利根川東遷事業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
会の川締切りの跡地に立つ川俣締切阯の石碑

利根川東遷事業(とねがわとうせんじぎょう)は、利根川の付け替えにかかわる一連の河川改修を指す。徳川家康江戸入府後、徳川氏によって進められ、中世末の文禄3年(1594年)に行われた会の川の締め切り工事に始まったといわれていた[1]。 しかし、近年の研究では、締め切りは忍領の水害対策における土木工事であり、東遷事業のはじまりは、27年後の元和7年(1621年)とされ[1]、江戸時代の承応3年(1654年)の赤堀川通水までが含まれる。

本稿では上記以降現代に至るまで続けられた利根川中下流の河川改修を含めて記述する。この河川改修により、関東平野の自然地理的状況は人の手によって大きく変えられ[2]、利根川本流は銚子を通って太平洋に注ぐことになった。

目的[編集]

利根川東遷事業は、流域の湿地帯からの新田打ち出し、水上交通網の確立、利根川を北関東外堀とし、東北諸藩に対する備えとするなどの利水面と、流域や江戸水害から守る治水面の目的を持っていると考えられている[3]。ただし利根川本流を東に付け替えることを当初から明確に意識して行われたわけではなかったと、土木史の観点から考えられている[4]

また利根川の治水システムは中条堤をその要としていたが、天明3年(1783年)の浅間山大噴火後、その機能維持のために河川改修が行われ、江戸川への流量を減少させ赤堀川(銚子方向)への流量を増加させた。明治時代に入り足尾鉱毒事件の発生により、さらに東流の流量比を高める大規模改修が始まった[5]。また明治43年(1910年)の大水害がきっかけで、中条堤を要とした治水システムを廃止するとともに江戸川への流入制限は強化され、利根川本流は銚子方向に流れることが確定したとされる[6]

歴史[編集]

概略[編集]

利根川はおよそ3000年前に現在の熊谷市鴻巣市付近で東へ河道を変え、分流しながら渡良瀬川の流路地帯(加須から越谷)へ向かって流れるようになった[7]。利根川(および荒川)は分合流の変化が激しく、渡良瀬川にも合流した(合の川など)。 

江戸時代以前は、利根川と渡良瀬川とはほぼ平行して南流し東京湾江戸の内海)へ注ぎ、河口も異なっていた。利根川本流は、一旦、会の川および浅間川の主要分流となり、加須市川口で合流後は、現在の古利根川中川隅田川の流路で東京湾に注いだ。ただし武蔵国北部では細かく乱流し、綾瀬川や荒川とも合・分流していた。渡良瀬川の下流部は久喜市栗橋付近は権現堂川、それより下流は太日川(ふといがわ)(ほぼ現在の江戸川の流路)と呼ばれていた。

徳川家康江戸入府後これらの河川の河道を付け替える工事が始まった。文禄3年(1594年)に会の川を締め切り、元和7年(1621年)には新川通を開削し浅間川を締め切り、利根川の中流を一本化し加須市旗井(久喜市栗橋の北1キロメートル)で渡良瀬川に接続した。これにより、渡良瀬川は利根川の支流となり、権現堂川・太日川は利根川の下流の位置付けとなった。それまでの利根川の下流は、上流から切り離された形となり古利根川と呼ばれ、その河口は中川と呼ばれた。

さらに、承応3年(1654年)に古河市中田(栗橋の対岸)付近から分水嶺を越えて赤堀川を開削する工事を行い香取海銚子河口・太平洋)に通じる河道を開いた。これにより、江戸時代から大正時代までは、利根川の下流は、権現堂川から江戸川を経て東京湾へ至る流路と、赤堀川から常陸川を経て太平洋へ至る流路が存在し、二つの流路は逆川を介して関宿でもつながっていた。そして次第に常陸川への流路の方に比重が移り、昭和3年(1928年)に権現堂川が廃され、赤堀川・常陸川の流路のみ残り、江戸川はその支流となった。

江戸時代[編集]

江戸時代以前の利根川、荒川、渡良瀬川水系。
利根川が東京湾に注いでいた。また荒川も現在より東側の水路を通っていた。利根川と荒川の合流地点や川筋はしばしば変化し、古くは、荒川の流れが今の綾瀬川を通っていた時代もあった。
水戸市にある伊奈忠次の銅像

江戸時代前期[編集]

天正18年(1590年8月朔日徳川家康は江戸城に入城した。付近は荒川などの河川交通と東京湾の湾内交通の結節点としてある程度は栄えていた地であったともされるが、江戸という都市は成立していなかった。それから20年を経て慶長14年(1609年)に訪れたドン・ロドリゴの記すところによれば、はやくも江戸の人口は15万となり京都の半分くらいであったという。この発展を続ける江戸の町の消費需要をまかなうためには、利根川の水運をはじめとする物流路の整備が不可欠であった。

家康は伊奈忠次関東郡代に任じ、関東周辺の河川改修にあたらせた。以後、忠治忠克伊奈氏3代により、利根川の常陸川河道(銚子河口)への通水が行われた。

太日川下流の行徳塩田隅田川を結ぶため、徳川家康江戸入府直後の天正18年(1590年)に小名木川が、寛永6年(1629年)に新川が開削された。また、文禄3年(1594年)、忍城の城主であった松平忠吉家来の小笠原三郎左衛門に命じたことにより、会の川の締め切り工事が行われた。慶長年間(1596年-1615年)には、流域の水害防止と新田開発のため、備前堤が築造され綾瀬川が荒川から切り離された。

近世初頭の利根川の東遷事業は、 文禄3年(1594年)に新郷(現・羽生市)で会の川を締め切った工事に始まったといわれていた[1]。 しかし、近年の研究では、締め切りは忍領の水害対策における土木工事であり、東遷事業のはじまりは、27年後の元和7年(1621年)とされている[1]。 元和7年(1621年)この時期、伊奈忠治の指揮のもと、佐波(ざわ)(現・大利根町)、から栗橋までの新川通(しんかわどおり)、中田(現・茨城県古河市)と川妻(現・茨城県五霞村)の間から境町(現・茨城県境町)に至る赤堀川が開削された[1]

元和7年(1621年)、浅間川の締め切りと新川通の開削、権現堂川の拡幅が行われた。利根川と渡良瀬川が合流し権現堂川・太日川(現在の江戸川)がその下流となった。ただし現在の江戸川は、上流部は寛永18年(1641年)に開削した人工河川であり、下流部も人工河川とみる説もあって太日川と全く同じではない。元和7年(1621年)には赤堀川の掘削も始まる。赤堀川は、香取海へ注ぐ常陸川と利根川を繋ぎ、水運に利用するための水路の役目を担う予定であった。しかし、台地を掘削するために難工事となり、寛永12年(1635年)の工事も含めて、通水には2度失敗している。

寛永6年(1629年)、荒川の西遷が行われた。熊谷市久下で荒川を締め切り和田吉野川市野川経由入間川に付け、荒川の下流は隅田川となり旧流路は元荒川となった。同じく寛永6年(1629年)、鬼怒川[8]を小貝川と分離し板戸井の台地を4キロメートルにわたって開削し常陸川に合流させ、合流点を約30キロメートル上流に移動した。翌寛永7年(1630年)に、布佐・布川間を開削し、常陸川を南流させ、また戸田井・羽根野を開削し小貝川も南流させ常陸川の狭窄部のすぐ上流に合流点を付け替えた[9]

承応3年(1654年)、3度目の赤堀川掘削工事によりようやく利根川の水の一部が赤堀川から常陸川に常時流れる。赤堀川を拡幅により、利根川から銚子河口へ通し,太平洋へ流下させる東遷事業が完了した[10]

この時の赤堀川の川幅は10(18メートル)程度であり利根川の洪水を流下させるには狭い。さらに、寛文5年(1665年)、権現堂川・江戸川と、赤堀川・常陸川をつなぐ逆川を開削、これにより銚子から常陸川を遡って関宿に至り、逆川から江戸川を下り新川・小名木川を通って江戸を結ぶ、用水路開発が加速した[10]

しかし、強引な水路の変更は様々な問題を引き起こした。水量の増大は皮肉にも利根川の土砂堆積による浅瀬の形成を促し、水量の少ない時期にはたちまちの通行を困難にした。特に関宿からの旧常陸川(現在の利根川下流域)では相馬郡井野村小堀、江戸川では松戸までの区間は浅瀬の被害が深刻で、この両区間では艀下船と呼ばれる小型船が積荷の一部を分載して自船の喫水を小さくすることで浅瀬との衝突を避けた。これにより小堀・松戸の両河岸には艀下船の河岸問屋が栄えた[11]

江戸時代中後期[編集]

天明3年7月8日(1783年8月5日)に浅間山が大噴火し、火砕流と火砕泥流、および吾妻川と利根川の洪水が発生し死者1,000人超の大災害が起きた。河床は上昇し中条堤を中心とした治水システムは機能しなくなり、当時の土木技術では大規模な浚渫などの抜本的な対策を取ることはできなかったため、江戸幕府は当面の対策として、酒巻・瀬戸井狭窄部下流右岸の堤防を徹底強化し赤堀川を拡幅、江戸川の流頭に棒出しと呼ばれる突堤を設け、18間(33メートル)を限度に川幅を狭め流入量の制限を行った。川幅を狭めた分流速が増し船の航行には不便になるが、洪水の流入を抑えるとともに、土砂流入を防ぎ浅瀬の形成を防止し、舟運機能はせめて確保したいという苦肉の策であった[6]。これにより行き場を失った水は逆川から銚子方面へあふれ出し、現在の利根川下流域の水害を深刻化させることとなった。また、浅瀬の被害は深刻化し、艀下船を用いても通行が困難になる場合もあった[11]。パナマ運河工事の土量を越える大規模な浚渫が実施され、この浅間山大噴火の影響が利根川全域から取り除かれたのは、戦後高度成長期以降のことである。

明治維新後[編集]

現在の利根川、荒川、渡良瀬水系。明治以降、水系の整備が、物流から治水に切り替わり洪水対策が最重要になった。

明治初期に至るまで、治水上の「利根川の本流」は確定していなかったという。その理由は、なだらかな銚子方面に水を流すよりも、もともとの流路に近く、勾配もきつい江戸川方面に水を流すほうが理にかなっていたからとされている。また、明治初期まで利根川を中心とした水系は物流の基本インフラストラクチャーであった。このような理由から、水系の整備は治水より運河(例、利根運河…明治23年(1890年)完成)としての機能を優先させるものであったと考えられている[5]

しかし、明治10年(1877年)ごろから渡良瀬川流域において足尾鉱毒事件が発生することで状況が変化する。鉱毒事件は被害農民と警官隊による衝突や田中正造による明治天皇への直訴などの激しい抗議行動によって大きな社会問題となった。一方、政府としては日清戦争日露戦争のさなかであり、の産出を止めることはできず、なおかつ江戸川を経由した人口密集地でもある東京や江戸川河口行徳塩田への被害拡大は避けねばならなかった。そのため、明治31年(1898年)には、天明の浅間山大噴火後に設けた棒出しの幅を僅か9間(16.2メートル)にまで狭め、江戸川への流入制限を強化して銚子方面へと水を流す方針が固まったとされる[4]

また、その頃利根川下流の両岸は千葉県香取郡であったが、当時の千葉県の財政基盤は弱く利根川の治水事業に予算が割けなかった。そのために利根川の洪水が頻発してその水が当時直接利根川に面していなかった茨城県稲敷郡東部地域にも被害を及ぼした。そこで、明治18年(1885年)茨城県の政治家と千葉県でも利根川の恩恵を受けられない房総半島南部の政治家の間で茨城県の治水事業への財政負担と引換に利根川以北の香取郡を茨城県側に譲渡するという計画が立てられた。これには大須賀庸之助(香取郡長・衆議院議員)や地元住民が激しい抵抗を続けたが、明治32年(1899年)に香取郡北部の稲敷郡編入が行われて、国と千葉・茨城両県による改修工事計画が検討され、着手された。

だが、明治維新以降、近代的なインフラ整備が進むにつれ、従来の氾濫を前提とした治水は成り立たなくなっていた。明治43年(1910年)の関東大水害の後中条堤を要としたそれまでの治水システムは破綻、すでに着手していた改修工事の改訂が迫られることになり、計画洪水流量の見直しや江戸川への分流量の増加など大きな変更を生んだ。そして江戸川へは棒出し(後・関宿水閘門)によって流入制限されたため、実際には銚子方面へあふれ出し結果「東遷」が確定、大正15年(1926年)には権現堂川が締め切られる。

その後は利根川下流の水害激化に対応するため計画上は江戸川への分派率が引き上げられているが、実際には江戸川分派点の利根川本流側には堰や水門のような構造物がなんら造られてこなかったため、結果として洪水時の江戸川の分派率は計画の40パーセントに対し20パーセント程度にすぎない。利根川治水の眼目の一つが江戸川への分派量の問題であるが、その分派量を一方的に決めるとともに決められた分派率が実現されぬまま埼玉県側の堤防だけを強化する「首都圏氾濫区域堤防強化事業」が進められ、利根川下流域の対策が後回しにされているというのが現状である[6]

影響[編集]

東北太平洋岸の海運に併せ利根川の水運を使う内川江戸廻り航路は、大消費地江戸と北関東や東北とを結ぶ物流路として発展し、鉄道網が整備される明治前半まで、流通の幹線として機能し続けた。寛文11年(1671年)に江戸幕府の命を受けた河村瑞賢が、東北諸藩の領内の産米を伊豆半島下田から直接江戸に運ぶことに成功し、外海江戸廻りの東廻海運が飛躍的に発達したが、東廻り航路は、危険な犬吠埼沖の通過に加え房総半島を迂回する必要があり、順風が得られない限り東京湾への出入りができない航路であり、利根川の水運は依然として重要であった。

旧渡良瀬川、旧鬼怒川、旧小貝川の下流域は縄文海進時にはであったが、以後の河川の堆積作用によって湿地帯が形成されており、治水も兼ねた当事業によって、これらの湿地帯が減り新田が開拓されたとされる一方で、東遷事業以前から新田開発は絶えず行われており、例えば香取海沿岸には古くから相馬御厨橘荘などの荘園をはじめとする多くの耕作地があり、東遷事業の後、水害により甚大な被害を被るようになったという歴史的事実は無視できない。

天明3年(1783年)浅間山大噴火後の中条堤の機能維持のための対策や、明治期の足尾鉱毒事件などを契機に、手賀沼印旛沼霞ヶ浦などをふくむ旧香取海沿岸では、排水不良によって洪水の激化を招くこととなった。その一方で水量の少ない時期には、旧常陸川や江戸川上流域に出現した浅瀬が高瀬船などの通行を妨げる事態が発生し、その傾向は浅間山大噴火以後深刻になった。このことが、舟運機能は確保した上で治水対策を強化していく事情へとつながり、元々海の干潟や利根川下流の湿地帯であった首都水害から守るため行われた大規模な対策事業は、海水の溯上を容易にし、現在の下流部では塩害が激化、戦後におけるさらなる対策事業へとつながることになる。そして、それらについての永続的な努力の結果として今日があり、さらには利根川水系8ダムのような終わりの無い問題を抱えている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 田代・塩野・重田・森田、(1999)、157頁。
  2. ^ 稲崎、太田、丸山(2014)、408頁。
  3. ^ 国土交通省 日本の川 関東地方の河川情報 利根川の歴史
  4. ^ a b 小出博、1975、『利根川と淀川-東日本・西日本の歴史的展開』、中央公論社
  5. ^ a b 大熊孝、1981、『利根川治水の変遷と水害』、東京大学出版会
  6. ^ a b c 大熊孝他、2007、『首都圏の水があぶない』、岩波書店、ISBN 978-4-00-009406-1、2-12頁
  7. ^ 先史時代の利根川水系とその変遷」菊地隆男、アーバンクボタ、1981年。
  8. ^ 鬼怒川は水海道の南で小貝川と合流し現在の河内町付近で香取海にそそいでいた。
  9. ^ 初期の水戸街道は布佐・布川間を船で渡り、また常陸川・小貝川の南流で改良されたそれまでの低湿地を南北に通り抜けた。
  10. ^ a b 稲崎、太田、丸山(2014)、409頁。
  11. ^ a b 渡辺英夫、2001、『近世利根川水運の研究』吉川弘文館 「利根川中流域の艀下輸送」(原論文発表1986)/「利根川水運の艀下河岸」(原論文発表1991)ほか

関連文献[編集]

出典[編集]

  • 稲崎富士、太田陽子、丸山茂徳「400年を越えて続いた日本史上最大最長の土木事業 ―関東平野における河川改修事業を規制したテクトニックな制約―」、『地学雑誌』第124巻第4号、東京地学協会、2014年、 401-433頁、 doi:10.5026/jgeography.123.401
  • 田代脩・塩野博・重田正夫・森田武『埼玉県の歴史 歴史11』株式会社山川出版社、1999年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]