巴波川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
巴波川
巴波川 2008年9月13日撮影
幸来橋付近(栃木市)
水系 一級水系 利根川
種別 一級河川
延長 28.5[1] km
平均流量 -- /s
流域面積 213.6[1] km²
水源の標高 -- m
河口・合流先 渡良瀬川栃木市藤岡町石川)
流域 栃木県
テンプレートを表示

巴波川(うずまがわ)は、栃木県南部を流れる利根川水系渡良瀬川支流の一級河川

流路[ソースを編集]

流域は栃木県中西部から南部。思川小倉堰の分水に始まり、栃木市西方地域からは広い平野を南に流れていく。栃木市市街地中心部では歴史ある蔵が立ち並ぶ景観の中を流れ、南西に転じ渡良瀬遊水地に入り、栃木市藤岡町石川で渡良瀬川に合流する。

流域の自治体[ソースを編集]

栃木県
栃木市小山市

名称の由来[ソースを編集]

「ウズを巻き、波を立てて流れる」という意味に由来する。近世には「字津間川」、「鶉妻川」などとも表記された[2]

歴史[ソースを編集]

中世から江戸川と通じた舟運の盛んな川で、栃木市内には蔵造りの建造物が多く残り「蔵の街」として親しまれている。舟運の始まりは、江戸時代徳川家康の霊柩を久能山から日光山に改葬した際に、日光御用の荷物を栃木河岸に陸揚げしたことが端緒である。その後、物資の集散地として江戸との交易で隆盛を極めた。現在は、錦鯉が放流されており、船頭による舟歌が楽しめる観光用の舟が行き来する。

ナマズの民話があり、そのナマズを模したしゃもじ郷土玩具がある[3]

治水[ソースを編集]

氾濫することは極めて少ない。 明治時代に堤防が築かれる以前はたびたび氾濫し、橋をかけても2年ともたないと言われたほどであった。氾濫を鎮めるために人柱を立てたという伝説も残っており、「巴波川悲話」として栃木市の塚田歴史伝説館などで紹介されている幸来橋#伝承・逸話を参照 )。また、1947年(昭和22年)のカスリーン台風襲来の際には大洪水となり、多くの被災者を出した。

支流[ソースを編集]

自然[ソースを編集]

栃木市内には多くの錦鯉が生息している。最盛期、鯉の数は県庁堀と合わせて10万匹にまでなったとも言われている[4]

橋梁[ソースを編集]

上流から

石川橋付近

脚注[ソースを編集]

  1. ^ a b 金子是久、布川洋之、藤咲雅明「巴波川(栃木県栃木市)における生物多様性の保全と地域の人々の関わり」、『景観生態学』第15巻第1号、日本景観生態学会、2010年6月、 31-36頁、 doi:10.5738/jale.15.31NAID 40017215354
  2. ^ a b ブリタニカ国際大百科事典 小項目電子辞書版 巴波川の項。
  3. ^ 郷土玩具の杜 うずまの鯰
  4. ^ 県庁堀の鯉”. 栃木県. 2017年3月17日閲覧。

外部リンク[ソースを編集]