荒川詮頼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
荒川詮頼
時代 鎌倉時代末期 - 南北朝時代
生誕 不明
死没 不明
官位 三河国遠江弾正少弼
幕府 室町幕府 丹後国石見国守護
主君 足利尊氏義詮
氏族 荒川氏
父母 父:荒川頼直
詮宣

荒川 詮頼(あらかわ あきより)は、鎌倉時代末期から南北朝時代の武将。吉良氏または戸賀崎(戸崎氏)の支族の荒川頼直の子。将軍足利義詮から偏諱を受け「詮頼」を名乗る。

生涯[編集]

正慶2年/元弘3年(1333年)、足利尊氏の九州からの上洛作戦に従って各地を転戦した。その功によって建武4年/延元2年(1337年)頃、丹後国守護職に任ぜられた。

貞和5年/正平4年(1349年)から始まる観応の擾乱では、父と共に足利直義方に味方するが、直義の横死後は室町幕府に帰順した。

文和元年/正平7年(1352年)、石見国守護職に任じられ、足利直冬とそれにくみする勢力追討のため石見に赴く。石見には直冬に味方する勢力が多く、益田兼見周布兼氏などの有力国人は直冬方であり、貞治3年/正平19年(1364年)頃からは、幕府に帰順した大内氏山名氏が石見への介入を強めた。石見での立ち位置を失った詮頼は同年、石見守護職から罷免され、失意のまま帰京した。

その後、石見守護職は山名時義大内弘世が継いだが、石見守護を諦め切れない詮頼は、当時絶大な権力を誇っていた管領細川頼之に訴えて、石見守護職への再任を求めた。永和2年/天授2年(1376年)、石見守護職に再任されると、再び石見に下向して勢力拡大に努めた。

しかし、康暦元年/天授5年(1379年)の康暦の政変で頼之が失脚すると、またもや石見守護職を罷免された。

以降の消息は不明である。

子孫は詮頼の曾孫易氏やすうじの代に、将軍足利義尚から信濃国伊那郡の一部を与えられ、伊奈を名字とし、後に三河国に移って松平氏の家臣となったとされる(ただし『寛政重修諸家譜』では藤原氏庶流と記載)。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]