演劇改良運動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

演劇改良運動(えんげきかいりょううんどう)は、明治時代に歌舞伎を近代社会にふさわしい内容のものに改めようとして提唱された運動。1886年に結成された演劇改良会が運動の中心になった。運動自体は成功したとは言い難いが、天皇の観劇を実現させたほか、運動に刺激を受けて歌舞伎座が開場するなど、歌舞伎の新時代を画した。

背景[編集]

明治時代に入って文明開化の世となり、西洋の演劇に関する情報も知られるようになると、歌舞伎の荒唐無稽な筋立て[1]や、興行の前近代的な慣習などを批判する声が上がった。

1872年(明治5年)歌舞伎関係者が東京府庁に呼ばれ、貴人や外国人が見るにふさわしい道徳的な筋書きにすること、作り話(狂言綺語)をやめることなどを申し渡された。

1878年4月28日、伊藤博文・依田学海は、内務大書記官松田道之邸で、守田勘弥・市川團十郎・尾上菊五郎らに演劇改良の必要を説いた[2]

團十郎と運動[編集]

歌舞伎の改良を志した九代目市川團十郎は仲間を集め、1883年(明治16年)に求古会を結成、翌年4月、新富座の「二代源氏誉身換」を皮切りに、正確な時代考証を目指した史劇を上演した。1878年(明治11年)には新富座が洋風建築で再建され、華々しく開場式が行われた。ガス灯が灯され、軍楽隊が演奏する中、座元の十二代目守田勘彌、九代目團十郎をはじめとする歌舞伎役者は燕尾服で式に臨んだ。そんな中、歌舞伎の荒唐無稽さを排して西洋にも通用する新しい演劇を目指す意見が各界で生まれ、主流となる。

運動の発展と終焉[編集]

鹿鳴館時代の1886年(明治19年)8月、第1次伊藤内閣の意向もあって、末松謙澄渋沢栄一外山正一をはじめ、政治家、経済人、文学者らが演劇改良会を結成、8月6日付『歌舞伎新報』に「演劇改良趣意書」を載せる。文明国の上流階級が見るにふさわしい演劇を主張し、女形の廃止(女優を出演させる)、花道の廃止、劇場の改良、芝居茶屋との関係見直しなどを提言し、以下のような目標を発表する。

  • 一・従来演劇の陋習を改良し、好演劇を実際にださしむること。
  • 二・演劇脚本の著作をして、栄誉ある業たらしむること。
  • 三・構造完全にして、演劇その他音楽会、歌唱会の用に供すべき一演技場を構造すること。

翌年には、当時外務大臣だった井上馨の邸宅に設けた仮設舞台で明治天皇による天覧歌舞伎を実現させ、團十郎、菊五郎左團次をはじめとする当時の看板役者が一堂に会し『勧進帳』などをつとめる。これによって、歌舞伎の社会的地位は大いに上った。

このような追い風を受け、1887年(明治20年)1月、演劇改良会は法人の創設を目指すことを決めた。福地桜痴が定款を書き、渋沢、益田孝岩崎弥太郎大倉喜八郎ら財界人が賛同した。この時に、20万円の建築費を充てて約600坪の敷地に2千人収容の大劇場を建築するという壮大な案が示された。一方では外部からの作品提供をめざして、歌舞伎役者の川尻宝岑、漢学者の依田学海合作の脚本「吉野拾遺名歌誉」の上演を企画し、名士が集まって批評会まで開いたが[3]、いずれも実現に至らず、肝心の團十郎の新史劇が難解すぎて観客の支持を得ず、仮名垣魯文に「活歴物」と揶揄されたり、さらに末松が天覧歌舞伎の「勧進帳」上演に際し、長唄の文言を改正しようとして、同志の福地に新聞紙上で批判される事件が起こるなど、内部でもまとまりを欠く有様であった。さらに座元の反対や、後援者たる井上の失脚も災いして、運動は中途半端のままに終わった。演劇改良会は1888年に消滅した[4]

1886年9月、外山正一が『演劇改良私論』を刊行。10月3日、末松謙澄が文学会例会で演劇改良論を説き、11月に『演劇改良意見』を刊行。10月16日、演劇改良会員が築地大椿楼に集まり、依田学海・川尻宝岑「吉野拾遺名歌誉」を朗読、10月19日、浜町の常磐で協議し、改良劇場案が成る。11月、守川丑之助『演劇改良論駁議』刊行。1887年10月、大阪浪花座で『千種龝嵯峨月影』を上演(仲国に中村宗十郎。演劇改良会社の第1回興行)。

運動の影響[編集]

会の主張は急進的であり、受け入れられない面もあったが、改良会員だった福地桜痴は、1889年(明治22年)には東挽町に歌舞伎座を開場させ、座付作者として團十郎と近松などの作品を改作して劇の改良を続ける。また、1884年(明治17年)に『自由太刀余波鋭鋒』を発表し[5]シェイクスピア戯曲翻訳者として知られていた坪内逍遥は、演劇改良会と前後する頃、團十郎との初対面において以下のようなやり取りを交わしている[6]

──明治二十何年頃であつたか、私が彼れに對つて「無言の思入れで深い思想や感情を暗示するも面白いが、時にまたハムレットの獨白のやうに胸臆を有りのまゝに語るのも面白い」といふ意味の事をいふと、彼れは例の寡默に「成る程成る程」とばかり言つて聽いてゐたが、最後に「併し白で言つてしまひましたら、藝をする餘地がなくなりは致しませんか?」とだけ言つた。彼れは餘䪨と含蓄とを重んじたのである。今で謂ふとロダン式なのである。其時、私は──其頃は所謂活歴の妙な寫實主義に反對して近松沙翁式とでもいふべき一種のロマンチシズムを主張してゐた時であつたから──「それは白の内容次第である。喜怒哀樂の發作や形容をわざわざ自分で説明するやうな白、例へば「予は身の毛がよだつ!」とか「おれの齒がみをしてゐるのが見えぬか?」などいふ白は、あんまり不自然で、殊に日本人のいはぬことで、聞苦しいでもあらうが、ハムレットのやうな怖しく葛藤つた胸を惱みを言ひあらはす白は、言ひかたによつては非常に趣味も深く、感動も強からうと思ふ。實際は口へ出して言はぬ事を獨白で言はせ、そして自然らしく見せる所に演劇の本領がある。劇は必ずしも寫實を要しない。尤も、只素讀をするやうに一本調子で言つてしまへば、何の含蓄もなからうが、一語々々の深い意味を十分に味はせるやうに、且つ如何にも自然らしく言ひ廻すことが出來たなら、そこにこそ眞に微妙な演技があるので、その複雑な、精緻な味ひは迚も思入れだけでは現せるものではあるまい。外國でエロキューションに重きを置くのは是れが爲である。(中略)其頃の私は純粹の沙翁劇心醉者であつた。彼れは「成る程」と只一語、満足らしい顔をして默つてしまつた。 — 坪内逍遥「九世市川團十郞、五世菊五郞(大正元年九月)」[7]

演劇の改良機運はその後も、川上音二郎新派の発生と川上の妻川上貞奴を嚆矢とする女優の台頭、1904年(明治37年)の坪内作『桐一葉』の初演や松居松葉森鷗外ら外部の脚本の採用、1909年(明治42年)の二代目左團次と小山内薫による自由劇場の旗揚げ、さらには1911年(明治44年)の帝国劇場開場へとつながり、後世の歌舞伎の近代化の重要な一石となった。

勘弥は一連の活動について「いくら偉い人が集まっても、所詮は素人が汁粉屋を始めたようなもの」として否定的な意見を述べるも、「仮に今は失敗しても、何年かは会の趣旨が立に役立つ時が来るだろうから、決して無駄ではないさ。」とその将来の影響を予言している。

その他[編集]

2007年国際文化会館で行われた「松竹大歌舞伎」を天皇が鑑賞した。国際文化会館は井上邸跡地であり、井上邸での天覧歌舞伎から120年目にあたることから催されたものであった。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 実在の人物や事件を題材にすることは幕府批判へ繋がるとして検閲の対象だったことから、歌舞伎では題材となった事件が発生した時代や関わった人物の名を変えていた。
  2. ^ 明治演劇史.
  3. ^ 改良脚本の批評会『新聞集成明治編年史』6巻、林泉社、1936-1940
  4. ^ 演劇改良会(読み)えんげきかいりょうかいコトバンク
  5. ^ 自由太刀余波鋭鋒 : 該撒奇談 - 国立国会図書館デジタルコレクション” (日本語). dl.ndl.go.jp. 2022年5月3日閲覧。
  6. ^ 神山彰「「芸談」を読み解く」『文芸研究』第123巻、明治大学文学部文芸研究会、2014年、 103-114頁、 ISSN 0389-58822022年10月30日閲覧。
  7. ^ 坪内逍遥, 逍遥協会 『逍遙選集. 第12巻』(復刻)第一書房、1977年、397-404頁。 NCID BN01432061https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1174903  リンク先は1927年刊の底本

参考文献[編集]

関連文献[編集]

関連項目[編集]