東京都江戸東京博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
江戸東京博物館から転送)
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 江戸東京博物館
Edo-Tokyo Museum
Edo-Tokyo Museum.jpg
内装
東京都江戸東京博物館の位置(東京都区部内)
東京都江戸東京博物館
東京都区部内の位置
施設情報
正式名称 東京都江戸東京博物館[1]
専門分野 江戸東京の歴史と文化
事業主体 東京都
管理運営 公益財団法人東京都歴史文化財団
建物設計 菊竹清訓
開館 1993年3月28日
所在地 130-0015
東京都墨田区横網一丁目4番1号
位置 北緯35度41分47.7秒 東経139度47分44.6秒 / 北緯35.696583度 東経139.795722度 / 35.696583; 139.795722座標: 北緯35度41分47.7秒 東経139度47分44.6秒 / 北緯35.696583度 東経139.795722度 / 35.696583; 139.795722
外部リンク 江戸東京博物館
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

東京都江戸東京博物館(とうきょうとえどとうきょうはくぶつかん)は、東京都墨田区横網1-4-1にある東京都立の博物館指定管理者制度により、公益財団法人東京都歴史文化財団が運営する。2022年4月1日より、施設老朽化に伴う改修工事の為2025年まで休館。

概要[編集]

JR両国駅から徒歩3分、国技館の隣に位置する。分館として、小金井市小金井公園内に江戸東京たてもの園がある。江戸東京の歴史・文化に関わる資料を収集、保存、展示することを目的に、「江戸と東京の歴史や文化を伝える博物館」として平成5年(1993年3月28日に開館した。

建物の設計は菊竹清訓で、地上7階、地下1階の鉄骨造構造。地上部分の高さは約62mで、江戸城天守閣とほぼ同じである。隣接する国技館との調和を考え、高床式のユニークな構造の建物になっているが、東京下町の景観を損ねているとの批判もある[2]

1階に企画展示室、3階(屋外)に「江戸東京ひろば」、5階と6階に常設展示室があり、常設展示のほか、年に4、5回の企画展示や催し物などが開催されている。吹き抜け構造の5・6階に設けられた常設展示室は江戸ゾーンと東京ゾーンに分かれる。江戸ゾーンには絵図、浮世絵などの資料や、日本橋(縮尺1/1)や中村座(縮尺1/1)の模型、長屋の大型模型、可動模型、持上げ可能な千両箱などの展示物が設置されており、庶民の日常生活、火消し、食生活、文化など、城下町としての江戸に関する展示が行われている。東京ゾーンでは明治維新文明開化関東大震災東京大空襲などの展示がある。定期的に『江戸東京博物館NEWS』を発行している。

江戸時代城下町のジオラマ

図書室(7階)、映像ホール(1階)や映像ライブラリー(7階)などの学習施設なども設置されている。

これまでの特別展では、江戸や東京の文化をテーマとした企画展を中心としながらも、考古学から手塚治虫2009年)や水木しげる2004年)などの漫画家、フランスロシアなど海外の美術品に関する展示まで、幅広く行っている。

年譜[編集]

  • 1980年(昭和55年)12月1日 - 生活文化局コミュニティ文化部振興計画室が発足
  • 1980年(昭和55年)12月3日 - マイタウン構想懇談会が「マイタウン構想懇談会報告書」を知事に提出
  • 1981年(昭和56年)8月14日 - 東京都江戸東京博物館建設懇談会を設置
  • 1982年(昭和57年)6月14日 - 資料の受贈を開始
  • 1982年(昭和57年)11月30日 - 第7回東京都江戸東京博物館建設懇談会を開催し、「東京都江戸東京博物館建設懇談会報告書」を知事に提出
  • 1983年(昭和58年)2月16日 - 東京都江戸東京博物館建設委員会および同専門部会(5部会)を設置
  • 1983年(昭和58年)4月1日 - 資料の購入を開始
  • 1983年(昭和58年)6月1日 - 江戸東京博物館建設準備室を設置
  • 1983年(昭和58年)12月13日 - 東京都江戸東京博物館資料収集委員会を設置
  • 1984年(昭和59年)2月23日 - 東京都江戸東京博物館資料評価員会を設置
  • 1985年(昭和60年)5月28日 - 東京都江戸東京博物館建設委員会設置要綱を改正し、企画小委員会を設置
  • 1985年(昭和60年)7月19日~7月28日 - 東京都江戸東京博物館建設委員会企画小委員会が海外博物館を視察
  • 1985年(昭和60年)10月24日 - 日本国有鉄道に対し建設予定地として両国駅前(北側)の国鉄用地の譲渡を要請
  • 1986年(昭和61年)7月30日 - 第6回東京都江戸東京博物館建設委員会を開催し、「東京都江戸東京博物館建設委員会報告書」を知事に提出
  • 1986年(昭和61年)8月16日 - 「東京都江戸東京博物館建設委員会報告書」を東京都江戸東京博物館建設基本構想とすることに決定
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - (財)東京都文化振興会へ資料収集関係業務を委託 (財)東京都文化振興会麻布分室を設置
  • 1987年(昭和62年)9月1日 - 東京都設計候補者選定委員会が江戸東京博物館設計候補者として㈱菊竹清訓建築設計事務所を選定
  • 1987年(昭和62年)10月26日 - 東京都江戸東京博物館建設推進委員会を設置
  • 1988年(昭和63年)3月31日 - 日本国有鉄道清算事業団との間で両国駅前の旧国鉄用地(建設予定地)の買収契約締結 第4回東京都江戸東京博物館建設推進委員会を開催し、「江戸東京博物館建設基本計画報告書」を知事に提出
  • 1988年(昭和63年)4月1日 - (財)東京都文化振興会麻布分室が(財)東京都文化振興会江戸東京博物館資料収集室に組織変更
  • 1988年(昭和63年)6月3日 - 東京都江戸東京博物館野外収蔵委員会を設置
  • 1988年(昭和63年)12月21日 - (財)東京都文化振興会江戸東京博物館資料収集室が両国へ移転
  • 1993年(平成5年)3月28日 - 開館
  • 2022年(令和4年)4月 - 施設老朽化による大規模改修工事のため、同月から2025年(令和7年)まで休館予定[3]

歴代館長[編集]

文化財[編集]

所蔵品のうち、以下のものが国の重要文化財に指定されている。

  • 萌葱地(もえぎじ)葵紋付小紋染胴服(附:今村家覚書 1巻)今村家伝来
  • 蔓梅擬目白蒔絵軸盆(つるうめもどきめじろまきえ じくぼん、原羊遊斎作、酒井抱一下絵)[5]
  • 阿蘭陀風説書 寛政9年
  • 旧江戸城写真ガラス原板 29枚
  • 壬申検査関係ステレオ写真ガラス原板 257点

利用情報[編集]

2010年5月16日現在の同館公式サイトによる。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 東京都江戸東京博物館条例
  2. ^ 講談社『犬と鬼』p231 アレックス・カーの批評ほか
  3. ^ 東京都江戸東京博物館 大規模改修に伴う全館休館のお知らせ”. 2022年1月29日閲覧。
  4. ^ 館長挨拶”. 江戸東京博物館. 2017年11月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月26日閲覧。
  5. ^ 平成30年10月31日文部科学省告示第208号

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 江戸東京博物館
  • 江戸東京博物館 - artscape
  • 東京都江戸東京博物館 - インターネットミュージアム
  • ギボちゃん(江戸東京博物館) (@edohakugibochan) - Twitter
  • EDO-TOKYO-Museum (@1240715509394178) - Facebook
  • EDO TOKYO Museum (@edotokyomuseum) - Instagram
  • Edo-Tokyo Museum - YouTubeチャンネル
  • "江戸東京博物館". TripAdvisor. 2020年7月26日閲覧