中山慶子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中山 慶子
Nakayama Yoshiko.jpg
称号 中山一位局
全名 中山慶子
身位 典侍
出生 天保6年11月28日1836年1月16日
平安京石薬師
死去 明治40年(1907年10月5日
日本の旗 日本 東京府東京市赤坂区青山南町
配偶者 孝明天皇
子女 明治天皇
父親 中山忠能
母親 中山愛子
テンプレートを表示

中山 慶子(なかやま よしこ、1836年1月16日天保6年11月28日〉 - 1907年明治40年〉10月5日[1])は、孝明天皇典侍明治天皇生母

号は中山一位局など。権大納言中山忠能の次女で、母は平戸藩主・松浦清(靜山)の十一女・愛子侯爵を授けられた中山忠愛は長兄。天誅組の主将・中山忠光は同母弟。従一位勲一等

生涯[編集]

天保6年11月28日(1836年1月16日)、京都石薬師に生まれ、八瀬(現京都市左京区八瀬)に里子に出されて育つ。17歳で典侍御雇となって宮中に出仕し、名を安栄(あえ)と賜る。孝明天皇の意を得て懐妊し、嘉永5年9月22日1852年11月3日)、実家中山邸において皇子・祐宮(さちのみや、のちの明治天皇)を産む。家禄わずか二百石の中山家では産屋建築の費用を賄えず、その大半を借金したという。

祐宮はそのまま中山邸で育てられ、5歳の時に宮中に帰還し慶子の局に住んだ。その後、孝明天皇にほかの男子が生まれなかったため、万延元年7月10日1860年8月26日)、勅令により祐宮は准后女御九条夙子の「実子」とされ、同年9月28日親王宣下を受け名を「睦仁」と付けられた。

慶応3年(1867年1月9日、睦仁親王が践祚。同年4月、慶子は病のため辞していた典侍に再任される。慶応4年(1868年8月4日従三位及び食禄五百石と屋敷地を賜わり、翌々年9月7日、さらに従二位に叙せられた。明治3年(1870年)9月、遷都に伴い東京に移住。

明治12年(1879年)に生まれた嘉仁親王(のちの大正天皇)の養育掛となり、同22年(1889年)まで親王の養育を任せられた。同年正二位

明治維新による女院号廃止のため院号宣下は無かったが、国母として相応に厚遇された。明治33年(1900年1月15日、大患により従一位に昇叙。同17日、人臣で初めて勲一等宝冠章を授けられた。明治40年(1907年)10月5日、東京青山南町の邸にて薨去。享年73。豊島岡墓地に埋葬される。

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 中山慶子コトバンク

参考文献[編集]

関連項目[編集]