五霞町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ごかまち ウィキデータを編集
五霞町
Goka Magnolia Kobus Huge Tree 1.JPG
五霞村旗 五霞村章
五霞町旗 五霞町章
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 茨城県
猿島郡
市町村コード 08542-1
法人番号 5000020085421 ウィキデータを編集
面積 23.11km2
総人口 8,057[編集]
推計人口、2021年8月1日)
人口密度 349人/km2
隣接自治体 古河市猿島郡境町
埼玉県久喜市幸手市
千葉県野田市
町の木
町の花 バラ
町の鳥 ヒバリ
五霞町役場
町長 染谷森雄
所在地 306-0392
茨城県猿島郡五霞町大字小福田1162-1
北緯36度6分52秒 東経139度44分42.5秒 / 北緯36.11444度 東経139.745139度 / 36.11444; 139.745139
Goka town office Ibaraki Japan.jpg
外部リンク 公式ウェブサイト

五霞町位置図

― 市 / ― 町・村

特記事項 市外局番:0280(町内全域・古河MA)
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

五霞町(ごかまち)は、茨城県西南端の県西地域に位置する猿島郡にあるである。旧・下総国葛飾郡東京都市圏

概要[編集]

茨城県の西南端に位置し、関東平野のほぼ中央にあり、東京都心からの距離は約50キロメートルである。

町内の北東部を利根川、東部を江戸川、南西部を権現堂川および中川の四方を河川に囲まれている。隣接している自治体は、茨城県古河市境町埼玉県久喜市幸手市千葉県野田市の5市町である。茨城県内の自治体では唯一、町内全域が利根川の右岸(南側)にあり[注釈 1]、江戸川の起点としても知られている。

茨城県内の他市町村から当町へ直接アクセスできる道路は、1981年昭和56年)に新4号国道春日部古河バイパス新利根川橋が有料道路として架かる(2001年平成13年)4月7日からは無料開放)まで存在していないため、同じ茨城県内へ直接行くことが出来ない飛び地であった。このような理由から、住民の日常生活における物品の購入・就労・進学など当町における生活圏は、利根川を隔てて隣接する茨城県古河市、猿島郡境町より、埼玉県幸手市久喜市(旧栗橋町)との結びつきが強い。そのため、茨城県・県西地域の自治体では唯一、東京都市圏(都市雇用圏)に属する。最新の2015年平成27年)の統計では、同じ県西地域の古河市、県南地域のつくば市土浦市よりも東京都へ通勤・通学する就業者・通学者の割合が高い。

東京都市圏には属するものの、隣接する古河市とともに昭和30年代から工業立地が進み、埼玉県方面からの労働力流入も多く、 昼間人口比率が124%(平成17年国勢調査)と高いことも特徴である。最新の平成27年の国勢調査では昼夜間比率が県内1位である。

また、当町の指定金融機関は、さいたま市本店を有し埼玉県を拠点としている武蔵野銀行である。一方で、茨城県の指定金融機関であり、県庁所在地である水戸市に本店のある常陽銀行は、茨城県内の自治体では唯一、店舗ATMともに当町には存在しない。

わずかではあるが、夏には冬木地区などでが飛ぶ。

首都圏中央連絡自動車道(圏央道)五霞インターチェンジの供用に伴い、圏央道・新4号国道県道西関宿栗橋線等の高次な広域交通体系が確立された立地を生かし、商業・工業・流通業務等を中心とした「五霞インターチェンジ周辺地区土地区画整理事業」を進めている[1]。圏央道供用に伴い、当町における工業地の地価上昇率が全国1位となった(平成29年都道府県地価調査)[2]

地理[編集]

概要[編集]

  • 地勢:海抜は14m(土与部・江川などの猿島台地)から7m(山王)であり、町内全域がほぼ平坦である。かつての利根川本流の権現堂川より東側に位置し、猿島台地上のため、1947年昭和22年)のカスリーン台風では浸水を免れている。
  • 町内の三角点
    • 下坪(5439-15-0902) 標高9.92m
    • 宮脇(5439-16-0001) 標高11.45m

河川[編集]

地名[編集]

  • 元栗橋(もとくりはし)
  • 川妻(かわつま)
  • 小手指(こてさし)
  • 新幸谷(しんこうや)
  • 小福田(こふくだ)
  • 大福田(おおふくだ)
  • 山王山(さんのうやま)
  • 山王 (さんのう)
  • 江川(えがわ)
  • 幸主(こうしゅ)
  • ごかみらい
  • 冬木(ふゆぎ)
  • 前林(まえばやし)
  • 釈迦(しゃか)
  • 原宿台(はらじゅくだい)

注意 : 住所などとして地名を用いる場合、「原宿台」及び「ごかみらい」以外では「大字元栗橋」のように「大字」をそれぞれの地名の前に冠する。

隣接する自治体[編集]

歴史[編集]

変遷表[編集]

五霞町町域の変遷表
1868年
以前
明治元年 - 明治22年 明治22年
4月1日
明治22年 - 昭和64年 平成元年 - 現在 現在
西葛飾郡 幸館村 明治14年
幸主村
五霞村 明治29年3月29日
猿島郡に編入
五霞村 平成8年6月1日
町制
五霞町
幸館新田
主税新田
山王山村
山王村
江川村
冬木村
新幸谷村
元栗橋村
川妻村
小手指村
大福田村
小福田村
釈迦村の一部 香取村
の一部
大正5年
五霞村に編入
前林村の一部
東葛飾郡 関宿江戸町の一部 関宿町
の一部
明治28年
五霞村に編入
五霞村

人口[編集]

Population distribution of Goka, Ibaraki, Japan.svg
五霞町と全国の年齢別人口分布(2005年) 五霞町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 五霞町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

五霞町(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より


行政[編集]

鈴木理一(〜1998年1月11日
大谷隆照(1998年1月12日2007年4月30日
染谷森雄(2007年5月1日〜)

平成の大合併[編集]

平成の大合併の大号令の元、改めて五霞町民の意識調査が行われ、希望が多かった埼玉県幸手市との全国的にも稀である越境合併を目指し、2003年(平成15年)4月1日、合併協議会が設置された。

しかし、埼玉県久喜市との合併の優先を望む幸手市民によるリコール運動を受け、五霞町との先行合併を唱えてきた幸手市長(当時)の増田実は辞職。増田は五霞町先行合併派の支持を受けて出直し市長選挙に改めて立候補したものの、久喜市優先派の市民団体が擁立した元久喜市水道部長・町田英夫が当選した。この結果、幸手市・五霞町合併協議会は2004年(平成16年)1月31日をもって解散となり、五霞町は単独での存続を決めた。

現在、茨城県内で人口が最も少ない自治体となっている(平成の大合併以前は県北地区を中心に当町より人口の少ない自治体があったが、多数が常陸大宮市常陸太田市城里町に姿を変えた)。2007年4月に町議選が行われ、こちらも県内で最も少ない議員定数10となった。

広域行政[編集]

経済[編集]

産業[編集]

工業[編集]

農業[編集]

1966年(昭和41年)、県営土地改良事業および圃場整備事業1974年(昭和49年)、農業構造改善事業によるカントリーエレベーター建設。

就業人口[編集]

(2002年)[10]

金融機関[編集]

地域[編集]

教育[編集]

町の主要施設[編集]

消防[編集]

警察[編集]


公園[編集]

  • 童夢公園
  • 中の島公園
  • ごかみずべ公園
  • Street sports park GOKA
  • 五霞町総合運動公園
  • 貝塚公園
  • 河田前児童公園
  • 川妻川岸前公園
  • 河田前街区公園
  • 原宿台運動公園
  • 辰堂児童公園
  • 辰戸児童公園
  • 蓮田児童公園
  • 宮前児童公園
  • 江川第1公園
  • 江川第2公園
  • 元栗橋農村公園
  • 小手指農村公園
  • 堀の内農村公園
  • 小福田農村公園
  • 山王山農村公園
  • 江川農村公園
  • 大福田農村公園
  • 幸主農村公園

交通[編集]

1981年新利根川橋が架橋される前は、五霞町と茨城県内を直接結ぶ道路がなかったこともあり、五霞町と茨城県内の他市町村を結ぶ路線バス路線が開設されたことはない。公共交通機関で五霞町から茨城県内の他市町村へ出る場合は必ず埼玉県を経由しなければならない。

東北新幹線大宮駅 - 小山駅間で当町内の西端をわずかながら通過しているものの、鉄道駅はない。最寄り鉄道駅は、東武鉄道日光線南栗橋駅。町の北部地区では、JR宇都宮線・東武日光線栗橋駅も利用圏である。

バス[編集]

かつては東武バス路線であったが、1991年に朝日自動車に移管されている。現在は朝日自動車境営業所に運行委託し運営されている。
  • 五霞町コミュニティ交通「ごかりん号」
    • 南栗橋駅 - 埼玉県済生会栗橋病院 - 五霞町役場前 - 五霞・江川本村 ※朝晩ルート・月〜土曜日運行
    • ベイシア栗橋店 - 南栗橋駅 - 埼玉県済生会栗橋病院 - 五霞町役場入口 - 元栗橋池成 - 童夢公園前 - 辰堂 - 道の駅ごか - 五霞・江川本村 ※日中ルート・月〜土曜日運行
2013年10月より試験運行を開始、2016年10月1日より本格運行。運行は朝日自動車久喜営業所

道路[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

著名な出身者[編集]

その他[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 当町周辺では利根川ではなく権現堂川・中川・江戸川(旧流路を含む)が茨城県と他県との県境になっている。

出典・引用文献等[編集]

  1. ^ 周辺地区土地区画整理事業 | 五霞町公式ホームページ” (日本語). www.town.goka.lg.jp. 2018年5月2日閲覧。
  2. ^ 関東地方整備局, 国土交通省. “圏央道茨城県区間全線開通後の整備効果 圏央道を利用した物流・観光が活発に | 記者発表 | 国土交通省 関東地方整備局” (日本語). www.ktr.mlit.go.jp. 2018年5月2日閲覧。
  3. ^ 角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典 8 茨城県』、角川書店、1983年 ISBN 4040010809 より
  4. ^ 日本加除出版株式会社編集部『全国市町村名変遷総覧』、日本加除出版、2006年、ISBN 4817813180 より
  5. ^ a b 経済産業省経済産業政策局調査統計部「平成30年工業統計表」
  6. ^ a b c 茨城県五霞町”. わがマチ・わがムラ. 農林水産省. 2019年1月5日閲覧。
  7. ^ 農林水産省「2000年世界農林業センサス(農業編)」
  8. ^ 農林水産省「平成16年(産)作物統計調査」
  9. ^ 「茨城ブランド ローズポークまん 角切り肉で食べ応え」読売新聞2008年5月15日付朝刊、茨城2、34ページ
  10. ^ 総務省統計局「平成12年国勢調査」
  11. ^ 2017年4月7日「情報・防災ステーションごか」竣工五霞町公式ホームページ(2018年4月16日閲覧)

外部リンク[編集]