鹿鳴館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鹿鳴館
Rokumeikan.jpg
情報
完成 1883年7月7日
閉館 1940年
収容人員 2,000人
客席数 1階(食堂・談話室・書籍室)2階(舞踏室)
設備 バービリヤード
用途 外交舞踏会
運営 宮内省・宗秩寮・内匠寮(明治23年 - )
所在地

東京府麹町区山下町薩摩藩邸跡地

(現・東京都千代田区内幸町1-1[1])
位置 北緯35度40分19秒 東経139度45分27秒 / 北緯35.67194度 東経139.75750度 / 35.67194; 139.75750座標: 北緯35度40分19秒 東経139度45分27秒 / 北緯35.67194度 東経139.75750度 / 35.67194; 139.75750

鹿鳴館(ろくめいかん)とは、明治政府が作った日本人と外国人が交歓するための社交場のこと[2]

概説[編集]

鹿鳴館とは、明治政府が国賓や外国の外交官接待する目的で建てた社交場である。

外務卿井上馨によって提唱された施設で[3]、建設地は薩摩藩上屋敷の跡地、東京府麹町区内山下町(現在の日比谷公園付近)であり[3]、イギリス人コンドルが設計した洋風二階建ての建物(いわゆる"洋館")が1883年(明治16年)に完成した[3]。「鹿鳴館」という呼称の「鹿鳴」は『詩経』小雅にある「鹿鳴の詩」に由来し、来客をもてなすことを表す語で[4]中井櫻洲が名付けた。

もともと、日本の風俗習慣を欧化することによって、欧米諸国との条約改正を果たすということが建設の目的のひとつであった[3]。ゆえに、鹿鳴館には明治政府の要人や日本の華族や外国大使などが集い、夜会(晩餐会つまりディナー・パーティーや舞踏会)が行われた[2]。当時の首相の伊藤博文や明治政府高官などが、その夫人や娘("令嬢")を伴って訪れ、外国人を招待し、華やかな夕食会や舞踏会がしばしば開催されたのである[3]。鹿鳴館を活用した外交政策を「鹿鳴館外交」と呼ぶ。

しかし、欧化が行き過ぎているなどと当時の日本人の中に批判する者がいたことや、1887年に井上が外務卿を辞任したこと、条約改正案が結局中止になったことなどによって、欧化政策への熱意も低下し、建物は89年に払い下げになり、華族会館となった[2]。そして1940年昭和15年)に取り壊された。

後の時代になって、欧化主義が広まった明治10年代後半を「鹿鳴館時代」と呼ぶようなことも行われており、しばしば当時の欧化政策象徴する存在としてとらえられている。

経緯[編集]

鹿鳴館全容モデル。(江戸東京博物館
計画

計画を推進したのは外務卿(内閣制度以降は外務大臣井上馨である。当時の日本の外交上の課題は、不平等条約改正交渉、特に 日本にいる外国人が得ている治外法権の撤廃であったが、日本に住む外国人の多くは数年前まで日本で行われていた磔刑打ち首などの(当時の欧米では見られないような)前近代的で野蛮な行為が日本人によって行われていたことを実際に目撃しており、当然のことながら 諸外国の政府は自国民が前近代的で残酷な刑罰に処せられることを防ぐため[5]治外法権の撤廃には反対していた。

そのため井上は、日本の欧化政策を推進し、かつ日本が文明国に変わりつつあることを広く諸外国に示す必要があると考え、そのために欧米風の社交施設を建設して外国使節を接待することを考えたのである[6]

また、それまで日本には国賓の迎賓館として準備された建物はなく、1870年明治3年)、急遽改修した浜離宮延遼館かあるいは港区三田蜂須賀侯爵邸などを借用していた、という事情もあった。

用地選定・設計・着工・落成

鹿鳴館の建設地は内山下町の旧薩摩藩装束屋敷跡(現在の千代田区内幸町、現帝国ホテル隣のNBF日比谷ビル(旧 大和生命ビル)の地)に決まり、設計お雇い外国人ジョサイア・コンドルで、1880年(明治13年)に着工。施工は土木用達組(大倉喜八郎と堀川利尚との共同出資で設立した組織。[7])が担当。途中で規模の変更(拡大)があり、3年がかりで1883年(明治16年)7月に落成。完成した建物は煉瓦造2階建てで、1階に大食堂、談話室、書籍室など、2階が舞踏室で3室開け放つと100ほどの広間になった。バービリヤードも設備された。

鹿鳴館時代[編集]

鹿鳴館黒門(1940年頃)
鹿鳴館における舞踏会を描いた浮世絵

同館落成の1883年(明治16年)より1887年(明治20年)までの時期がいわゆる「鹿鳴館時代」である。1883年11月28日、1200名を招待して落成の祝宴が行われた。祝宴当日は井上馨の誕生日だった。以後鹿鳴館では国賓の接待や舞踏会ばかりでなく、天長節(11月3日明治天皇誕生日)の祝賀会行事をはじめ数々の国内行事も行われるようになり、皇族や上流婦人の慈善バザーも重要な催しであった。

ただし、当時の日本にあっては、政府高官やその夫人でもその大部分は西欧式舞踏会におけるマナーやエチケット、table mannersなどを知るすべもなく、その料理の食べ方、服の着方、舞踏の仕方などは、西欧人の目からは様にならないものだった[8]。本人たちは真剣勝負だったが、試行するも錯誤ばかりが目立った[9]。(西欧諸国の外交官は、外交上の配慮から我慢して、連夜の舞踏会を楽しんでいるかのように演じてはいたが、日記や外国人どうしの手紙などでは、こうした日本人の滑稽さを嘲笑していた。)また、ダンスを踊れる日本人女性が少なかったため、ダンスの訓練を受けた芸妓が舞踏会の「員数」として動員されていたことがジョルジュ・ビゴーの風刺画に描かれ[10]、さらに高等女学校の生徒も動員されていた[11]というような有様であった。

一方、欧化政策を批判する国粋主義者は鹿鳴館での行事を「嬌奢を競い淫逸にいたる退廃的行事」などとして非難の声を挙げるようになっていた。井上の鹿鳴館外交への風当たりは次第に厳しいものとなり、さらに条約改正案の内容(外国人判事の任用など)が世間に知られると、大反対が起こった。面目を失した井上は1887年9月に外務大臣を辞任し、井上の辞任とともに鹿鳴館時代は幕を下ろすことになった(ただし、鹿鳴館ではその後も数年間にわたって天長節夜会が開催された)。

総理官邸の仮装舞踏会[編集]

「鹿鳴館時代」の最も華麗な舞踏会のひとつとして知られるのは、1887年4月20日の仮装舞踏会「ファンシー・ボール」である。この舞踏会は実は鹿鳴館ではなく総理官邸で行われたもので、しかも外交とは直接関係のない催しだった。伊藤博文総理・梅子夫人の主催ということで開かれたこの舞踏会は、実際には時のイギリス公使夫妻が主催したもので、伊藤は好意で官邸を会場に貸し出したにすぎなかった。しかし当時の国粋主義者たちは、このことを知るや「亡国の兆し」と口を極めて罵った。アメリカへの渡航歴があり、外務大丞をつとめたこともある勝海舟でさえ、これを契機に憂国の感を深め、これを21か条の時弊を挙げた建白書にしたためて政府に意見した。

その後[編集]

払い下げ

1890年(明治23年)、宮内省に払い下げられ、華族会館が一部を使用。1894年(明治27年)6月20日の明治東京地震で被災した後、土地・建物が華族会館に払い下げられた。1898年にコンドルが改修工事を行い、外観が変更された。

1927年昭和2年)、華族会館の敷地が日本徴兵保険会社[12]に売却された。敷地に1930年に保険会社のビル(3階建)が新築されたが、旧鹿鳴館の建物は残されていた(内国貯金銀行も建物を使用した)。

取り壊し

旧鹿鳴館が取り壊されたのは1940年(昭和15年)である。取り壊し計画の話が広まった時、これを惜しんだ早大教授で商工省参与官の喜多壮一郎が、幣原喜重郎商相に保存を提議し、9日に院内大臣室で岸信介次官、山本会計局長と協議。結局、取り壊し計画を止めることができなかったため、跡地に幣原のポケットマネーで「史蹟鹿鳴館跡」の記念碑を建てることを約束させたという[13]。しかしこの約束も守られず、現在鹿鳴館の跡には千代田区によって黒い大理石で「鹿鳴館跡」という碑が建てられているだけである。 1940年3月9日の東京日日新聞は以下のように報じた。「日本徴兵保険会社では最近のビル飢饉時代に建物に比較して広大な敷地を遊ばしておくのは土一升、金一升の場所から惜しいところでもあり、不経済であるとの理由で建物の取毀しを決定したともいはれ、取毀した敷地後にはバラツク仮建築を建築して商工省分室として貸室することに内定、数日前から工事に着手した」。

大半の遺物の消失、当時の政府の文化財保護意識の欠落

取り壊しの際に取外された階段と壁紙は、東京大学工学部建築学科に保存されている。また取り壊し時に売却されたシャンデリア江戸川区の燈明寺(平井聖天)に残っている[14]。 建築家谷口吉郎は、鹿鳴館の滅失について、11月8日東京日日新聞に「明治の哀惜」というタイトルで記事を寄せた。「明治に生れた人達が、自分の所持品を持ちよつて、それを小博物館にすることは出来なかつたらうか。それこそいい明治の記念物となったらうに。明治時代の人から、次の時代に贈るほんとにいい贈物になつたことと思ふ」「新体制が活発な革新意識に燃えるものであるなら、それと反対に古い文化財に対しては極度に保守的であつて欲しいと思ふ」。谷口は後に博物館明治村の開設に尽力し、初代館長となった。 [15]

鹿鳴館の正門として使用された旧薩摩藩装束屋敷跡の通称「黒門」は旧国宝に指定されていたが、1945年(昭和20年)の空襲で焼失した。千代田区内幸町の跡地には「鹿鳴館跡」のプレートが設置されている[1]

現在、跡地にはNBF日比谷ビル(旧大和生命ビル)が立っている[16]

参考文献[編集]

  • 鳥海基樹「我国戦前における近代建築保存概念の変遷に関する基礎的研究」(東京大学大学院都市工学専攻 1994年平成6年)度修士論文)
  • 諸橋轍次「詩経」『中国古典名言事典 第18刷』講談社、1993年

東京倶楽部[編集]

1884年(明治17年)、鹿鳴館に外国人との融和交際の為に会員制の「東京倶楽部」が設けられた。そこでは英語の使用に限られ日本語は勿論、他の外国語の使用は禁止された。

鹿鳴館の廃止により(鹿鳴館と同じ)コンドル設計の建物が建てられ、移転した。現在は霞が関ビル隣に東京倶楽部ビルがある。

ダンスの日[編集]

日本ボールルームダンス連盟により鹿鳴館の開館日にあたる11月29日はダンスの日に制定されている[17]

鹿鳴館を題材とした作品[編集]

小説
戯曲
テレビドラマ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 千代田区観光協会
  2. ^ a b c 広辞苑第六版【鹿鳴館】
  3. ^ a b c d e ブリタニカ百科事典【鹿鳴館】
  4. ^ 諸橋(1993)172頁。「呦呦鹿鳴 食野之苹」(ゆうゆうとして鹿の鳴くあり、野のよもぎを食らう)。天子が臣下や客を招いてごちそうする場合の詩である。
  5. ^ 注 - しっかりと人権思想が根付いている国では、政府というのは自国民を保護する義務がある、と憲法などに明記されている。したがって、まともな外交官であれば、当然、野蛮な国での「治外法権撤廃」は受け入れがたい、と判断したわけである。
  6. ^ 注 - 当時の日本では、実際のところ、欧米のような人権思想はほとんど根付いていなかった。打ち首も実際に行われていたわけで、実際のところ、前近代的で、かなり野蛮であったのである。さらに悪いことには、(江戸時代末期や明治初期の普通の日本人を撮影された写真が数多く残されているが)、(一部の高貴な人はともかくとして)当時の巷にいるごく"普通"の日本人、外国人大使たちが日本で日常的に観察できる日本人は、背がひどく低くて、ひどく色黒で、出っ歯の人が多く、しばしば顔も野良作業などで薄汚れていて、髪型も(外国人から見れば珍妙な)「髷」を結っていたり、着用している服も(外国人から見ればかなり違和感のある)和風の着物で、しかも大抵は薄汚れたり、破れているものや「つぎあて」をほどこした服(現代風にいえば「ボロ」)を着用している人が多かった。日本は実際上そのような状態であったので、(現代日本人が、もし当時の日本人のありのままを見ることができて、冷静に判断すれば、とても自分と対等とは思えず、身を預けても安全だとは到底思えないような存在であるわけなので)、当時、欧米の大使たちが、内心、日本人のことを「ほぼ野蛮人」と感じるのもある意味当然で(それを知れば日本人のプライドは傷つくが、事実なので、しかたのない問題で)、外国の外交官が、自国民の安全の主導権を手放して良いと判断するわけがなかったのである。井上は、アメリカ、イギリス、ドイツ、フランスなどに滞在した経験があり、日本と先進諸国の比較や、先進国からの目線で見れば、日本が野蛮な状態であると見なされることが、当然、理解できた。したがって、日本のために、明治政府要人の欧化推進や、欧化した姿で外国要人と接する場を作ることで、実態も改善しイメージも改善することに着手せざるを得ない、と判断するわけである。
  7. ^ なお、大倉喜八郎が創立した大倉組商会の建設部門は大成建設株式会社の源流である。
  8. ^ 欧米への留学や在外公館での勤務・在住経験のある日本人(井上馨夫妻や鍋島直大榮子夫妻、大山捨松など)はそうした流儀を身につけていたが、そうした人はごく一部にとどまった。
  9. ^ 基本を理解できてなかった日本人がフィンガーボールの水を飲料水と勘違いして飲んだり、服装がしわくちゃでとてもみっともない格好になっていたり、コルセットをギリギリまできつくしめるなど明らかに常識外れの行動をとっていた
  10. ^ 清水勲『ビゴーが見た日本人』講談社学術文庫、2001年、p114-115。風刺雑誌『トバエ』に掲載されたもの。
  11. ^ 近藤富枝『鹿鳴館貴婦人考』講談社、1980年(講談社文庫、1983年)
  12. ^ 日本徴兵保険会社はその後、大和生命保険を経て、2011年現在はプルデンシャル ジブラルタ ファイナンシャル生命保険となる。
  13. ^ 1940年3月10日、東京日日新聞に「鹿鳴館一部保存 生きた明治史の記念」という見出しで掲載された記事にいきさつが記述されている。
  14. ^ 東京歴史遺産~明治・文明開化の面影めぐり~「鹿鳴館~やがて哀しき夢の跡~
  15. ^ また、鹿鳴館の取壊しに立会ったひとりに菊地重郎(博物館明治村の運営に参画した人物)がおり、取り壊しについて以下のように回想した。「私が塀越しでなく、中に入って最後の姿を見ることができたのは取壊し直前のガランとした昭和15年の荒廃した最後の姿だった。もちろん私は若かったし、ただの傍観者にすぎなかった。そうはいっても最後の姿を自分の目で建築家として見届けえた幸いを感謝せずにはいられない」(「饒舌・鹿鳴館について」『都市住宅』83号p.40)。
  16. ^ 日本プロファイル研究所 http://timetide.way-nifty.com/jprofile/2013/10/post-00da.html
  17. ^ “700人、ステップ軽やか 「ダンスの日」前に、札幌でイベント”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2014年11月25日). http://www.hokkaido-np.co.jp/news/sapporo/576427.html 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]