松木川橋梁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第一松木川橋梁から転送)
移動先: 案内検索

松木川橋梁(まつきがわきょうりょう)は、栃木県日光市渡良瀬川(旧・松木川)に架かるわたらせ渓谷鐵道わたらせ渓谷線鉄道橋である。

下流側から第一松木川橋梁・第二松木川橋梁(廃橋)の2つの鉄道橋があるが、本項では一括して詳述する。

第一松木川橋梁[編集]

概要[編集]

第一松木川橋梁(だいいちまつきがわきょうりょう)は、足尾鉄道(現・わたらせ渓谷鐵道わたらせ渓谷線)の足尾駅 - 足尾本山駅(現在は廃駅)間の貨物支線の延伸工事に伴って1911年(明治44年)に完成し、1914年(大正3年)8月25日に供用開始した。足尾駅 - 間藤駅[1]利根川水系渡良瀬川(旧・松木川)に架かる全長56.45mの橋梁である。

本橋梁は、トレッスル形式の橋脚が特徴であり、1889年(明治22年)製作の英国パテント・シャフト製である。トレッスル形式の橋脚は、日本鉄道(現・東日本旅客鉄道(JR東日本))の東北本線北部に多数架設したものから転用されたものである。また、橋脚の下部工は切石積であるがアーチ形の開口部があり、さらにアーチ部は煉瓦巻きとなっている。

諸元[編集]

  • 種別 - 鋼鉄道橋
  • 形式 - 1-3)上路式プレートガーダー3連
  • 橋長 - 56.45m
  • 径間数 - 3径間
  • 支間 - 1,2)22.250m、3)9.601m
  • 線数 - 単線
  • 活荷重 -
  • 竣工 - 1914年(大正3年)8月25日
  • 施主 - 足尾鉄道
  • 橋梁設計 -
  • 橋桁製作 - 汽車製造

位置情報[編集]

第二松木川橋梁[編集]

概要[編集]

第二松木川橋梁(だいにまつきがわきょうりょう)は、足尾鉄道(現・わたらせ渓谷鐵道わたらせ渓谷線)の足尾駅 - 足尾本山駅(現在は廃駅)間の貨物支線の延伸工事に伴って1914年(大正3年)に供用開始した。間藤駅 - 足尾本山駅間[1]の利根川水系渡良瀬川(旧・松木川)に架かる橋梁(廃橋)である。

1987年(昭和62年)に足尾銅山の精錬所の貨物輸送が終了し、それに伴い貨物専用の間藤駅 - 足尾本山駅間の1.9kmは事実上休止線となり、本橋梁も同時に供用休止となった。わたらせ渓谷鐵道への承継後も休止状態が続き、1998年(平成10年)6月2日には同区間の鉄道事業免許失効により廃線となり、本橋梁も同時に供用廃止となった。現在は当時の姿を残したままの遺構として現存している。

本橋梁の間藤方には、レールなどの廃材が置かれており、立ち入り禁止状態となっている。本橋梁の足尾本山方の下には、交差するようにアーチ橋間藤橋が松木川に架かっているが、こちらも現在は廃橋となっている。

諸元[編集]

  • 種別 - 鋼鉄道橋
  • 形式 - 1)上路式プレートガーダー1連、2)下路式プレートガーダー1連
  • 橋長 -
  • 径間数 - 2径間
  • 支間 -
  • 線数 - 単線
  • 活荷重 -
  • 竣工 -
  • 施主 - 足尾鉄道
  • 橋梁設計 -
  • 橋桁製作 -

位置情報[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 延伸開業時は間藤駅は開業しておらず、足尾駅 - 足尾本山駅間であった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]