足尾バイパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般国道
国道122号標識
足尾バイパス
国道122号バイパス
開通年 1981年
道路の方角 南北
起点 栃木県日光市足尾町下間藤
終点 栃木県日光市足尾町遠下
接続する
主な道路
記法
記事参照
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

足尾バイパス(あしおバイパス)は、栃木県日光市内を通る国道122号バイパスである。

かつての国道122号は、渡良瀬川右岸に位置する足尾市街地の間をわたらせ渓谷鐵道(旧:国鉄足尾線)に沿って通っていたが、全体的に狭隘でカーブも多くボトルネックとなっていた。これを改善すべく計画されたのが本バイパスであり、渡良瀬川左岸の山腹を迂回している。

なお、旧道は栃木県道250号中宮祠足尾線の一部、栃木県道142号通洞停車場線の一部および日光市道となっている。

概要[編集]

  • 起点:栃木県日光市足尾町下間藤(田元交差点)
  • 終点:栃木県日光市足尾町遠下(遠下交差点)
  • 車線数:全線片側1車線
  • 開通年:1981年

交差する道路[編集]

沿線施設[編集]

  • 日光市立足尾中学校
  • 足尾双愛病院