縄文海進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

縄文海進(じょうもんかいしん、有楽町海進)は、縄文時代に日本で発生した海水面の上昇のことである。海面が今より2-3メートル高かったと言われ、縄文時代前期の約6,000年前にピークを迎えたとされている。気候は現在より温暖・湿潤で年平均で1-2℃気温が高かった。世界的には、完新世海進後氷期海進(Holocene glacial retreat)と呼ばれる。

年平気気温(右が現在)
6000年前に温暖ピークがある

歴史[編集]

最終氷期の最寒冷期後、約19000年前から始まった海面上昇は、沖積層の堆積より速かったので、日本では最終氷期に大河によって海岸から奥深くまで浸食された河谷には海が入り込み、関東平野では古鬼怒湾鬼怒川)や奥東京湾利根川渡良瀬川[1]を形成した。なおその後は沖積層の堆積が追いついたので、現在の低地平野となっている[2]

1926年時点の関東平野地図に、縄文海進時代の海進領域(斜線部)を重ねた地図

世界的には、最寒冷期後の海水面の上昇は年間1-2cmの速度を示し、場所によっては上昇は100mに達した。しかしこの現象が見られるのは氷床から遠い地域だけであり、氷床のあった北欧などでは見られない。厚さ数千㍍に及んだ氷床が解けた重みがなくなって海面上昇速度以上に陸地が隆起したからである。その典型がノルウェーのフィヨルド地形である。

縄文海進は、貝塚の存在から提唱されたものである。海岸線付近に多数あるはずの貝塚が、内陸部で発見されたことから海進説が唱えられた。当初は、日本で活発に起きている火山噴火地震による沈降説も唱えられたが、その後、海水面の上昇が世界的に発生していたことが確認され裏付けられた。

原因[編集]

この時期は最終氷期終了の後に起きた世界的に温暖化の時期に相当する(完新世の気候最温暖期)。また、北半球の氷床が完新世では最も多く融けていたため、世界的に海水準が高くなった時期に当たる。この温暖化の原因は地球軌道要素の変化による日射量の増大とされている。しかし、日射量のピークは9000年前であり、7000年前の海進と異なる。近年の地球温暖化の議論では、過去の温暖化の例として、小説[3]などでもしばしば取り上げられている。

脚注[編集]

  1. ^ 貝塚の分布の知見から、当時の利根川河道では川越市付近まで、渡良瀬川河道では板倉町付近まで奥東京湾が湾入していた。鬼怒川河道では下妻付近まで古鬼怒湾が湾入していた。
  2. ^ 霞ヶ浦は堆積が進まなかったので現在でも湖水を湛えている。
  3. ^ 例えば、2005年に出版され話題となった中沢新一アースダイバー』は、東京における縄文海進による水没範囲を実際よりも過大に示しているが、この本をフィクションと考えない人も多く、誤解を生む原因になっている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]