伊奈氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
伊奈氏
No image available.svg
左頭二つ巴、剣梅鉢
本姓 清和源氏満快流
同じく足利氏流吉良氏
藤原氏?
家祖 伊奈忠基
種別 武家
出身地 信濃国伊那郡
主な根拠地 信濃国
三河国
著名な人物 伊奈忠次
支流、分家 松本氏武家) など
凡例 / Category:日本の氏族

伊奈氏(いなし)は、日本氏族伊那氏井奈氏とも呼ばれる。

その出自[編集]

伊奈氏は清和源氏足利氏の庶流と見るのが通説であるが、『寛政重修諸家譜』には藤原氏の系統と記載されている。また、おなじく清和源氏満快流(満快の曾孫為公の子孫)の系統とする説もある。

概要[編集]

通常の伊奈氏は上記のように清和源氏満快流または、足利氏の支流である吉良氏とも戸崎氏の分家ともいわれ、初め荒川氏を称していたが、荒川詮頼の曾孫荒川易氏(やすうじ)のときに将軍足利義尚から信濃国伊那郡の一部を与えられ、易氏の孫の易次(やすつぐ)の代に伊奈熊蔵と号したといわれる。

その易次は叔父の易正(やすまさ)との所領争いに敗れて居城を奪われたため、三河国に移り松平氏の家臣となり、その子伊奈忠基(ただもと)は松平広忠徳川家康父子に仕えて三河国小島城(現在の愛知県西尾市)を居城としたという。

忠基の嫡男伊奈貞政(さだまさ)の系統は伊奈昭綱のときに断絶した。もう一人の子の伊奈忠家(ただいえ)の系統は伊奈忠次が徳川家康に仕え、家康の関東入国に従って代官頭(関東郡代の前身)となり、徳川氏の関東領国支配の中心的役割を担った。忠次はその後譜代大名として武蔵小室藩の初代藩主となり、長男の伊奈忠政が2代藩主となったが、3代伊奈忠勝の代で無嗣除封となった。忠次の次男伊奈忠治の系統は旗本となり関東郡代を世襲した(ただし、近年では伊奈氏が就いたのは関東代官であり、関東郡代は伊奈氏の自称に過ぎなかったとする説がある)。

系図[編集]

太線は実子、二重線は養子。

忠基
 ┣━━━━━┓
貞政    忠家
 ┃     ┃
昭忠    忠次
 ┣━━┓  ┣━━━━━━━━┳━━┳━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━┓
昭応 昭綱 忠政       忠治 忠武       忠公             忠雪
       ┣━━┓     ┣━━┳━━┓     ┣━━━━━━━━┳━━┓  ┣━━┓
      忠勝 忠隆    忠克 治詣 忠重    忠易       忠往 忠利 忠直 忠泰
          ┃     ┃     ┣━━┓  ┣━━┳━━┓  ┃     ┃  ┃
         宗英    忠常    忠則 忠長 忠知 忠房 忠真 忠嗣    忠有 忠永
          ┃     ┣━━┓  ┃  ┃     ┃  ∥           ∥━━┓
         貞長    忠篤 忠順 忠盛 忠義    忠諠 忠富          忠英 忠居
          ┣━━━━━┓  ┃  ┃  ∥     ┃  ∥           ┃
         忠義    忠逵 忠辰 忠衡 忠正    忠幸 忠貞          忠寄
          ┣━━┓  ┣━━━━━┓                       ∥
         忠豊 忠賢 忠宥    忠侯                      忠明
          ┃  ∥  ∥     ┃
         忠孚 忠寛 忠敬    忠利
                ∥━━┓  ┣━━┓
               忠尊 忠善 忠盈 惟忠

関連項目[編集]