竹久夢二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
竹久夢二
Yumeji Takehisa.JPG
生誕 (1884-09-16) 1884年9月16日
岡山県邑久郡本庄村
死没 1934年9月1日(1934-09-01)(49歳)
長野県諏訪郡落合村
墓地 雑司ヶ谷霊園
国籍 日本の旗 日本

竹久 夢二(たけひさ ゆめじ、1884年明治17年)9月16日 - 1934年昭和9年)9月1日)は、日本画家詩人。本名は竹久 茂次郎(たけひさ もじろう)。

概要[編集]

数多くの美人画を残しており、その抒情的な作品は「夢二式美人」と呼ばれた[1]大正ロマンを代表する画家で、「大正の浮世絵師」などと呼ばれたこともある。また、児童雑誌や詩文の挿絵も描いた。文筆の分野でも、歌謡童話など創作しており、中でも、詩『宵待草』には曲が付けられて大衆歌として受け、全国的な愛唱曲となった。また、多くの書籍の装幀、広告宣伝物、日用雑貨のほか、浴衣などのデザインも手がけており、日本の近代グラフィック・デザインの草分けのひとりともいえる。

彼自身の独特な美意識による「夢二式美人画」と呼ばれる作品の多くは、日本画の技法で描かれ(軸物屏風仕立てで遺る)、また、洋画キャンバス油彩)技法による女性像や風景画ものこされている。好んで様々な表現形式を試みたが、むしろ、それらは後世になってから評価されたもので、当時の時点においては、印刷された書籍の表紙や広告美術などが多くの目に触れ、大衆人気という形で脚光を浴びたのであった。一時は中央画壇への憧れもあったようだが受け入れられず、終生、野にあって新しい美術のあり方を模索した。

世の動きとしてみた場合、当時の画壇では様々な芸術思潮が交錯し、ある意味で胎動期の不定のさなかである。都市における大衆文化の開花による消費生活の拡大を背景とした、新しい応用美術としてのデザインというものの黎明の時代であり、夢二もこれに着目した。生涯の後期にいたっては、彼の図案家としての才能の実績において、生活と結びついた美術を目指し、あるいは産業と融合すべきとの理念を持ち、むしろ積極的に、商業美術(のちにいわれるグラフィック・デザイン)の概念を描いていたようである。榛名山産業美術研究所の構想や、先進地である欧米視察への願望がこのことを裏付けている。

21世紀に入っても画集、詩文集、童話が様々な装丁で刊行されたり、夢二作品を専門に所蔵する美術館(後述)以外でも展示会が開かれたり[2]している。

また2017年には、従来知られていなかった作品『投扇興』(屏風絵)が発見された[3]

2020年1月6日には、面識があった田河水泡へ贈った日本画『サーカス』が田河の遺族から寄贈されたと、竹久夢二美術館が発表した[4]

経歴[編集]

(年代の後は満年齢を示す)

夢二生家
竹久夢二寓居跡(京都市東山区二寧坂)
  • 1884年明治17年)0歳
    • 9月16日 岡山県邑久郡本庄村(現・岡山県瀬戸内市邑久町本庄)に代々酒造業を営む家に次男として生まれる。兄が前年に亡くなっていたため、事実上の長男として育てられる。
  • 1899年(明治32年)15歳
  • 1900年(明治33年)16歳
  • 1901年(明治34年)17歳
    • 家出して単身上京。
  • 1902年(明治35年)18歳
  • 1903年(明治36年)19歳
    • 制作年らしき数字「1903」が記された、文章・絵画からなる冊子『揺籃』が2018年に発掘されている[5]
  • 1904年(明治37年)20歳
  • 1905年(明治38年)21歳
    • 友人であった荒畑寒村の紹介で平民社発行の『直言』にコマ絵が掲載される。これは最初に印刷に附された夢二の絵であった。この後、『光』、日刊『平民新聞』に諷刺画などの絵を掲載し、社会主義者らとの親交も深めた。同年6月、『中学世界』に『筒井筒』が第一賞入選、このとき、初めて夢二を名乗る。早稲田実業学校専攻科中退。
  • 1906年(明治39年)22歳
    • 童話雑誌『少年文庫』の挿絵を描く。
  • 1907年(明治40年)23歳
    • 岸たまき結婚。読売新聞社に入社し時事スケッチを担当。
  • 1908年(明治41年)24歳
    • 長男・虹之助誕生。
  • 1909年(明治42年)25歳
    • たまきと協議離婚。この年、最初の著書『夢二画集-春の巻』発刊、ベストセラーとなる。
  • 1910年(明治43年)26歳
    • たまきと再び同棲し、その後、二児をもうける。大逆事件関与の容疑で2日間拘留される。夏、房総方面に旅行し、『宵待草』を発想。
  • 1911年(明治44年)27歳
    • 次男・不二彦誕生、たまきと別居。月刊『夢二 ヱハガキ』発売。
  • 1912年(明治45年)28歳
    • 雑誌『少女』誌上に、“さみせんぐさ”の筆名で『宵待草』原詩を発表。京都府立図書館にて「第一回夢二作品展覧会」。
  • 1913年(大正2年)29歳
    • 11月 絵入り小唄集『どんたく』出版、その中の一節に『宵待草』を現在の三行詩で発表。
  • 1914年(大正3年)30歳
    • 日本橋呉服町に「港屋絵草紙店」を開店、来店した笠井彦乃と出会う。
  • 1915年(大正4年)31歳
    • 婦人之友社より雑誌『子供之友』『新少女』創刊、絵画主任として挿絵を描き始める。たまきとは離別。
  • 1916年(大正5年)32歳
    • 2月、三男の草一が生まれる。セノオ楽譜『お江戸日本橋』の表紙画、以降270余点を作画する。東京を離れ、京都二寧坂に転居。草一、他家へやられる。
  • 1917年(大正6年)33歳
  • 1918年(大正7年)34歳
    • 『宵待草』がセノオ楽譜から発刊、これを機に全国的なヒットとなる。長崎方面に旅行。彦乃入院、東京に戻る。
  • 1919年(大正8年)35歳
    • 寄宿先の本郷・菊富士ホテルにてモデルのお葉を紹介される。日本橋三越にて「女と子供に寄する展覧会」。
  • 1920年(大正9年)36歳
    • 彦乃25歳で病没。『長崎十二景』『女十題』のシリーズ制作。
  • 1921年(大正10年)37歳
    • お葉(夢二が名付ける・本名は佐々木カ子ヨ)と渋谷に所帯を持つ(6年後には離別)。福島・会津を旅行、各地で展覧会。
  • 1922年(大正11年)38歳
    • 春、山形方面へ旅行、滞在。夏、不二彦と富士山登山。
  • 1923年(大正12年)39歳
  • 1924年(大正13年)40歳
  • 1925年(大正14年)41歳
    • 作家・山田順子と交渉を持ち、お葉は去る。後、順子とも別れる。
  • 1926年(大正15年)42歳
    • このころから、海外旅行を希求する。
  • 1927年(昭和2年)43歳
    • 『都新聞』に自伝絵画小説『出帆』を連載。
  • 1928年(昭和3年)44歳
    • 母・也須能、没(享年72)
  • 1929年(昭和4年)45歳
  • 1930年(昭和5年)46歳
  • 1931年(昭和6年)47歳
  • 1932年(昭和7年)48歳
  • 1933年(昭和8年)49歳
    • ドイツ首都ベルリンに滞在の後、8月19日にイタリアナポリを発ち、9月18日、神戸に帰国する。10月26日、台湾を訪れて講演し、「竹久夢二画伯滞欧作品展覧会」を開催。11月11日、帰国、結核を患って病床につく。
  • 1934年(昭和9年)満49歳11ヶ月で逝去。
    • 1月19日、親しい文芸仲間でもあった正木不如丘院長の手配により、長野県八ケ岳山麓の富士見高原療養所(現・JA長野厚生連富士見高原病院)に入院。9月1日早暁、「ありがとう」の言葉を最後に死去。49歳没。東京雑司ヶ谷霊園の文芸仲間の上田龍耳の義理の弟山地純一の墓に9月19日に埋葬される。戒名「竹久亭夢生楽園居士」。墓碑には有島生馬に依る揮毫「竹久夢二を埋む」と刻まれている。骨は後に現在の墓に移された。
東京・雑司ヶ谷霊園にある竹久夢二の墓

関わった女性達[編集]

恋愛遍歴についても数々の評伝があり、自身の日記や手紙などで語られる愛の言葉は、後世の多くの創作の題材ともなっている。特に、下記3人が「夢二をめぐる3人の女性」として、しばしば取り沙汰される。

たまき[編集]

たまき(1912年頃の撮影)

1882年7月28日 - 1945年7月9日石川県金沢市出身、本名は岸他万喜。

唯一、戸籍上の妻となった女性である。兄を頼って上京後、結婚歴があり死別した前夫との間に二児があった。自立のために早稲田鶴巻町に開店した絵葉書店「つるや」に、夢二が客として毎日店に通いつめた挙句、2ヵ月後には結婚にいたった。2年後には離婚するが、その翌年に再び同棲、そして、別居を繰り返す。

夢二が彦乃を知った後の大正4年(1915年)、たまきと画学生東郷鉄春(青児)との仲を疑い、富山県の海岸で夢二がたまきの腕を刺すことによって破局を迎え絶縁に至る。しかし、たまきは結核療養中の夢二を信州(長野県)まで見舞い、また夢二亡き後も終生彼を慕い続けたという。

彦乃[編集]

彦乃(1918年頃の撮影)
桜井八重子

1896年3月29日 - 1920年1月16日山梨県南巨摩郡西島村(現・身延町西島)生まれ、本名は笠井ヒコノ。別名に山路しの。

東京・日本橋の紙問屋の娘として裕福に育ち、女子美術学校の学生であった。夢二のファンであり、絵を習いたいと「港屋絵草子店」を訪問し、交際が始まる。 たまきと別れ京都に移り住んだ夢二としばらく同棲するが、大正7年(1918年)に九州旅行中の夢二を追う途中、別府温泉結核を発病。父の手によって東京に連れ戻され、夢二は本郷菊富士ホテルに移るが、面会を遮断される。東京・御茶ノ水順天堂医院に入院した彦乃は、そのまま短い人生を終える。

夢二は彦乃を最も愛していたようであり、その死後しばらくショックから立ち直れなかった。『彦乃日記』をのこす。彦乃との別離で心を痛めた夢二は、彦乃の面影を持つ帝劇女優の桜井八重子に恋文のような手紙を出し続け、八重子も菊富士ホテルを訪ねている[6]

お葉[編集]

お葉(1919年頃の撮影)

1904年3月11日 - 1980年10月24日秋田県出身、本名は永井カ子ヨ

上京後、東京美術学校モデルとして人気があった。藤島武二伊藤晴雨らのモデルを務めた後に、菊富士ホテルに逗留していた夢二のモデルとして通ううちに同棲。渋谷(現在の渋谷ビーム、同地に石碑あり)に所帯を持つ。大正13年(1924年)、夢二が設計した世田谷「少年山荘」に一緒に移り住んだ。一児をもうけるが夭折。翌14年にお葉は自殺を図り、半年後に別離する。後、医師と結婚し主婦として穏やかな生涯を過ごした。

『黒船屋』のモデル[編集]

夢二の代表的な絵画作品である『黒船屋』のモデルは、彦乃説、お葉説がある[7][8][9]。ただし、構図はヴァン・ドンゲンの『黒猫を抱ける女』を参考にしたといわれる[10]。同じモチーフによる木版画や本の装幀もある[11]

作品[編集]

絵画[編集]

  • 夢二画集 春の巻(洛陽堂 1909年)
  • 夢二画集 夏の巻(洛陽堂 1910年)
  • 小曲絵本『三味線草』(新潮社 1915年)
  • 露地の細道(春陽堂 1919年)
  • 黒船屋(1919年)
  • 長崎十二景(1920年)
  • 女十題(1921年)  

など

木版画[編集]

  • 秋のしらべ(1924年)
  • 花火(1924年)
  • 雪の風(1924年)

絵本・挿絵[編集]

  • 子供の国(洛陽堂 1910年)
  • 青い船(実業之日本社 1918年)
  • どんたく絵本(金子書店 1923年)
  • 童謡集『歌時計』(春陽堂 1919年)
  • 童謡集『凧』(研究社 1926年)
  • 童話集『くさのみ』(実業之日本社 1915年)
  • 童話集『春』(研究社 1926年)

小唄集・詩集[編集]

  • どんたく(実業之日本社 1913年)『宵待草』が含まれる。中公文庫で再刊。
  • 夢のふるさと
  • 青い小径
  • さよなら

夢二作品を所蔵する美術館など[編集]

ギャラリー[編集]

油彩画[編集]

日本画[編集]

水彩画[編集]

長崎十二景(1920年)[編集]

女十題(1921年)[編集]

ペン画・デッサン[編集]

絵葉書[編集]

関連書籍(伝記・評論・画集)[編集]

  • 山本一哉編『惜しみなき青春 竹久夢二の愛と革命と漂白の生涯』ノーベル書房、1969年
  • 坂口昌弘著『文人たちの俳句』本阿弥書店
  • 長田幹雄編『竹久夢二画集』講談社、1972年
  • 細野正信『竹久夢二(カラーブックス239)』保育社、1972年
  • 美術手帖編集部『特集・竹久夢二』美術出版社、1974年
  • 小倉忠夫編『竹久夢二(近代の美術23)』至文堂、1974年
  • 「特集・竹久夢二」『本の本(創刊号)』ボナンザ、1975年
  • 森本哲郎『夢二の小徑』講談社文庫、1976年
  • 別冊太陽編集部『竹久夢二(別冊太陽 日本のこころ20)』平凡社、1977年
  • 木村重圭解説『現代日本美人画全集8 竹久夢二』集英社、1978年
  • アサヒカメラ1978年12月増刊号『竹久夢二 その写真の世界』朝日新聞社、1978年
  • 栗田勇『竹久夢二写真館「女」』新潮社・とんぼの本、1983年
  • 岡崎まこと『竹久夢二正伝』求龍堂、1984年
  • 青江舜二郎『竹久夢二』中公文庫、1985年
  • 『夢二美術館』(全五巻)学研、1985年
  • 『竹久夢二』アサヒグラフ別冊 美術特集 日本編55、朝日新聞社、1988年
  • 矢沢寛編『宵待草 竹久夢二 歌の絵本(CD付き)』大月書店、1992年
  • 金森敦子『お葉というモデルがいた 夢二、晴雨、武二が描いた女』晶文社、1996年
  • 日本アートセンター編『竹久夢二(新潮日本美術文庫33)』新潮社、1996年
  • 鶴谷壽『夢二の見た亜米利加』新人物往来社、1997年
  • 石川桂子・谷口朋子編『竹久夢二 大正モダン・デザインブック』河出書房新社、2003年
  • 『竹久夢二 夢二郷土美術館コレクション選』夢二郷土美術館、2007年
  • 林えり子『竹久夢二と妻他万喜 愛せしこの身なれど』ウェッジ文庫、2008年
  • 野村桔梗『竹久夢二のすべて』駒草出版、2008年
  • 小川晶子『もっと知りたい竹久夢二 生涯と作品』東京美術、2009年8月
  • 竹久みなみ監修・大平直輝編『竹久夢二 「セノオ楽譜」表紙絵大全集』国書刊行会、2009年8月
  • 『近代図案コレクション 夢二のデザイン -和文具装幀-』芸艸堂、2009年9月
  • 石川桂子『竹久夢二《デザイン》モダンガールの宝箱』講談社、2012年4月
  • 劉檸『竹久夢二的世界』印刻出版(台湾)、2012年
  • 竹久夢二美術館監修『竹久夢二 大正ロマンの画家、知られざる素顔』河出書房新社、2014年1月
  • 別冊太陽『竹久夢二の世界 描いて、旅して、恋をして』平凡社、2014年8月
  • 朝日新聞社編『生誕百三十周年 竹久夢二展 ベル・エポックを生きた夢二とロートレック』朝日新聞社、2014年8月
  • 逸見久美『夢二と久允 二人の渡米とその明暗』風間書房、2016年4月

関連作品[編集]

映像・音楽[編集]

小説[編集]

漫画・劇画[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ File16 夢二の美人画NHK美の壺』(2018年1月6日閲覧)
  2. ^ 一例として神戸ファッション美術館「夢二ロマン 神戸憧憬と欧米への旅」(2017年)
  3. ^ 竹久夢二「投扇興」東京で初公開 新春の喜びをたおやかに産経新聞』朝刊2018年1月4日(2020年1月13日閲覧)
  4. ^ 夢二の「サーカス」初公開 漫画家・田河水泡の遺族寄贈 昭和初期に制作か日本経済新聞』朝刊2020年1月7日(社会面)掲載の共同通信配信記事。2020年1月13日閲覧。
  5. ^ 「夢二 夢のゆりかご/最初期の作品発見」毎日新聞』夕刊2018年5月11日(2018年5月20日閲覧)。
  6. ^ 竹久夢二「四つの恋のものがたり」その十「美貌の帝劇女優に謎の手紙」中右瑛、『月刊 神戸っ子』2000年3月号
  7. ^ 『新装版 夢二美術館 第1巻 宵待草のうた』(小学館、1988年2月) p.125、
  8. ^ 「お葉をモデルにしながらも彦乃の姿がうつされている」、コロナ・ブックス編「竹久夢二」『作家の猫』(平凡社コロナ・ブックス、2006年6月)
  9. ^ 「黒猫を抱く蠱惑的な女性の顔は永遠の恋人彦乃であろう」、近藤富枝「竹久夢二」『きもの名人』(河出書房新社、2012年3月)
  10. ^ 『別冊太陽221 竹久夢二の世界』(平凡社、2014年)p.58
  11. ^ 『別冊太陽20 竹久夢二』(平凡社、1977年9月)pp.64-65、

関連項目[編集]

外部リンク[編集]