水島三一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

水島 三一郎(みずしま さんいちろう、1899年3月21日 - 1983年8月3日)は、日本化学者東京大学名誉教授。専門は構造化学分子構造分子科学。分子構造論の世界的先駆者。日本学士院会員。

研究[編集]

1899年東京日本橋にて金問屋増見屋の倅(9代目水島三右衛門良房の長男)として生まれる。日本の構造化学の先駆者。1,2-ジクロロエタンの立体配座を研究し、トランス型ゴーシュ型が存在することを実証した。これは回転異性体というコンセプトを打ち出したもので、国際的にも高く評価された。

研究分野は大変に広く、タンパク質の構造研究など生化学分野にも足跡を残しでいる。生前、1962年1964年ノーベル化学賞の候補に挙がっていたものの、受賞を逸している[1]

家族・門下生[編集]

長男水島恵一文教大学元学長、次男水島昭二は元東京大学教授、三男水島裕は元参議院議員。孫に生物学者水島昇、元衆議院議員の水島広子。妻は正田英三郎の妹である水島勅子。従って美智子皇后は義理のに当たる。

近藤富枝森まゆみは遠戚[2]。水島恭愛(ハクビ京都きもの学院理事長)は近藤富枝の従兄弟で、やはり遠戚[3]

また、弟子には森野米三島内武彦渡邊格長倉三郎、野田春彦、今堀和友ら。

略歴[編集]

府立一中第一高等学校 (旧制)を経て

受賞歴[編集]

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ San-ichiro Mizushima - Nomination Database
  2. ^ 八代目・水島三衛門の次男・水島弁次郎が近藤富枝の祖父である『矢ノ倉は水の匂いにつつまれて 追憶の下町』P.34 http://hiroomikes20120501.blogspot.jp/2014/03/2014324.html 森まゆみは近藤の妹の子。
  3. ^ 水島恭愛『女性が美しくなるとき―あなたが生かす2000年の文化』

参考文献[編集]