群馬県道・栃木県道402号桐生足利藤岡自転車道線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
一般県道自転車道
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 0.svgJapanese Route Sign Number 2.svg
群馬県道402号標識
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 0.svgJapanese Route Sign Number 2.svg
栃木県道402号標識
群馬県道・栃木県道402号
桐生足利藤岡自転車道線
路線延長 38.2 km
制定年 1981年
起点 群馬県桐生市錦町
終点 栃木県栃木市藤岡町藤岡
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0050.svg国道50号
Japanese National Route Sign 0293.svg国道293号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

群馬県道・栃木県道402号桐生足利藤岡線(ぐんまけんどう・とちぎけんどう402ごう きりゅうあしかがふじおかせん)は、群馬県桐生市栃木県栃木市を結ぶ一般県道(自転車道)である。

栃木市藤岡町藤岡付近

別名渡良瀬川自転車道。主に渡良瀬川、一部は渡良瀬川支流の矢場川の堤防上を通る。

路線概要[編集]

歴史[編集]

  • 1983年昭和58年)4月1日:群馬県桐生市堺野町三丁目 - 同市同町七丁目の区間を整備供用開始[1]

交差する主な道路[編集]

かつては足利市野田町 - 群馬県館林市足次町の堤防上で栃木県道・群馬県道223号寺岡館林線の旧道と重複していたが、旧道が市道に降格したため、現在は重複区間は無い。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 昭和58年群馬県告示第249号 道路の供用開始(群馬県報 第6039号、1983年3月29日、p. 7、群馬県立図書館所蔵)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]