伊奈忠宥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

伊奈 忠宥(いな ただおき、享保14年(1729年)- 明和6年12月7日1770年1月3日))は江戸時代中期の関東郡代

人物[編集]

伊奈忠逵の次男。通称半蔵、半左衛門。官位は従五位下、備前守。養子に伊奈忠敬(ただひろ・柳沢吉里の六男)、お知保の方(津田宇右衛門信成の娘、徳川家治側室)。

経歴[編集]

宝暦4年9月5日に伊奈忠辰が致仕し、忠宥が関東郡代となる。宝暦8年(1758年)3月15日、富岡八幡宮に石燈籠1対を奉納する。明和元年(1764年)の農民20万人にも及ぶ中山道伝馬騒動を老中松平武元の命により、助郷賦課の取消を約束しこれを鎮圧し、これに参加した辻、中居、小渕、上新田村の名主を「役儀追放」の重刑に処した。この功により、翌年に勘定奉行となりこれを兼任する。明和4年(1767年)9月、支配する天領の農民に闍婆菜と名づけた西洋菜の一種の種を配り、栽培を奨励する。これはのちに丈夫なことから野良生えと呼ばれ、のらぼう菜と呼ばれている(現在でも東京都あきる野市などで栽培されている)。没したのちは、関東郡代を養子の伊奈忠敬(ただひろ・柳沢吉里の六男)が継いだ。

参考文献[編集]

  • 関東郡代の終焉-九野啓祐 講談社サービスセンター 2000年

関連項目[編集]