松平重正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平重正
時代 江戸時代前期
生誕 元和9年(1623年
死没 寛文2年9月2日1662年10月13日
改名 内匠、太郎八(幼名)→重正
戒名 見生院殿忍誉得翁郭源大居士
墓所 東京都千代田区麹町の心法寺
官位 従五位下、玄蕃頭
幕府 江戸幕府
下野国皆川藩
氏族 能見松平家
父母 父:松平重則、母:屋代秀正の娘・称光院
兄弟 重正西郷延員正室、神保茂明継室、伊東長治正室
正室:松平正綱の娘・勢光院
重利、娘(室賀正勝継室)、娘(伊奈忠常室)

松平 重正(まつだいら しげまさ)は、下野国皆川藩の第2代藩主。

初代藩主・松平重則の長男として生まれる。寛永9年(1633年)、将軍・徳川家光と拝謁する。寛永18年(1642年)に父が死去したため、寛永19年(1642年)に19歳で跡を継ぎ、翌20年(1643年)8月、初めて領地へ入封した。万治2年(1661年)12月28日に叙任するが、寛文2年(1662年)に死去した。享年40。跡を長男の重利が継いだ。