演劇改良運動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

演劇改良運動(えんげきかいりょううんどう)とは、明治時代に歌舞伎を近代社会にふさわしい内容のものに改めようとして提唱された運動。1886年に結成された演劇改良会が運動の中心になった。運動自体は成功したとは言い難いが、天皇の観劇を実現させたほか、運動に刺激を受けて歌舞伎座が開場するなど、歌舞伎の新時代を画した。

背景[編集]

明治時代に入って文明開化の世となり、西洋の演劇に関する情報も知られるようになると、歌舞伎の荒唐無稽な筋立てや、興行の前近代的な慣習などを批判する声が上がった。

1872年(明治5年)歌舞伎関係者が東京府庁に呼ばれ、貴人や外国人が見るにふさわしい道徳的な筋書きにすること、作り話(狂言綺語)をやめることなどを申し渡された。

團十郎と運動[編集]

 歌舞伎の改良を志した九代目市川團十郎は仲間を集め、1883(明治16)年に求古会を結成、翌年の4月、新富座の「二代源氏誉身換」を皮切りに、正確な 時代考証を目指した史劇を上演した。 1878年(明治11年)には新富座が洋風建築で再建され、華々しく開場式が行われた。ガス灯が灯され、軍楽隊が演奏する中、座元の十二代目守田勘彌、九代目團十郎をはじめとする歌舞伎役者は燕尾服で式に臨んだ。 そんな中、歌舞伎の荒唐無稽さを排して西洋にも通用する新しい演劇を目指す意見が各界で生まれ、主流となる。

運動の発展と終焉[編集]

鹿鳴館時代の1886(明治19年) 、第1次伊藤内閣の意向もあって、末松謙澄渋沢栄一外山正一をはじめ、政治家、経済人、文学者らが演劇改良会を結成。文明国の上流階級が見るにふさわしい演劇を主張し、女形の廃止(女優を出演させる)、花道の廃止、劇場の改良、芝居茶屋との関係見直しなどを提言し、以下のような目標を発表する。

一・従来演劇の陋習を改良し、好演劇を実際にださしむること。

二・演劇脚本の著作をして、栄誉ある業たらしむること。

三・構造完全にして、演劇その他音楽会、歌唱会の用に供すべき一演技場を構造すること。

翌年には、当時外務大臣だった井上馨の邸宅に設けた仮設舞台で明治天皇による天覧歌舞伎を実現させ、團十郎、菊五郎左團次をはじめとする当時の看板役者が一堂に会し『勧進帳』などをつとめる。これによって、歌舞伎の社会的地位は大いに上った。

このような追い風を受け、1887(明治20)年1月、演劇改良会は法人の創設を目指すことを決めた。福地桜痴が定款を書き、渋沢、益田孝岩崎弥太郎大倉喜八郎ら財界人が賛同した。この時に、二十万円の建築費を充てて約六百坪の敷地に二千人収容の大劇場を建築するという壮大な案が示された。一方では外部からの作品提供をめざして、川尻宝岑依田学海合作の脚本「吉野拾遺名歌誉」の上演をそれぞれ企画したが、いずれも実現に至らず、肝心の團十郎の新史劇が難解すぎて観客の支持を得ず、仮名垣魯文に「活歴物」と揶揄されたり、さらに末松が天覧歌舞伎の「勧進帳」上演に際し、長唄の文言を改正しようとして、同志の福地に新聞紙上で批判される事件が起こるなど、内部でもまとまりを欠く有様であった。さらに座元の反対や、後援者たる井上の失脚も災いして運動は中途半端のままに終わった。

運動の影響[編集]

会の主張は急進的であり、受け入れられない面もあったが、改良会員だった福地桜痴は、1889年には東挽町に歌舞伎座を開場させ、座付作者として團十郎と近松などの作品を改作して劇の改良を続ける。この動きは、川上音二郎新派の発生と川上の妻川上貞奴を嚆矢とする女優の台頭、1904(明治37)年の坪内逍遥作「桐一葉」の初演や松居松葉森鷗外ら外部の脚本の採用、1909(明治42)年の二代目左團次と小山内薫による自由劇場の旗揚げ、さらには1911(明治44)年の帝国劇場開場へとつながり、後世の歌舞伎の近代化の重要な一石となった。

勘弥は一連の活動について「いくら偉い人が集まっても、所詮は素人が汁粉屋を始めたようなもの」として否定的な意見を述べるも、「仮に今は失敗しても、何年かは会の趣旨が立に役立つ時が来るだろうから、決して無駄ではないさ。」とその将来の影響を予言している。

その他[編集]

2007年国際文化会館で行われた「松竹大歌舞伎」を天皇が鑑賞した。国際文化会館は井上邸跡地であり、井上邸での天覧歌舞伎から120年目にあたることから催されたものであった。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 倉田喜弘『芝居小屋と寄席の近代』(岩波書店,2006年)
  • 中川右介『歌舞伎座物語』(PHP研究所 2010年)