代々およそ130年間引き継がれ、古河は室町後期および戦国時代の関東の中心の一つとなる。永禄年間(1558年 - 1570年)には、上杉謙信北条氏康が公方擁立争いのために本城を奪い合い、謙信を支援する関白近衛前久が滞在した。その後、後北条氏の関東支配が確定的になると、古河公方も次第にその支配体制の一部に組み込まれ、城も後北条氏の管理下におかれた。[9] [10] [8] 永禄10年(1567年)から天正年間(1573-1592年)にかけては、佐竹氏結城氏らに対抗するため、北条氏照のもとで城の整備・拡充が進められる[11] [12]。なお、天正18年(1590年)の小田原合戦では、後北条氏の持城として栗橋城関宿城がみえるが、古河城はみえない[13] ことから、最後の古河公方・足利義氏が死去したのちの氏姫期にも、完全には支城化されず、古河足利氏の本拠として別扱いされていたことが分かる[14]

「古河城」という表現は、文明3年(1471年)以後、史料にみられるようになる。以前は「古河御陣」が多く用いられていた。[7]

江戸時代(日光社参の将軍宿城)[編集]

天正18年(1590年)、豊臣秀吉が後北条氏を滅ぼした後には、徳川家康に従って小笠原秀政が入部し、古河城の修復・拡張を行った[15]。以後、江戸時代には古河藩の藩庁がおかれ、歴代藩主の居城となった。また、古河公方時代とは逆に、東北方面をにらみ、江戸防衛の一端を担った。

城主は幕府の要職を務めることが多く、大老土井利勝堀田正俊老中永井尚政松平信之本多忠良土井利厚土井利位などを数える。[16]

城下には日光街道宿場町である古河宿が展開するとともに、渡良瀬川による河川水運も発達して、交通・物流の要所となった。 徳川将軍による日光社参では、岩槻城・古河城・宇都宮城に宿泊した後、日光に入ることを恒例とし、将軍の宿城の一つとしても重視された。[17] [18]

また、古河城は度重なる渡良瀬川の洪水に悩まされていたため、他には例を見ない洪水対策マニュアルも整備されていた。[19]

明治以降(渡良瀬川改修と城の消滅)[編集]

戊辰戦争では、藩内の意見を勤皇派に統一して戦火を避けたが、明治6年(1873年)に発布された廃城令によって廃城処分となり、建造物はすべて破却された[20] [21] [22]迅速測図(明治15年近辺における地図)上で当時の概要を確認できる。

明治末に、度重なる渡良瀬川の洪水対策を目的として、16年間の大規模な河川改修事業が始まる。このときに主要な曲輪は削平され、堀は埋め立てられて、堤防河川敷などに変わり、城跡のほとんどが消滅した。建設機械が発達していない時代に、このように大きな城跡を徹底して破壊した例は珍しく、改修事業の規模の大きさが分かる。ちなみに頼政曲輪(立崎曲輪)が削平された際、小規模な古墳が発見されている。[23] [4]

この河川改修の際、遊水池を設けるために、古河城の北にあった旧古河藩領・谷中村が廃村となった。このとき、田中正造は「関宿江戸川分岐点の閘門を広げて、利根川の水を地勢に従って東京湾に流すことで、遊水池がなくても洪水を防げる」と主張し、足尾銅山鉱毒問題が治水問題にすりかえられていると批判した。[23]

年表[編集]

中世(平安時代末 - 戦国時代)[編集]

近世(江戸時代)[編集]

雪華図説』。土井利位著、1832(天保3)年刊。国立科学博物館の展示。

近代(明治以降)[編集]

構造[編集]

中世[編集]

古河城の全体図(江戸時代後期)

古河公方時代を含む中世の構造はよく知られておらず、今後の調査・研究が期待されている。足利成氏時代の城域は、近世古河城の本丸付近と推定されている。『松陰私語』には、文明年間(1469年 - 1487年)に岩松尚純が古河に出仕したときの様子が記されており、古河公方御所に大きな「四足御門」があったこと、御所の周辺に宿所と呼ばれる家臣団の集落があったことなどが分かる。[11] なお、舟で往来可能な古河公方館と一体となり、あわせて広大な水城を形成していた[35]との見方も示されている。

伝承によれば、日光街道以前の奥州への古い街道が近世古河城内を川沿いに縦断していたとされる(『日光道中略記』)[31]。『古河志』によれば、観音寺曲輪・桜町曲輪に城下町にあたる宿場が展開していた[31]。観音寺曲輪には下野小山氏の一族が開いた「小山観音寺」があったが、慶長 7年(1602年)頃、城の拡張のため城下に移転している[36] [37]。桜町曲輪には連歌師猪苗代兼載が居を構え、その屋敷には多くの桜が植えられていたと伝わる[38]。茂平河岸近くには雀神社とその別当寺だった神宮寺[39]、三の丸には八幡宮[40]、城の南端・立崎曲輪近辺には頼政祠[41]徳星寺[42]妙光寺[43]・竜樹院[44] があったが、城の拡張により、江戸時代には頼政祠を除く寺社が城下へ移転した。

戦国時代末期に関しては、最近、『池田家文庫』(岡山大学附属図書館蔵)の「下総古河城図」[45](年代:貞享5年(1688年)7月)の考察が行われた。城周辺の寺社の配置や、川筋が利根川東遷事業以前の状態を示していることから、天正年間(1573-1592年)の足利義氏氏姫期と推定されており、特に氏姫期である可能性が高い。この絵図によれば、本丸の位置や規模は近世古河城と同様だが、近世の桜門が「大手門」とされる。また近世の観音寺曲輪内には「大沢曲輪」・「観音寺曲輪」・「家来曲輪」とされる区画があり、桜町曲輪内には「大打(大内?)曲輪」、三の丸内には「放生(ほうじょう・北条?)曲輪」が見られる。本丸の南側には「山内曲輪」・「頼正(頼政)堂」と記された区画もある。後北条氏を始めとする関東諸士が城内に居住していたことを示唆するとともに、従来は伝承のみだった小山観音寺氏の屋敷や、頼政祠の存在を裏付けている。また、水堀が古河公方館の周囲にまで広がっており、当時は舟で往来できたという伝承も裏付けるものとなっている。[46] ただし、「御茶屋」や「江戸町」など明らかに江戸期の古河城下を示す記述があるとともに、天正期とする論拠が「放生曲輪」を「北条氏政が御座した曲輪」であるという解釈と、「栗橋」が「川口」の誤記であると断言するなど(栗橋の表記のままであれば利根川東遷事業後の川筋を示すことになる)天正期と断定できない要素が非常に多い為、注意が必要である。

近世(江戸時代)[編集]

ほぼ北から南に向かって流れる渡良瀬川の東岸に位置した。古河城が築かれた台地は、川とその東側に広がる沼地にはさまれ、北から南に伸びる半島状になっていた。

江戸時代の城域は、水堀を含むとおおむね東西約0.45 - 0.55km、南北約1.8km 程度の広さであり、関東有数の規模であった。城域の西側は川に接し、残りの三方を水堀に囲まれていた。城域の東南から南側は、通行が困難な沼地であり、これらの沼地と渡良瀬川を生かした水に守られた要害であった。[31] [47]

構造は、土塁に囲まれた複数の曲輪が、直線状に配置された連郭式である。主な曲輪は、北から順に、観音寺曲輪、桜町曲輪(丸の内)、三の丸、二の丸(西側)/本丸(東側)、頼政曲輪、立崎曲輪である。そのほかに、桜町曲輪の東側には、水堀(百間堀)の先に「出城」と呼びならわされる諏訪曲輪があった。[31] [47]

このうち、観音寺曲輪・桜町曲輪・諏訪曲輪には重臣たちの武家屋敷、二の丸には藩主の御殿が置かれた。頼政曲輪には源頼政を祀った頼政神社があった。三の丸には馬場が設けられた。観音寺曲輪の北側に追手門、桜町曲輪の東側に御成門など、多数の門が置かれた。御成門は日光社参時に立ち寄る将軍が入城する門であり、外枡形門形式で虎口を開き、周辺には石垣も築かれた[48][31] [47]

天守は建てられなかったが、土井利勝によって、本丸の西北出隅に建てられた「御三階櫓」と呼ばれた3層4階のが、実質上の天守となった。高さは約22メートルあり、同様の構造で建てられた水戸城佐倉城の御三階櫓、松江城の天守(約22.4メートル)もほぼ同じ高さである[49][50]

他にも、桜町曲輪にあった茂平河岸は、城内との物資輸送や人員の移動を担った。また、水掘の周囲に配置された寺社(永井寺正定寺等)は出城としても機能し、城の防衛拠点となっていた。[51]

なお、古河歴史博物館内には精密な古河城下模型が展示されており、城全体の構造が再現されている。[47]

遺構[編集]

現在の古河城遺構分布
桜町曲輪土塁(獅子ヶ崎土塁)
観音寺曲輪土塁(頼政神社付近)
河川敷部の古河城痕跡(1974年)・国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

明治末に開始された渡良瀬川改修事業の際に、主要部分は堤防河川敷に変わった。堤防の市街地側には、観音寺曲輪の大半・桜町曲輪の半分・百間堀等の水堀が残されたが、現在はこれらも宅地等に変わり、ほとんどの遺構は消滅した。本丸や二の丸等の主要部分は、渡良瀬川に架かる三国橋と新三国橋にはさまれた堤防・河川敷に相当する。市街地では、観音寺曲輪は錦町、桜町曲輪は桜町におおむね相当する。[47]

現在の遺構は以下の通り。

  • 頼政神社(錦町)は、渡良瀬川改修工事の際、観音寺曲輪西北部の土塁上に移設されたもので、現在もその土塁の一部が残る。[4]
  • 桜町曲輪北側土塁(「獅子ヶ崎土塁」)(桜町)は、現在、市街地の中に一部が残る。[48]
  • 古河歴史博物館(中央町)は、「出城」(諏訪曲輪)跡地に建てられており、一部の土塁と堀が残る。[52]
  • 福法寺(中央町)の山門は、二の丸御殿の乾門が移築されたものである。(市文化財)[53]
  • 坂長(中央町)には、城内の文庫蔵・乾蔵を移築したと伝わる建造物(国の登録有形文化財[54] [55] が残されている。平成24年(2012年)4月に街歩きの休憩所として改装、一般公開されるようになった。[56]

その他にも、追手門・船渡門・桜門跡地に石碑、本丸跡地の堤防上に標柱があり、かつての城域を示している。

城の主要部があった河川敷部分には、削平された曲輪と埋め立てられた堀の輪郭が地表のわずかな色調の変化として残っており、航空写真により確認できる。

作品[編集]

文学[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 古河城の起源に関しては、『永享記』にある足利成氏の古河城奪回時の記述「此古河の城は昔日頼朝卿の御弓の師と聞へし下河辺荘司行平より、代々往ける旧館なり、城南東方に竜崎と云う所に、源三位頼政の廟有り」が有名。『鎌倉大草紙』にも「総州下河辺の城」等の記述がある。
  2. ^ a b c d 鑓水柏翠(1986)、53 - 98頁(下河辺庄古河)
  3. ^ a b c d e f 『古河市史通史編』97 - 122 頁(下河辺庄と古河)
  4. ^ a b c 古河市公式ホームページ 史跡と寺院 頼政神社
  5. ^ 『古河市史通史編』124 - 125 頁(頼政神社縁起)
  6. ^ a b 『古河市史通史編』141 - 147 頁(南北朝の動乱)
  7. ^ a b c d e f g h i j 『古河市史通史編』163 - 178 頁(古河公方足利氏の成立)
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 千野原靖方(2006)
  9. ^ a b c d e f g h 『古河市史通史編』178 - 190 頁(古河公方足利氏の動揺)
  10. ^ a b c d e f g h 『古河市史通史編』207 - 230 頁(古河公方足利氏の終末)
  11. ^ a b 西ヶ谷恭弘 「中世の古河城─古河御所と戦国期の古河城─」『古河市史研究』第11号、1986年
  12. ^ 『古河市史通史編』220 - 221 頁(古河城の整備)
  13. ^ 「毛利文書」、『神奈川県史資料編3古代・中世(3上・下)』 No.9770
  14. ^ 佐藤博信 『古河公方足利氏の研究』 校倉書房、1989年、179-180頁(古河氏姫に関する考察)
  15. ^ a b c d e f g h i j 『古河市史通史編』233 - 238 頁(近世の開始と大名の交代)、247-248頁(3-1表 古河の歴代藩主)
  16. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『古河市史通史編』238 - 246 頁(前期土井氏以降の藩主)、247-248頁(3-1表 古河の歴代藩主)
  17. ^ 古河市公式ホームページ 出城通信「日光社参と古河宿城」(2013年12月以降にリンク切れ)
  18. ^ 阿部昭(2002)、213-214頁(将軍の日光社参)
  19. ^ 古河歴史博物館 歴史の散歩 99.08「古河城 大変」
  20. ^ a b 『古河市史通史編』582 - 583 頁(古河城の破壊)
  21. ^ a b 古河歴史博物館 歴史の散歩 98.07「勤皇か!佐幕か!幕末古河藩、苦悩の選択」
  22. ^ 古河歴史博物館 歴史の散歩 99.06「明治の古河城址保存論」
  23. ^ a b c 『古河市史通史編』697 - 733 頁(足尾鉱毒事件と古河地方)
  24. ^ 『松平結城文書』「北畠親房御教書写」による。『古河市史資料中世編』No.35 所収
  25. ^ a b 『古河市史通史編』147 - 156 頁(小山氏の乱と古河)
  26. ^ 『古河市史通史編』156 - 162 頁(室町前期の古河)
  27. ^ 鎌倉大草紙』、『永享記』による。
  28. ^ 『戦国人名辞典』788頁(見出し「野田持忠」の解説)
  29. ^ 『喜連川文書』足利晴氏判物(『古河市史資料中世編』No.778)
  30. ^ 『喜連川文書』による。『古河市史資料中世編』No.1490 所収
  31. ^ a b c d e f g h 『古河市史通史編』254 - 255 頁(古河城の構造)
  32. ^ a b c d e f g h i j k l m 『寛政重修諸家譜』 例えば、『古河市史資料近世編(藩政)』1-93頁に所収
  33. ^ 『古河市史通史編』533 - 535 頁(古河藩と好学の気風)
  34. ^ 古河市公式ホームページ 古河の文化財紹介 熊沢蕃山の墓
  35. ^ 鑓水柏翠(1986),158-159頁
  36. ^ 『古河市史通史編』197 頁(小山観音寺)
  37. ^ 『古河市史資料別巻』245頁(古河志)
  38. ^ 『古河市史資料別巻』247頁(古河志)
  39. ^ 『古河市史資料別巻』262-263頁(古河志・雀宮)
  40. ^ 『古河市史資料別巻』264-265頁(古河志・八幡町八幡宮)
  41. ^ 『古河市史資料別巻』260-265頁(古河志・頼政社)
  42. ^ 『古河市史資料別巻』272-275頁(古河志・徳星寺)
  43. ^ 『古河市史 民俗編』 834-835頁(妙光寺)
  44. ^ 『古河市史資料別巻』296頁(古河志・竜樹院)
  45. ^ 岡山大学池田家文庫絵図公開データベースシステム・下総古河城図
  46. ^ 早川和見 「発見!古河公方時代の古河城絵図について(1)」『古河郷土史研究会 会報』 第51号、1-11頁、2013年
  47. ^ a b c d e 古河歴史博物館ホームページ 展示案内 展示室2 古河城下模型
  48. ^ a b 古河歴史博物館 歴史の散歩 2005.05「古河城御成門と獅子ヶ崎」
  49. ^ 西ヶ谷恭弘監修『復原 名城天守』学習研究社 1996年
  50. ^ 三浦正幸監修『【決定版】図解・天守のすべて』学習研究社 2007年
  51. ^ 『古河市史資料第10集 古河城・鴻巣館』、11-33頁(伝来諸絵図と古河城の構成)
  52. ^ 例えば、古河市公式ホームページ 出城通信「出城界隈」(2013年12月以降にリンク切れ)
  53. ^ 古河市公式ホームページ 古河の文化財紹介 旧古河城乾門 福法寺山門
  54. ^ 古河市公式ホームページ 古河の文化財紹介 坂長本店店蔵(旧古河城文庫蔵)(国登録文化財)
  55. ^ 古河市公式ホームページ 古河の文化財紹介 坂長本店袖蔵(旧古河城乾蔵)(国登録文化財)
  56. ^ 古河のお休み処 坂長
  57. ^ 古河市公式ホームページ 広報「古河」No.24 古河風土記(描かれた古河城)

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 阿部昭 『街道の日本史15 日光道中と那須野ヶ原』 吉川弘文館、2002年
  • 佐藤博信 『古河公方足利氏の研究』 校倉書房、1989年
  • 古河市史編さん委員会 編 『古河市史資料別巻』 古河市、1973年
  • 古河市史編さん委員会 編 『古河市史資料近世編(藩政)』 古河市、1979年
  • 古河市史編さん委員会 編 『古河市史資料中世編』 古河市、1981年
  • 古河市史編さん委員会 編 『古河市史資料第10集 古河城・鴻巣館 ─遺構調査・発掘調査報告書─』 古河市、1985年
  • 古河市史編さん委員会 編 『古河市史通史編』 古河市、1988年
  • 戦国人名辞典編集委員会 編 『戦国人名辞典』 吉川弘文館、2006年
  • 千野原靖方 『関東戦国史(全)』 崙書房、2006年
  • 鑓水柏翠 『古河通史(上巻)』 柏翠会、1986年