伊奈忠常

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

伊奈 忠常(いな ただつね、慶安2年(1649年) - 延宝8年1月4日1680年2月4日))は江戸時代初期の関東郡代。通称半十郎。関東郡代伊奈忠克の嫡男。子に忠篤忠順

伊奈忠克の死後、関東郡代武蔵国赤山(現埼玉県川口市赤山)四千石の赤山城の遺領を継いだ。父らと同じく、伊奈氏の代々の仕事を引き継ぎ、関東郡代として治水工事、新田開発を行った。小貝川堤防工事や、千住大橋の架け替え工事などに名が残るが、32歳の若さで夭逝してしまう。

本拠地であった赤山城に隣接する源長寺は伊奈氏の菩提寺として忠常が整備し、父忠克以後代々の墓がある。頒徳碑には伊奈忠次忠政忠治らの業績が記されている。