入間川 (埼玉県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
入間川
飯能市阿須付近(2011/9/13撮影)
加治橋から見た入間川
水系 一級水系 荒川
種別 一級河川
延長 63.0[1] km
平均流量 -- /s
流域面積 721.0[1] km²
水源 埼玉県飯能市
水源の標高 1,197 m
河口・合流先 荒川(川越市)
流域 日本の旗 日本 埼玉県
テンプレートを表示

入間川(いるまがわ)は、埼玉県を流れる荒川水系一級河川である。上流部は名栗川(なぐりがわ)とも呼ばれる[2][3]。荒川の支流としては最長である。江戸時代の頃は、江戸の市中まで通じる、大事な船の交通路だった。

地理[編集]

標高1,294 mの大持山の南東斜面に源を発し[4]、飯能市、入間市、狭山市を流れ、その間に成木川、霞川、越辺川などの支流を合わせ、さいたま市川越市の境界付近の川越市大字古谷本郷で荒川に合流する。

豊水橋から初雁橋間の左岸、および初雁橋から入間大橋間の右岸に自転車道(22.6 km)が整備されている。

名称[編集]

飯能河原の先、岩根橋より上流[2][3]の旧名栗村の地域では名栗川と呼ばれているが、埼玉県では「入間川(清流 名栗川)」としている。さらに名栗の「名郷(なごう)」集落より上流の源流域では、横倉入(ナギノ入)と呼ばれている。

狭山市の流域には1954年まで埼玉県入間郡入間川町が存在していた。現在も「狭山市入間川」という地名として残されている。最寄の西武新宿線狭山市駅の旧称も「入間川駅」であった。

歴史[編集]

古くは荒川は東寄りの現在の元荒川を流れ当時の利根川に合流しており、入間川は単独で下流の隅田川へと流れていた。江戸時代1629年に荒川の付替えが行われ、熊谷市久下から現在の荒川合流点まで開削し、現在の流れが形作られた(利根川東遷事業も参照)。 また現在の入間川が荒川に合流するあたりから下流の旧入間川は現在の流路より北部を蛇行して流れていた。今より浦和市街に近い形で、大宮台地を避けて蛇行していた。流路はいくつかの河川や排水路として現在も面影をとどめている。また昭和期の航空写真では旧流路に人家が少なく、岸に沿って集落があったため、くっきりと流路が確認できる。現在の河川では新川鴨川、大久保排水路、作田排水路、合野谷排水路、田島排水路辻用水芝川毛長川あたりを流れていた。

江戸では火災が多発し木材が足りなくなると、入間川を使い、名栗村から大量の木材を運び入れた。その木材は、江戸の西の川から運んだことから「西川材」と呼ばれるようになった。

生物[編集]

サケが遡上するのは本州太平洋側では利根川以北とされており[5]、もともと入間川にサケは生息していない。しかし、「入間川にサケを放す会」と称する団体がサケを放流し続けており、入間川の生態系破壊する行為だとして論争となっている。荒川水系の水質保全活動に関する各団体で構成される「新河岸川水系水環境連絡会」は、ウェブサイト上に「もともとその川にいないサケを放すことに賛同できない」[6]との意見を掲載するなど、サケの放流に懸念を表明していた。また、埼玉県生態系保護協会においても、研究員の安東正行が「国も特定外来生物被害防止基本方針の中で、人為的な放流に懸念を示している。サケの分布は太平洋側では利根川以北で、荒川水系への放流は地域生物多様性に影響を及ぼす恐れがある」[6]と述べるなど、入間川へのサケの放流は生物多様性を破壊する行為だと指摘している。一方、入間川にサケを放す会の会長は「外来魚ブラックバスを放すのとは違う」[6]「利根川より南でもサケが上ることはよくある」[6]と反論している。

また、サケの回帰率は南にいくほど低くなり、北海道では約5パーセントに達するのに対して茨城県では約1パーセントに過ぎない[6]。そのため、利根川以南の入間川でサケを放流しても、遡上する可能性は極めて低いと考えられている。安東正行はその点に言及し「帰ってくる見込みがほとんどない稚魚を放流して命の大切さを教えるのはどうだろうか」[6]と指摘している。一方、入間川にサケを放す会の会長は「荒川は利根川とほぼ同じ緯度経度を流れているので問題ない」[6]と反論するとともに、さいたま市の秋ケ瀬取水堰でサケを釣った人がいた[6]、などと主張している。さらに、取水堰の存在がサケの遡上を妨害していると主張し、もともと生息していなかったサケのために魚道を整備するよう国や県に要求している[6]

なお、環境省の所管する国立環境研究所では、外来生物を収録した「侵入生物データベース」において、ブラックバスと同じくサケも外来生物のひとつとして分類している。「侵入生物データベース」によれば、日本におけるサケの自然分布は「日本沿岸北海道、本州の利根川以北太平洋側と九州以北日本海側)」[5]とされており、そのほかの「千葉栗山川)、東京多摩川)等」[7]にてみられるサケは外来生物として侵入したものだとされている。そのため、入間川小学校の生徒たちが夏場に入間川に直接入って、業者と外来生物の除去作業を行っていた。

流域の自治体[編集]

埼玉県
飯能市入間市狭山市川越市比企郡川島町

支流[編集]

上流から

用水路[編集]

  • 入間北部第二用水路(飯能市小瀬戸付近を流れる入間川より取水した宮沢湖の水を導水している[8]
  • 根堀用水(笹井ダムより取水し西へ流れる)
  • 赤間川(「入間第二用水」・「入間川第二用水」と称する。笹井ダムより取水し北東に流れ、新河岸川に合流する)
  • 伊佐沼代用水路(菅間堰より取水し南へ流れ、一部は伊佐沼に流入する。)

河川施設[編集]

有間ダム
  • 有間ダム
  • 笹井ダム

流域の観光地[編集]

飯能河原を流れる入間川

橋梁[編集]

割岩橋
入間川橋梁(西武池袋線)
新豊水橋より
広瀬橋
入間川と荒川の合流点

上流より記載

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 入間川 - 国土交通省 関東地方整備局 荒川下流河川事務所(2013年2月7日付けのアーカイブキャッシュ)
  2. ^ a b かわはくNo.14 (PDF) p.4 - さいたま川の博物館
  3. ^ a b 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』636頁。
  4. ^ 展示図録 8ページ
  5. ^ a b 「基本情報」『サケ / 国立環境研究所 侵入生物DB国立環境研究所生物・生態系環境研究センター侵入生物研究チーム
  6. ^ a b c d e f g h i 松村康史「荒川水系サケ放流に賛否――環境教育VS.生態系に影響」『朝日新聞』44135号、第2東京14版、朝日新聞東京本社2009年3月4日、30面。
  7. ^ 「侵入情報」『サケ / 国立環境研究所 侵入生物DB国立環境研究所生物・生態系環境研究センター侵入生物研究チーム
  8. ^ 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』833頁。
  9. ^ 荒川上流河川維持管理計画 【国土交通大臣管理区間編】2012年3月 (PDF) 21p - 国土交通省 関東地方整備局 荒川上流河川事務所

参考文献[編集]

  • 『入間川4市1村合同企画展 展示図録 入間川再発見! ―身近な川の自然・歴史・文化をさぐって―』 埼玉県西部地域博物館入間川展合同企画協議会、文化新聞社、2004年9月30日
  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』 角川書店、1980年7月8日ISBN 4040011104

関連項目[編集]