邦彦王妃俔子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
邦彦王妃 俔子
久邇宮
Chikako, Princess Consort of Prince Kuni Kuniyoshi.jpg

身位 王妃皇籍離脱
敬称 殿下 → 皇籍離脱
出生 (1879-10-19) 1879年10月19日
死去 (1956-09-09) 1956年9月9日(76歳没)
配偶者 久邇宮邦彦王
子女 朝融王
邦久王
良子女王(香淳皇后)
信子女王
智子女王
邦英王
父親 島津忠義
母親 山崎寿満子
テンプレートを表示
邦彦王妃俔子

邦彦王妃俔子(くによしおうひ ちかこ、1879年明治12年)10月19日 - 1956年昭和31年)9月9日)は、日本の皇族久邇宮邦彦王の妃。島津忠義公爵令嬢。香淳皇后の母。上皇の外祖母。今上天皇秋篠宮文仁親王黒田清子の曾祖母。姉は黒田長成侯爵夫人・清子、松平直亮伯爵夫人・充子、山階宮菊麿王常子徳川達孝伯爵夫人・知子、久松定謨伯爵夫人・貞子。妹は徳川家正公爵夫人・正子、徳川頼貞侯爵夫人・為子。弟は第30代島津家当主島津忠重、旧佐土原藩主で孫である島津貴子の夫の島津久永の父に当たる島津久範ら。

生涯[編集]

薩摩藩主の公爵・島津忠義八女で、1898年4月12日木曽川丸で徳川正子島津忠重神戸へ、汽車にて同年4月18日旧新橋駅に着く。[1]1899年明治32年)10月6日、久邇宮邦彦王と結婚。[2] 3男3女をもうけた。また、「恩賜財団愛育会」(現・恩賜財団母子愛育会)の初代総裁を務めるなど、日本の児童や母性に関する研究の発展に尽力した。

系図[編集]

明仁の系譜
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
16. 121代天皇
孝明天皇
 
 
 
 
 
 
 
8. 122代天皇
明治天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
17. 中山慶子
 
 
 
 
 
 
 
4. 123代天皇
大正天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
18. 柳原光愛
 
 
 
 
 
 
 
9. 柳原愛子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
19. 長谷川歌野
 
 
 
 
 
 
 
2. 124代天皇
昭和天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20. 九条尚忠
 
 
 
 
 
 
 
10. 九条道孝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
21. 菅山
 
 
 
 
 
 
 
5. 貞明皇后
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
22. 野間頼興
 
 
 
 
 
 
 
11. 野間幾子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1. 125代天皇
明仁
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
24. 伏見宮邦家親王
 
 
 
 
 
 
 
12. 久邇宮朝彦親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
25. 鳥居小路信子
 
 
 
 
 
 
 
6. 久邇宮邦彦王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
26. 泉亭俊益
 
 
 
 
 
 
 
13. 泉萬喜子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3. 香淳皇后
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
28. 島津久光
島津斉興五男)
 
 
 
 
 
 
 
14. 島津忠義
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
29. 島津千百子
 
 
 
 
 
 
 
7. 島津俔子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
30. 山崎拾
 
 
 
 
 
 
 
15. 山崎寿満子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


栄典[編集]

出典[編集]

  1. ^ しらゆき. 島津出版会刊 
  2. ^ 『 親 王 ・ 諸 王 略 傳 』”. 2020年1月6日閲覧。
  3. ^ 『官報』第4982号、「叙任及辞令」明治33年2月13日
  4. ^ 『官報』第7578号・付録、「辞令」明治41年9月28日
  5. ^ 『官報』第7989号、「叙任及辞令」明治43年2月12日
  6. ^ 『官報』第4438号・付録「辞令二」1941年10月23日。