近藤富枝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

近藤 富枝(こんどう とみえ、1922年8月19日 - 2016年7月24日[1])は、日本の作家エッセイスト。旧名:水島富枝[2]。夫は軍事史研究家の土門周平[3]

略歴[編集]

東京府東京市日本橋区矢ノ倉町(現:東京都中央区東日本橋一丁目)の袋物問屋に生まれる。1929年に、父の破産で一家離散となり、一人で父方の祖父母の家にひきとられ[4]、東京市田端で育つ[5]。祖父・水島辨治郎は、日本橋の金襖問屋・増見屋の8代目水島三右衛門の次男だった[6]

東洋高等女学校卒業[7]東京女子大学国語専攻部に在学中に演劇に熱中し、1942年新劇団「芸術小劇場」(北村喜八村瀬幸子が主催)の研究生、のち文学座の研究生となる[8]1943年に大学卒業後、文部省教学局国語課勤務。1944年から、日本放送協会でアナウンサーとして1年余勤務。

1946年、田端での家作の元住人で、元軍人の近藤新治(のち、軍事史研究家となり筆名土門周平となる)と結婚。以後約20年の主婦生活をおくる。1963年「週刊朝日」のルポに『私の八月十五日』が特選となるなど、各雑誌に入選多数で、主婦の友社の専属ルポライターとなり[9]、文筆業に入る。

初めは明治・大正の文学者について調査研究を行い、その後は着物や布についてのエッセイが多い。『宵待草殺人事件』『鹿鳴館殺人事件』というミステリ作品も発表。『矢田津世子全集』の編纂も行なった。1981年、NHK連続テレビ小説本日も晴天なり』の主人公のモデルとなる。1986年から1993年にかけて、武蔵野女子大学で教鞭を執る。

財団法人民族衣裳文化普及協会理事、王朝継ぎ紙研究会を主宰。

2016年7月25日、老衰のため逝去。93歳没[10]

親族・交友[編集]

娘の近藤陽子は、講談社の編集者から「王朝継ぎ紙研究会」に参加して講師をつとめる[11]。息子は著書「アップル操縦法入門」を執筆するなどAppleの日本での勃興時にかかわった近藤龍太郎[12]。Appleを初期に扱う代理店であったESD社の社長の水島敏雄は、近藤の弟で、龍太郎にとっては叔父にあたる[13]

作家の森まゆみは姪[14]武蔵野大学大学院言語文化研究科教授の堀井惠子も姪[15]。化学者の水島三一郎は生家である水島家の本家当主だった[16]。水島恭愛(ハクビ京都きもの学院理事長・民族衣裳文化普及協会会長)は従兄弟[17]。また、近藤の叔母(父親の妹)の延子は、本郷菊富士ホテル経営者・羽根田幸之助の長男・羽根田冨士雄の妻。

作家の瀬戸内寂聴は東京女子大学時代からの友人。作家の阿刀田高の姉(阿刀田稔子)とも東京女子大学の同級生で友人であった[18]

受賞[編集]

  • 1983年 日本文芸大賞(第3回女流文学賞)「本郷菊富士ホテル」
  • 1999年 北区区民文化賞

著書[編集]

  • 『本郷菊富士ホテル 文壇資料』講談社 1974 全国書誌番号:75017916NCID BN06404416。 のち中公文庫
  • 『田端文士村 文壇資料』講談社 1975 全国書誌番号:75006557NCID BN06404471。 のち中公文庫
  • 『馬込文学地図 文壇資料』講談社 1976 全国書誌番号:75017307NCID BN05069870。 のち中公文庫
  • 『花蔭の人 矢田津世子の生涯』講談社 1978 全国書誌番号:78018456NCID BN00420114。 のち文庫
  • 『なぜ自立なのか 自らをきり拓いた女たちの光と影』海竜社 1979 全国書誌番号:80001037NCID BN04732425
  • 鹿鳴館貴婦人考』講談社 1980 全国書誌番号:81004507NCID BN01120987。 のち文庫
  • 『枯木に花の物語』講談社 1981 全国書誌番号:81049192NCID BN12440367
  • 『服装から見た源氏物語』文化出版局 1982 全国書誌番号:82030329NCID BN02211567。 のち朝日文庫、PHP文庫
  • 『相聞 文学者たちの愛の軌跡』中央公論社 1982 全国書誌番号:82035015NCID BN08598798。 のち文庫
  • 『モナ・リザは歩み去れり 明治四十年代の吉原』講談社 1983 ISBN 4062005085 「今は幻吉原のものがたり」文庫
  • 『色かくし』文化出版局 1984 全国書誌番号:84047741NCID BA47262911
  • 『愛一通の手紙 炎の作家15人の愛の書簡集』主婦の友社 1984 ISBN 4079198841
  • 『宵待草殺人事件』講談社 1984 ISBN 4062015579
  • 『装いの女ごころ もうひとつの日本女装史』講談社 1985 ISBN 4062012243
  • 『鹿鳴館殺人事件』中央公論社(C★NOVELS) 1986 ISBN 4125000735
  • 『待てど暮せど来ぬひとを 小説竹久夢二』講談社 1987 ISBN 4062035146
  • 『愉しい王朝継ぎ紙 手づくり小物三十一点』海竜社 1987 ISBN 4759301968
  • 『夢二暮色』講談社 1989 ISBN 406204305X
  • 『信濃追分文学譜』中央公論社 1990 ISBN 4120019225 のち文庫
  • 『自分を磨く女の心わざ 愛・仕事・暮らし』海竜社 1990 ISBN 4759302522
  • 『きものがたり・今昔』講談社 1991 ISBN 4062051648
  • 紫式部の恋』講談社 1992 ISBN 4062056984 のち河出文庫
  • 『移り行く姿』彩樹社 1993 ISBN 4795239258
  • 『矢ノ倉は水の匂いにつつまれて 追憶の下町』都市出版 1995 ISBN 4924831182
  • 『近藤富枝と読む源氏物語 千年めの男ぎみと女ぎみ』オリジン社 1996 ISBN 4072194190「読み解き源氏物語」河出文庫
  • 『夫と妻の元気な老い仕度』海竜社 1997 ISBN 4759305238
  • 『色に聴く』ハクビ出版局 1997 ISBN 4916102037
  • 『近藤富枝のきもの優遊 だれでも素敵な着こなしが楽しめる』講談社 1998 ISBN 4062091992
  • 『老いのくり言、笑うなかれ』講談社 1999 ISBN 4062100029
  • 『江戸の花女御 東福門院和子』毎日新聞社 2000 ISBN 4620106097
  • 『美しい日本の暮らし』平凡社 2002 ISBN 4582831249
  • 『文士のきもの』河出書房新社、2008 ISBN 978-4309018911
  • 『荷風と左団次-交情蜜のごとし』河出書房新社、2009 ISBN 978-4309019451
  • 『きもので読む源氏物語』河出書房新社、2010 ISBN 978-4309019796
  • 『きもの名人』河出書房新社 2012 ISBN 978-4309020938
  • 『大本営発表のマイク 私の十五年戦争』河出書房新社、2013 ISBN 978-4309022123

共編著[編集]

テレビ出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “近藤富枝さん死去 朝ドラ「本日も晴天なり」モデル”. 朝日新聞. (2016年7月25日). http://www.asahi.com/articles/ASJ7T4172J7TUCVL00C.html 2016年7月25日閲覧。 
  2. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報に「旧名:永島富枝」とあるのは誤り。
  3. ^ 読売人物データベース
  4. ^ 『大本兵発表のマイク』P.13
  5. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  6. ^ 『矢ノ倉は水の匂いにつつまれて 追憶の下町』P.34
  7. ^ 『大本兵発表のマイク』
  8. ^ 『大本兵発表のマイク』
  9. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  10. ^ “【訃報】近藤富枝さん=作家”. 讀賣新聞. (2016年7月25日). http://www.yomiuri.co.jp/obit/20160725-OYT1T50065.html 2016年7月26日閲覧。 
  11. ^ 「王朝継ぎ紙の世界」著者紹介
  12. ^ http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG25H5O_V20C16A7CZ8000/ 「喪主は長男、龍太郎氏」
  13. ^ http://appletechlab.jp/blog-entry-357.html?sp
  14. ^ http://www.yanesen.net/mayumi/?p=1010 森まゆみブログ。森の母は近藤の末妹で、生後すぐに浅草の歯科医の養女となった(近藤富枝『夫と妻の元気な老い仕度』P.112)。
  15. ^ http://www.yanesen.net/mayumi/?p=3601
  16. ^ http://hiroomikes20120501.blogspot.jp/2014/03/2014324.html
  17. ^ 恭愛は父方の叔父・梅次郎の息子(『矢の倉は水の匂いにつつまれて』P.241)。また水島恭愛『女性が美しくなるとき―あなたが生かす2000年の文化』も参照。
  18. ^ 阿刀田高 『エロスに古文はよく似合う』の近藤による解説 (角川文庫、1988年) ISBN 4-04-157606-7

外部リンク[編集]