伊奈忠辰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

伊奈 忠辰(いな ただとき、宝永2年(1705年)- 明和4年10月15日1767年12月5日))は江戸時代中期の関東郡代。通称造酒助、半十郎、半左衛門。

来歴[編集]

伊奈忠順の長男として生まれ、寛延3年(1750年)7月30日、関東郡代伊奈忠逵が退任し、その跡を継ぎ、関東郡代となり、奥右筆頭組次席を兼ねた。宝暦4年(1754年)9月5日致仕し、忠逵の子の伊奈忠宥が跡を継いだ。治世としてはわずか4年余であった。なお、この頃の伊奈氏が郡代として管理する天領は27万石、開発新田2万石でその1割が役料、その他家禄4000石と家臣400人を召抱えており、実質大名並みの権勢を誇っていた。墓所は深川の玄信寺。