ハイガイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハイガイ
Anadara granosa.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 軟体動物門 Mollusca
: 二枚貝綱 Bivalvia
: フネガイ目 Arcoida
: フネガイ科 Arcidae
: Tegillarca
: ハイガイ T. granosa
学名
Tegillarca granosa
(Linnaeus1758)[1]
シノニム
  • Anadara bisenensis Schrenck & Reinhart, 1938
  • Anadara granosa (Linnaeus, 1758)[2]
  • Anadara thackwayi Iredale, 1927
  • Anomalocardia pulchella Dunker, 1868
  • Arca aculeata Bruguière, 1789
  • Arca corbicula Gmelin, 1791
  • Arca corbula Dillwyn, 1817
  • Arca granosa Linnaeus, 1758
  • Arca granosa kamakuraensis Noda, 1966
  • Arca nodulosa Lightfoot, 1786 (invalid: junior homonym of Arca nodulosa O. F. Müller, 1776)
  • Arca obessa Kotaka, 1953
  • Tegillarca granosa bessalis Iredale, 1939

ハイガイ (Tegillarca granosa) はフネガイ科に属する二枚貝の一種。ヘモグロビンを含む体液を有することから、英語ではblood cockleblood clam等と呼ばれる。インド太平洋沿岸の広範囲に見られ、南アフリカ東岸から東南アジアオーストラリアポリネシア、北は日本北部まで分布する。主に水深1-2メートルの潮間帯で、砂泥に埋もれた状態で生活する。成貝は殻長5-6センチメートル、殻幅4-5センチメートルになる[3]

本種は福建省水頭鎮の沿岸、Anhai Bayの干潟で養殖されている主な種である[4]

食用として経済価値が高く、養殖もされている。浙江省沿岸だけで145,000(およそ100平方キロメートル)の干潟が本種の養殖に利用されている.[5]。隣接する福建省の河口域においても同様の養殖が行われている[4]

蒸す、茹でる、焼くなどの調理法にて食される。伝統的には生食されることもある。

安全性[編集]

安全に食用とできる他の多くの貝類と異なり、本種は低酸素環境に生息するため懸濁物と共にA型肝炎E型肝炎腸チフス赤痢等の細菌やウイルスを取り込んでいる[6]。本種は中国料理に用いられる美味な食材の一つと考えられているが、上海における早茹で (quick-boiling) のような調理法では多くの細菌やウイルスが残留する[7]

画像[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Tegillarca granosa (Linnaeus, 1758)”. World Register of Marine Species. 2016年1月24日閲覧。
  2. ^ (pata de mula)SPECIES: Tegillarca granosa (Malaysian cockle)(Anadara granosa)
  3. ^ Pathansali, D. (1966). Notes on the biology of the cockle, Anadara granosa L. Proc. Indo-Pacific Fish. Counc. 11:84-98
  4. ^ a b Ruǎn Jīnshān; Li Xiùzhū; Lín Kèbīng; Luō Dōnglián; Zhōu Chén; Cài Qīnghǎi (阮金山;李秀珠;林克冰;罗冬莲;周宸;蔡清海), 安海湾南岸滩涂养殖贝类死亡原因调查分析 (Analysis of the causes of death of farmed shellfish on the mudflats in the southern part of Anhai Bay), 《福建水产》 (Fujian Aquaculture), 2005-04
  5. ^ 泥蚶抗高氨氮、高硫化物家系选育 (Breeding mud cockle varieties resistant to high-nitrogen, high-sulfide environment). (The numbers are as of 2009)
  6. ^ http://www.msn.com/en-nz/foodanddrink/foodnews/15-most-dangerous-foods-in-the-world/ss-BBadz6H#image=14
  7. ^ http://en.people.cn/90882/8339655.html
  • Huber, M. (2010). Compendium of bivalves. A full-color guide to 3,300 of the world’s marine bivalves. A status on Bivalvia after 250 years of research. Hackenheim: ConchBooks. 901 pp., 1 CD-ROM

外部リンク[編集]