元荒川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
元荒川
元荒川 2005年6月5日撮影
埼玉県蓮田市にある宮前橋
水系 一級水系 利根川
種別 一級河川
延長 60.7[1] km
水源の標高 -- m
平均流量 -- /s
流域面積 208.9[1] km²
水源 埼玉県熊谷市佐谷田
河口・合流先 中川越谷市
流域 埼玉県
テンプレートを表示

元荒川(もとあらかわ)は、埼玉県を流れる利根川水系中川支流の一級河川である。古荒川とも呼ばれる[2]。その名のとおり、かつては荒川の本流であった[3]

地理[編集]

埼玉県熊谷市久下にある熊谷市ムサシトミヨ保護センター内に源を発する。おおむね南南東方向に流れ、行田市鴻巣市久喜市桶川市蓮田市白岡市さいたま市岩槻区を経由し、越谷市中島で中川合流する。途中、鴻巣市袋付近で武蔵水路と、白岡市柴山・蓮田市高虫付近で見沼代用水と立体交差する。 かつての元荒川は荒川扇状地湧水を水源としていたが、水源が枯渇したため[要出典]、現在の源流はポンプで汲み上げられた地下水(人工水源)であり、1日7千tの地下水が汲み上げられている[3]

歴史[編集]

かつては荒川の本流であったが、1629年伊奈忠次により熊谷市久下で荒川が締め切られ、和田吉野川市野川を経由し、入間川に付けかえられた為、本流からは切り離された(荒川の西遷)[4][5]。また、かつてはかなり蛇行した流路であったが、同時期に流路を整備されている。

自然[編集]

ムサシトミヨ生息地(熊谷市久下)

ムサシトミヨの生息が確認されている世界唯一の河川であり[3]、ムサシトミヨ生息域(源流部[3])が1991年3月15日に埼玉県指定天然記念物に選定され、2008年には、環境省から「平成の名水百選」に選定された。 また、元荒川の流域にはキタミソウ(環境省レッドデータブック絶滅危惧1A類に分類)の生育が瓦曽根溜井付近を中心にみられる[6]

農業用水路として[編集]

元荒川は用排水兼用の農業用水路でもある。上流から順に榎戸堰、三ツ木堰、宮地堰(以上鴻巣市)、末田須賀堰(さいたま市岩槻区)と4基の取水堰(農業用水)が設けられている。 昭和初期までは、これらの他にも笠原堰(鴻巣市)と栢間堰(久喜市菖蒲町)があり、合計6基の取水堰が存在したが、笠原堰と栢間堰は宮地堰へ統合される形で廃止された。 他にも越谷市に瓦曽根溜井および瓦曽根堰があり、元々は元荒川に設けられた河川施設であったが、1965年頃の治水事業により一部を規模を縮小した上で背割堤が設けられて元荒川から分離された[6]

[編集]

元荒川の沿域にはソメイヨシノの桜並木があり桜の名所が多い。北越谷元荒川堤の桜並木は比較的広く知られているが、このほかにも流域の各地域にそれぞれ桜の名所がある。桜の時期に桜まつりが開催され、夜間は提灯が灯され夜桜を鑑賞できる。

  • 鴻巣市鎌塚地区、元荒川の桜並木 - 両岸約2.6kmに500本の桜並木が整備されている。
  • 白岡市西地区、八幡橋付近の桜並木 - 元荒川の八幡橋付近の左岸約2kmに桜並木が整備されている。
  • 蓮田市椿山地区、元荒川河川敷公園付近の桜並木 - 公園を中心として元荒川の両岸の前後数kmに渡って450本の桜並木が整備されている。
  • さいたま市岩槻区の太田地区、岩槻城址公園の桜 - 園内およびその周辺に約600本の桜が咲く。
  • 越谷市北越谷地区、元荒川の桜並木 - 北越谷第五公園から大沢橋までの左岸約2kmに約400本の桜並木が整備されている。

支流[編集]

橋梁[編集]

最上流域の清流(熊谷市久下)

上流から

岩槻橋(2007年8月、さいたま市岩槻区)
大野島地区、大野島水管橋付近
元荒川橋付近(越谷市)
元荒川と中川の合流点

河川施設[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 利根川水系 中川・綾瀬川ブロック河川整備計画附図 附図-32 (PDF) 、埼玉県、2006年、2015年12月7日閲覧。
  2. ^ 元荒川 - 白岡市ホームページ、2015年12月7日閲覧
  3. ^ a b c d Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 title は必須です。{{{title}}}”. NHKさわやか自然百景』. 2017年5月22日閲覧。
  4. ^ 荒川を知ろう 荒川の歴史 - 荒川上流河川事務所
  5. ^ 荒川の西遷 - 国土交通省 水管理・国土保全、2015年12月7日閲覧。
  6. ^ a b 水の都(瓦曽根堰と瓦曽根溜井) (PDF) - 埼玉県、2015年12月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]