江戸川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
江戸川
江戸川 2004年3月3日撮影
水系 利根川
種別 一級河川
延長 59.5 km
平均流量 109.96 m³/s
(野田観測所1999年)
流域面積 200 km²
水源 利根川茨城県五霞町
水源の標高 8.6 m
河口・合流先 東京湾(千葉県市川市
流域 茨城県、埼玉県、千葉県、東京都
テンプレートを表示

江戸川(えどがわ)は、関東地方を流れる一級河川利根川水系の分流(派川)である。流路延長59.5km(旧江戸川河口より)、流域面積約200km2。流域は、茨城県埼玉県千葉県東京都の1都3県におよぶ。

地理[編集]

利根川から江戸川へ分流する地点である関宿分岐点付近の空中写真。北西方向から南東方向へ流れる利根川本流から南方向へ江戸川が分流する。分流したすぐ下流の地点に関宿水門が設置されている。(1990年撮影の7枚を合成作成。国土交通省 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの空中写真を基に作成。)
市川市国府台三丁目より市川橋方面(2009年10月1日撮影)

茨城県猿島郡五霞町と千葉県野田市の境界付近にある関宿分基点(関宿水閘門のやや上流)で利根川と分かれ、千葉県と埼玉県、東京都の境を南に向かう。千葉県市川市付近で、本流である江戸川と旧流路である旧江戸川に分かれる。

現在の江戸川の最下流部は放水路として建設され、行徳可動堰(江戸川河口堰)を通り、千葉県市川市で東京湾に注ぐ。1960年河川法改正に伴い、この区間の名称が江戸川放水路から江戸川になったものの、依然として「江戸川放水路」と呼ばれることも多い。

現在でも天然ウナギが捕れるほか、江戸川の河口付近は、三番瀬など東京湾でも数少ない干潟が広がる地域でもあり、トビハゼの北限生息地となっている。汽水性の希少なトンボであるヒヌマイトトンボの生息地の一つでもある。

利根川から江戸川に流れる水は関宿水門で水量を調整され、江戸川下流の住宅地が水害に遭いにくいようになっている。江戸川は北千葉導水路からの水を合わせて首都圏上水道を支えている。しかし、江戸川が比較的人口の多い地域を流れるため、水質が良いとは言えず、浄水場によっては高度浄水処理を行っている(東京都水道局金町浄水場など)。

旧江戸川河口近くに位置する浦安市堀江清流神社内にある堀江量水標の零位は、Yedogawa Peilの略である「Y.P.」(ワイ・ピー)と呼ばれ、利根川や江戸川、霞ヶ浦鬼怒川小貝川など利根川水系の河川を測量する際の基準面となっている。これはお雇い外国人として招聘されたオランダ技師リンドが明治5年に設置したものである。p Y.P.0m=T.P.-0.8402mである(「T.P」はTokyo Peilの略で、東京湾の平均潮位を零位として、山の標高や河川などの水位を測量する時の基準面となっている)。

歴史[編集]

歌川広重名所江戸百景 鴻の台とね川風景』市川市里見公園付近の風景)

太日川[編集]

江戸川は古くは太日川太日河(おおいがわ または ふといがわ)とよばれる渡良瀬川の下流部であり、現五霞町元栗橋の西側を南下し、権現堂川の河道を通り、古くの下総国葛飾郡の中央を南流して江戸湾(東京湾)へ注いでいた。太日川の西には同じく江戸湾へ南流する利根川の旧河道が並行していた。

更級日記』『吾妻鏡』『義経記』等に太日川を渡った旨の記述が見られる。

利根川の下流[編集]

徳川家康江戸入府後、伊奈忠次伊奈忠治らによる利根川東遷事業が始められた。江戸川に利根川の水が流れるようになり、1641年には現在の江戸川上流部が人工水路として開削された[1]。なお、江戸川下流部も人工水路であるという説[2]もある。

また権現堂川から南流する旧太日川の一部は庄内古川とされ、江戸川とは現在の埼玉県吉川市付近で合流した。

利根川の分流[編集]

1654年赤堀川の開削が完成し、利根川の銚子への放流が始まった。その結果、江戸川および常陸川(利根川)は、東北地方北関東からの物資を涸沼霞ヶ浦、および銚子を経由して江戸へと運ぶ水運の動脈となり、また川沿いには河岸が作られて賑わった。江戸川周辺からも、野田醤油流山みりんなどが産物として江戸に運ばれた。江戸へは現在の江戸川区東葛西で江戸川(旧江戸川)から西の新川小名木川を通った。

1890年に、利根運河を開削し水路短縮が図られた。その後すぐに鉄道網が整備され、水運は急速に衰退した。

1919年に、河口部に江戸川放水路が開削された。

1958年に東京都江戸川区の製紙工場から黒い排水が放流され、下流域の漁業に大きな損害を与える公害が発生した。

1965年に、江戸川放水路を江戸川と呼ぶことになり、もとの流れは旧江戸川と呼ぶことになった。

河川敷内の集落[編集]

京成本線の江戸川橋梁付近の河川敷には、1955年(昭和30年)頃から地方出身者がバラック住宅を建てて住み始め、1969年(昭和44年)時点で146戸、約400人が居住する大規模な集落ができていた。明らかな違法住宅であり、東京電力が電気を供給しなかったことから、住民が自前の発電・送電施設を設け、夕方から夜間にかけて電気を供給していた。1969年1月、橋梁直下の住宅で火災が発生して2人が死亡。線路の枕木に延焼して京成電鉄が運休したことから、これを契機に建設省江戸川工事事務所が立ち退き交渉を始めた[3]。その後、集落は解消され河川敷として再整備され、1982年(昭和52年)には小岩菖蒲園が開業したほか[4]野球場などが整備されている。

水害[編集]

多くの大河川と同様に、江戸川もカスリーン台風通過時(1947年)など過去に洪水を度々引き起こしており[5]堤防整備(国直轄事業で上流部は首都圏氾濫区域堤防強化対策、下流部は高規格堤防)など治水工事が行われている。2018年には、1000年に1度クラスの集中豪雨で江戸川と荒川が同時に氾濫した場合、東京東部5区(江戸川区のほか葛飾区足立区江東区墨田区)のほとんどが浸水するとの被害予想が公表された[6]

支流・分流[編集]

河川施設[編集]

緊急用河川敷道路[編集]

大規模な地震に伴う河川管理施設災害の非常緊急復旧工事用や、通常の陸上交通機関が長期間に亘り通行不能になると予想される際などに、避難民の救援活動や一般被災地の復旧活動を目的とした施設として運用される[7]

橋梁[編集]

玉葉橋より下流を望む。(2010年6月撮影)

下流より記載

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 江戸川上流だより (PDF) - - 国土交通省 関東地方整備局ホームページ
  2. ^ 川上しのぶ「江戸川は下流域も人工河川
  3. ^ 高まった付近の苦情 納税も拒否される『朝日新聞』昭和44年(1969年)10月11日夕刊、3版、10面
  4. ^ 小岩菖蒲園”. 江戸川区ホームページ. 2020年12月4日閲覧。
  5. ^ 過去の洪水被害国土交通省 関東地方整備局 江戸川河川事務所(2018年8月25日閲覧)
  6. ^ 荒川・江戸川氾濫に備え 4段階で避難呼びかけ 東部5区、9時間前には「垂直」指示『日本経済新聞』朝刊2018年8月23日(2018年8月25日閲覧)
  7. ^ 緊急用河川敷道路 江戸川河川事務所ホーム(事務所の取り組み > 災害への備え)(2021年1月2日閲覧)
  8. ^ ガス導管橋 江戸川河川事務所ホーム>ガス導管橋(2021年1月2日閲覧)
  9. ^ 埼玉県・県政ニュース・報道発表資料 2018年度 > 2018年8月 > 三郷流山橋有料道路事業の許可について(2021年2月16日閲覧)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度40分14秒 東経139度57分02秒 / 北緯35.670687度 東経139.950556度 / 35.670687; 139.950556